この記事では手帳の選び方から、おすすめの商品の紹介までを解説いたします。ご自身にあった手帳をぜひ見つけてください。

手帳のメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの手帳紹介

手帳は予定を管理するのに必要なツールです。

しかし近年ではスマートフォンやタブレット等を手帳代わりに使う人も珍しくありません。まずは手帳を持つメリットやデメリットについて解説いたします。

手帳を持つメリットとは、行動予定を時間や日付で管理して、沢山の予定を忘れずにこなす事が可能です。

そして行った内容を記録として残すことができ日々のライフログを確認して振り返る事が出来ます。

一方スマートフォンなどのデジタル媒体の記録は便利なので、それだけで十分という人もいるでしょう。

スマートフォンだとリマインド機能やスマートスピーカーと連携し、お知らせをしてもらうことが可能です。

スマホで十分かと思う人も多いかもしれませんが、手帳だと予定から派生して内容が加えやすいという利点があります。

例えば、会議を手帳に予定で記した後、会議後に内容をまとめることができます。アプリなどだと定形のフォーマットがあるためフレキシブルに予定を足すことが難しい場合があります。ご自身の仕事のルーティンが決まっている方は手帳の方が利点が大きいでしょう。

手帳のタイプ

手帳のタイプには種類があり、通常の綴じ手帳や、リフィル用紙を追加できるシステム手帳があります。

綴じ手帳の特徴は、1年毎に買い換えるタイプの手帳です。低価格のものが多く、種類やサイズが豊富にあり毎年選ぶ楽しみがあるでしょう。

ビジネス向けのシンプルなタイプやカラフルなキャラクターのタイプなどが揃っています。

また、カバンに入れていても気にならない軽さやコンパクトなつくりで持ち運びに困りません。

システム手帳はバインダータイプでリフィル用紙によって追加が可能な手帳です。

用紙の入れ替えによって何年でも使えます。

マンスリーリフィル、ウィークリーリフィルなどを追加したり、不要になった用紙を外したりでき、カスタマイズを楽しむことができて便利に使うことができるでしょう。

マンスリータイプ

マンスリータイプの手帳はカレンダー式で1ヶ月間の予定を一覧で確認ができます。

月間ブロックタイプとも言われ、毎週の定例行事や、長期の予定などの記入に便利です。

習い事など繰り返し予定のあるスケジュール管理に向いてます。

記入スペースはメモ程度ですので、詳細の記入には不向きとなります。

ウィークリータイプ

ウィークリータイプは1週間の予定が一目でわかり、日毎のスケジュールの記入スペースが広いタイプです。

ウィークリータイプの週間レフトタイプは、見開きの左側ページが日毎の記入スペースがあり、右側のページがフリースペースになっている為、週間の予定を確認しながらフリースペースを自由に使えて便利なタイプです。

週間バーチカルタイプは、週単位と時間単位で予定が把握できます。

見開きページの横に週間の予定があり、縦は時間軸になり時間単位のスケージュール管理が可能です。

デイリータイプ

デイリータイプは1ページ1日分使えて、メモ欄が広く、その日の出来事の詳細を記入出来ます。

使用したチケットやレシートなどその日の行動がわかる物を貼り付けることも可能です。

また文章のみではなく、図を書くスペースとして使えます。日記やメモをしたり自由に使えるのが特徴です。

手帳の選び方

 

サイズで選ぶ

手帳のサイズは豊富にありますが大きく分けると4種類あります。

コンパクトサイズや文庫や新書サイズ、B6サイズ、ノートサイズに分かれています。

更にそこから細分化されて様々なサイズがあります。

コンパクトサイズ

胸ポケットに入り、手のひらに収まるコンパクトサイズは、縦が125mm〜140mm、横が80mm〜90mmのB7サイズになります。
ジャケットの内ポケットに入る手帳サイズは縦146mm〜156mm、横85mm〜90mmになります。

文庫本や新書サイズ

A6 サイズなど文庫本サイズの使いやすい手帳です。

B6サイズ

B6サイズの手帳は人気が高く、縦182mm〜横128mmのサイズになります。
記入欄が広く記入しやすいうえ、持ち運びしやすい人気のサイズです。

ノートサイズ

ノートサイズはA5〜B5サイズとなります。
A5は210mm×148mm
B5は257mm×182mmとなります。
広々としたスペースにしっかり記入が出来て見返しが楽な手帳です。自宅や職場に置いて利用に適しています。

デザインや素材で選ぶ

デザインはビジネス用のシックでシンプルな手帳から、キャラクターがデザインされた楽しい手帳、高級感のある本革手帳など様々な種類があります。

またゴムバンドやボタンで留めるタイプ、ペンホルダー付きのタイプ等も選ぶ基準となります。

素材は本革や合皮、布張りなどがあり、本革は使い込んで手入れをする事で高級感や素材の味わいを楽しめます。

合皮は本革と比べて価格が安く、手入れがしやすく、カラーバリエーションが豊富です。

革に近い見た目でスタイリッシュに使えます。布張りは気軽に使えてお洒落なデザインです。優しい雰囲気が支持されて人気があります。

始まりの月を注意する

手帳の始まりの月は大きく分けて時期が4つに分かれています。

  • 1月、元旦から始まる時期
  • 4月、新年度から始まる時期
  • 9月〜10月、新作
  • 12月、年末から始まる時期

元旦から手帳を切り替える人には12月や1月スタートを選びましょう。仕事や学校など年度切り替えをする人は4月スタートを選ぶのがおすすめです。

おすすめの手帳紹介

コクヨ ジブン手帳Biz ツヤカバータイプ

B6スリムタイプの12月始まりの手帳です。マンスリーとウィークリータイプの月曜日始まりのタイプです。
1週間の計画を24時間バーチカルスケジュールで記入ができます。

