この記事ではかゆみの元となる乾燥の原因や、乾燥する肌にあったボディクリームの選び方を解説します。

乾燥肌の方にとって、肌が乾燥する季節に必需品なのがボディクリームです。

この記事を読むことで、肌の乾燥対策や、自分に合ったボディクリーム購入の検討が出来ます。

お肌の乾燥でかゆみが発生しやすい

かゆみが発生する原因について、詳しい仕組みは分かっていませんが、何らかの刺激が知覚神経に影響を与え、「ヒスタミン」というかゆみ物質を引き起こすと考えられています。

また、かゆみ物質は、乾燥が大きく関係していると言われています。

肌の水分量によってウイルスや細菌の侵入を防いでいますが、乾燥した空気の影響で皮膚の水分量が減ってしまうと、「ドライスキン」状態になり、ウイルスや細菌からの攻撃に無防備になってしまうことが原因です。

その影響で肌に刺激が加えられ、敏感に反応し、結果かゆみが生じると言われています。

乾燥肌の人はドライスキン状態になりやすく、かゆみ成分がより分泌し、かゆみが発生していると言われています。

肌にうるおいを与えて、ドライスキン状態を防ぐことが重要です。

関連記事
唇の乾燥に!リップクリームの種類と効果 おすすめの品10選を解説
冬に大活躍!加湿器の種類やおすすめメーカーを解説 おすすめ商品も紹介

乾燥肌・かゆみ止めの選び方

かゆみ止め成分で選ぶ

ジフェンヒドラミン

ジフェンヒドラミンは、かゆみ物質のヒスタミンと拮抗することで、炎症や気道分泌の抑制の効果がある物質です。

このジフェンヒドラミンは、直接的にかゆみに影響がある物質で、じん麻疹や湿疹、皮膚炎、鼻炎などに効果があると言われています。

副作用として、薬が弱い人が使うと、皮膚が赤くなったりするため注意が必要です。

リドカイン

リドカインは簡単に説明すると、痛みを和らげる効果がある成分です。

このリドカインを塗ることで、麻酔のような効果をもたらすことができます。

非常に激しい炎症やかゆみが発生した場合は、この薬を塗ることで鎮静化することができます。

しかし、副作用もあり人によって赤くはれたり、逆にかゆみが増したりする可能性があるため、十分に注意が必要です。

保湿成分で選ぶ

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は保湿成分の効果があり、乳液や美容液に用いられる事が多い成分です。

メリットは、保湿効果のほかに、べたつきが少なく、伸びが良いところです。

しっとり系の保湿液に含有している事が多いと言われています。独特なの臭いがあることがデメリットです。

尿素

尿素成分も、保湿液やクリームなどに用いられるケースが多い成分です。

尿素もヘパリン類似物質と同様に、べたつきが少なく、保湿成分が高い事が特徴です。

しかし、尿素成分は皮膚に塗ると炎症を起こしてしまう人がいます。

敏感肌の方は、尿素が含まれている保湿系のクリームや、液体を塗布する時は事前に影響が無いかどうか、お近くの病院などでお医者さんに確認を取るとよいでしょう。

香りや使用感で選ぶ

乾燥肌用のクリームや薬品は、種類によって香りが変わります。

ドラッグストアなどではテスターが置いてある場合が多く、実際に塗ってみて事前に香りをチェックすることができます。

自分に合った香りなのかどうかを事前にチェックすることが重要です。

しかし、使用する際に伸びが良いか、べたつかないか、色見が目立たないかなどの使用感についても調べておく必要があります。

これも事前にテスターでチェック出来るため、ドラッグストアに行って調べるとよいでしょう。

保湿性をチェックして選ぶ

乾燥肌のかゆみを抑えるには保湿が重要です。

かゆみ止めの成分が入っていたとしても、かゆみ止めの効果が切れてしまうと、またぶり返す可能性があります。

肌にある程度水分を含ませて、肌をガードすることが非常に重要です。

かゆみ止めの成分が入っているかどうかもチェックが必要ですが、同時に保湿性があるかも確認するとよいでしょう。

自分に合った種類のボディークリームを選ぶ

軟膏タイプ

軟膏タイプの特徴は、水が含まれていないため、塗りやすくベタつかない事です。

刺激性が少なく、肌が弱い方にも利用が出来るのが魅力でしょう。

保湿性も高く、薬品として用いられるケースも多いタイプです。

【第3類医薬品】新レスタミンコーワ軟膏 30g
created by Rinker
レスタミン
¥435(2019/09/16 22:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

