この記事では、おすすめの野球グローブについて解説いたします。

野球グローブの購入を検討して、スポーツショップへ行くと様々な種類がありすぎて、どの商品を選べばいいのか分かりにくい部分があるでしょう。

ここでは、野球グローブを使用していく上でで知らなくてはいけないことや、ポジションごとのグローブの特徴などを紹介いたします。

野球グローブの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

野球グローブのメーカー

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

子供用(ジュニア用)野球グローブの選び方

野球グローブは多くのメーカーがあり、始めのうちはどのメーカーの野球グローブを選べばいいか分からない方も多いでしょう。

ここでは、ミズノなど人気の高い野球グローブのおすすめメーカーを紹介するため、購入の際に参考にしてみてください。

ミズノ(MIZUNO)

ミズノは言わずと知れた人気ブランドです。プロ野球選手でも使ってる人が多く初心者から上級者まで愛用者が多いメーカーとなっています。

グローブ選びに迷ったらミズノのグローブ選んでおけば間違いないでしょう。

asics(アシックス)

asicsはシューズのイメージが強いですが、高品質の野球グローブも多いのが特徴です。

二刀流選手として大活躍中の大谷翔平選手とアドバイザリースタッフ契約をしたことでも話題となったブランドとなっています。

ローリングス(Rawlings)

ローリングスは、世界で最も歴史のあるメーカーです。手に馴染みやすい商品が多く揃っています。

ミズノよりも個性的な商品が多い点が特徴です。

ポジションごとのグローブの特徴

野球グローブはポジションごとに特徴があります。

この項目では、それぞれのポジションごとの野球グローブの特徴について解説いたします。

キャッチャーミット

キャッチャーミットは他のポジションのグローブより、捕球面が広く小指と親指の部分が分厚くなっています。

盗塁を防ぐためにも、キャッチャーミットは捕球性と操作性を重視したものを選びましょう。プロ選手ではハタケヤマの野球グローブを使っている人が多いです。

ファーストミット

ファーストミットはグローブの中で最も大きく、捕球部が広くなっているのが特徴です。

ファーストは内野からの送球を確実に取る必要があるため、捕球面が広くて深い野球グローブを選ぶのがおすすめとなっています。

内野手は小さめで軽いグローブがおすすめ

内野手は打者の打ち損じを素早くキャッチし、塁へ素早い送球をしなくてはいけません。

そのため、小さめで軽い野球グローブを選ぶことで最高のパフォーマンスができるでしょう。

外野手は大きめのグローブがおすすめ

外野手は、内野手とは逆にキャッチまでの時間に猶予があります。

そのため、大きめのグローブで確実にフライを打ち取れる野球グローブがおすすめです。

ピッチャーのグローブはウェブに隙間がない形が基本

ピッチャーのグラブは、ボールの握りが見えないようにウェブに隙間がない形をしているのが特徴です。ボールの握りがわかると投げる球種がばれてしまうため、そのような作りとなっています。

また、縦型と横型があり、ピッチャーのフォームでどちらにするか決まってきます。

縦型の場合は、オーバースローのピッチャーでグローブを強く握らない人がおすすめです。また、横型の場合は、サイドスロー、アンダースローでグローブを強く握る人におすすめとなっています。

野球グローブを柔らかくする方法

野球グローブは硬いままだとなかなか扱いにくく、最悪、怪我にもつながってきます。グローブに熱を加えることで硬い野球グローブを柔らかくすることができます。また、揉んだりほぐしたりしても柔らかくすることが可能です。

この手順がめんどくさいと感じる方は、中古で野球グローブを購入するのもおすすめでしょう。

野球グローブの手入れの仕方

野球グローブは革製品のため、しっかりと手入れする必要があります。

ブラシ、レザーローション、オイルは常備して気になる場所を手入れしていくと良いでしょう。

子供用(ジュニア用)野球グローブの選び方

子供の場合は何歳で野球グローブを持たせるのか難しいところです。

幼稚園児(3~5歳くらい)あたりの子供はまだ野球道具を持たせるのは危ないため、小学生に上がったくらいの年齢で2000~3000円程度の野球グローブを買ってあげるのがよいでしょう。

また、本格的に少年野球を始めるときに気に入った野球グローブを買ってあげるのもおすすめです。

軟式グローブのおすすめ3選

野球 グローブ 軟式 一般 オールラウド 内野手 右投げ キャッチボール 子供 少年 大人用 10.5 11.5 12.5 インチ 衝撃吸収パッド 内蔵 初心者 ブラック ブラウン ブルー ピンク 多色選び 【竹令製品】

柔らかな合成皮革でできていて、握力の弱い子供でも扱いやすい入門用に最適な軟式グローブです。

衝撃吸収素材が内蔵されているため捕球もしやすいのが魅力の一つでしょう。

ローリングス(Rawlings) 野球 グローブ 軟式 一般 HYPER TECH ハイパーテック ピッチャー 内野手 外野手 オールラウンド キャッチャー ピッチャー GR9HTA15 GR9HTK41 GR9HTN62 GR9HTN65 GR9HTBH9 GR9HT2AF GR9HT3ACD

オールラウンドで使用できるローリングスの軟式グローブです。

手になじみやすく、ポジションごとに違うサイズで販売されています。

アシックス(asics) 軟式 野球用 グローブ ダイブ DIVE グラブ (投手用/内野オールポジション用/外野手用/ファースト用/キャッチャー用)

掴みやすさと強度を兼ね備えたアシックスの軟式グローブです。

カラーの種類も豊富で左投用にも対応しています。

硬式グローブのおすすめ3選

ミズノ トレーニング グローブ プロ 硬式 野球 (軟式 使用可) 内野手 練習用 グラブ USA限定モデル 9インチ [並行輸入品]

内野手に特化した性能の、小さめサイズなミズノ製硬式グローブです。

アシックス(asics) 野球 大谷翔平選手デザイン連動投手用グローブ 硬式用(高校野球対応)、軟式用、少年軟式用 プロモデル グラブ 2019年モデル

大谷翔平選手デザインの硬式用グローブです。

硬式用(高校野球対応)、軟式用、少年軟式用と3種類あるプロモデルグラブとなっています。

ローリングス(Rawlings) 野球 グローブ 軟式 一般 HYPER TECH ハイパーテック ピッチャー 内野手 外野手 オールラウンド キャッチャー ピッチャー GR9HTA15 GR9HTK41 GR9HTN62 GR9HTN65 GR9HTBH9 GR9HT2AF GR9HT3ACD

ローリングスから販売されている柔らかいつくりの硬式グローブです。

ダメージレスでグラブの耐久性を損なわずにすぐに使用可能となっています。

おすすめの野球グローブについてのまとめ

  • 野球グローブメーカーで迷ったらミズノ、アシックス、ローリングスを選んでおけば外れはない
  • グローブはポジションごとに特徴があり、それぞれ適切な商品を選ぶ必要がある
  • グローブを柔らかくするには揉んだりほぐしたりするほかに、
    熱を加えることでも硬い野球グローブを柔らかくすることができる
  • 野球グローブは購入した後もしっかりと手入れをしなくてはいけない
商品一覧
ご紹介している商品一覧