24時間軸によりビジネスマンのスケジュール管理が可能です。横120mm× 縦190mmのB6スリムタイプの手帳です。

日本能率協会NOLTYライツメモ小型版 1180

1180 NOLTY ライツメモ小型版(ダークネイビー)
created by Rinker
日本能率協会
¥1,045(2019/11/17 19:27:36時点 Amazon調べ-詳細)

マンスリーとウィークリータイプの手帳です。

月曜日スタートになり、ウィークリーは週間方眼メモとなっている自由度の高い作りとなっています。

レイメイ藤井ダヴィンチシステム手帳 A5

1996年に誕生したダヴィンチシステム手帳シリーズは、手に馴染む牛革の高級皮革であるスーパーロイスを使用しています。

成牛革で堅牢でありながら、硬すぎず柔らかな肌触りです。

A5サイズのシステム手帳でリフィル用紙のサイズは縦210mm×横148mmとなり、リング径15mmの6穴式バインダーとなります。

ハイタイド A6 ウィークリーレプレ NA2 10月始まり

イタリア製のPUレザーを使用したカラーバリエーション豊富な手帳です。

丸ゴムバンドをアクセントにまるで革のような質感の合皮タイプです。

サイズは縦160mm×横115mmの月曜日スタートのウィークリーブロックタイプです。

石原出版社 石原10年日記ワインレッド N101702

2017年から2026年までの10年分の手帳です。
B5サイズの手帳に1日に記入できる箇所は4行あります。

例えば1月1日のページの場合、10年分の1月1日の内容が4行ずつ並びます。

コクヨ ドローイングダイアリー ライト KE-SP8-20M

A5サイズのマンスリーダイアリーです。

月曜日スタートのマンスリーダイアリーは見開きで開いて記入が出来ます。1日分の記入箇所は31mm×39mmの大きいマスを使用しています。

用紙は裏抜けしにくいオリジナル用紙を採用しています。

本体サイズは縦210mm×横131mmのA5変形サイズです。右端の余白にウィーク欄があり、週の予定を書き込めます。

クオバディス ソーホー ビジネスプレステージ 4月始まり qv60105vpu

月曜日スタートのウィークリータイプの手帳です。

アイボリーペーパーを採用している落ち着いた雰囲気の手帳です。

シックなカラーバリエーションがある合皮カバーによってバックや小物と色が合わせやすい商品です。サイズは縦150mm×横100mmとなります。

高橋書店 高橋手帳 A5 リングダイアリー ウィークリーバーチカル

A5サイズのダブルリングタイプです。

ウィークリーバーチカルタイプです。同シリーズは3種類あります。他にあるのが週間セパレート、週間レフトがあります。

ほぼ日 ほぼ日手帳 2019 spring A6サイズ

2002年版から発売となり、ほぼ日手帳は世界中で約78万人に使われています。

1日1ページの手帳は3.7ミリの方眼がベースの用紙で文章や図が書きやすく、サイズはA6 サイズで縦148mm×横105mmの人気のサイズです。

MIDORI ポケットダイアリー スリム オジサン柄 27787006

1995年版のポケットダイアリーから長年親しまれるキャラクターを使ったデザインの手帳です。

2020年版はスポーツにチャレンジをしているアクティブなデザインとなります。癒されるオジサン柄は月間ブロックタイプのスケジュール部分にも登場します。

カバーの内側にはペンホルダー機能が付いています。

この記事のまとめ

  • 手帳選びは管理したいスケジュールや用途によって選ぶことが重要です。
  • 月間マンスリータイプは、定期的な習い事など、1ヶ月間のスケジュールを把握するのに優れています。
  • ウィークリータイプは、1週間の予定と1日の時間帯の管理をしたい時のバーチカルタイプ。ウィークリーとフリースペースが必要な人にはレフトタイプ。1週間の内容を細かく書きたい場合はセパレートタイプを選びましょう。
  • デイリータイプは1日1ページのスペースに沢山記入欄があるので、絵や図、レシートやチケットなど、メモを残すのに最適なつくりです。
  • またデザインはビジネスで使う場合は本革や合皮のシックな色合いを選び、デイリーで使う場合は、布張りや、キャラクターなどのデザインで選ぶ事が必要です。
    用途とサイズ、デザインを考えて手帳を使いましょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
1180 NOLTY ライツメモ小型版(ダークネイビー)
created by Rinker
日本能率協会
¥1,045(2019/11/17 19:27:36時点 Amazon調べ-詳細)