ローション・乳液

ローションや乳液タイプの特徴は透明性です。

乳液は白っぽいですが、伸ばすと透明になり、化粧水などに合わせた利用ができます。

しかし、軟膏やクリームのに比べてかゆみ止めの効果は悪いため注意が必要です。

スキンケアアイテムのひとつとして持っておき、毎日利用するような使い方がおすすめです。

【第2類医薬品】メンソレータム AD乳液 120g
created by Rinker
メンソレータム皮膚用薬
¥909(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

クリーム

クリームの特徴は、軟膏と違い水分が含まれているため、伸びがよく簡単に洗い流せるところがポイントです。

しかし、刺激が強いタイプが多く、傷などに付着すると炎症を起こしてしまう可能性があります。

使い勝手は良いですが、成分などを事前に見て利用するとよいでしょう。

ニベア クリーム 大缶 169g
created by Rinker
ニベア
¥456(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

乾燥・かゆみにおすすめのボディークリーム

メンソレータムADクリームは、クリームタイプのかゆみ止め製品です。

含有成分としては、クロタミトン、リドカイン、ジフェンヒドラミン、グレチルレチン酸などが含まれており、かゆみが発生する部位に集中的にぬることでかゆみを抑えることができます。

クリームタイプであるため、刺激性があり敏感な皮膚の方は、使うと炎症をおこしてしまう可能性があります。

事前に使えるかどうかチェックしておくとよいでしょう。

【第2類医薬品】メンソレータムADクリームm 145g
created by Rinker
メンソレータム皮膚用薬
¥740(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

ウレパールプラスローション10はさっと塗れる

ウレパールプラスローション10は、ローションタイプのかゆみ止め商品になっており、季節にかかわらず皮膚の乾燥に利用できる商品です。

含まれている成分としては、尿素、リドカイン、ジフェンヒドラミン塩酸など、この他にも複数の成分が含まれています。

ローションタイプであるため、さっと塗ることができ保湿成分もあります。かゆみが無い時でも利用することができる商品です。

お風呂上りなどの皮膚が乾燥するタイミングで利用するのがおすすめです。

【第2類医薬品】ウレパールプラスローション10 100mL
created by Rinker
大鵬薬品工業
¥960(2019/09/16 22:33:19時点 Amazon調べ-詳細)

キュレル モイスチャーバームは低刺激なのが魅力

キュレル モイスチャーバームは、乾燥肌の方向けの商品が多いキュレルのボディクリームになります。

弱酸性なのが特徴で、低刺激なクリームです。

保湿性にも優れているため、赤ちゃんのデリケートなお肌にも利用が出来る非常に優しいクリームです。

ボディクリームについてのまとめ

  • かゆみは、皮膚の水分不足によって大きくなります。
  • ボディクリーム選びでは、香りや実際の仕様感、保湿性などを事前にテスターなどで確認しておくとよいでしょう。
  • かゆみ止め成分である「ジフェンヒドラミン」「リドカイン」をチェックし、保湿成分である「ペパリン類似物質」「尿素」をチェックするのもおすすめです。
  • 軟膏、ローション、乳液、クリームなど自分に合ったタイプのボディクリームを選ぶのが大切です。
  • 大切なのは、体質に合うのかどうかであるため、いくつかのボディクリームを使ってみて自分にあったボディクリームを見つけるとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
【第3類医薬品】新レスタミンコーワ軟膏 30g
created by Rinker
レスタミン
¥435(2019/09/16 22:33:17時点 Amazon調べ-詳細)
【第2類医薬品】メンソレータム AD乳液 120g
created by Rinker
メンソレータム皮膚用薬
¥909(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)
ニベア クリーム 大缶 169g
created by Rinker
ニベア
¥456(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)
【第2類医薬品】メンソレータムADクリームm 145g
created by Rinker
メンソレータム皮膚用薬
¥740(2019/09/16 22:33:18時点 Amazon調べ-詳細)
【第2類医薬品】ウレパールプラスローション10 100mL
created by Rinker
大鵬薬品工業
¥960(2019/09/16 22:33:19時点 Amazon調べ-詳細)