この記事では、スキーウェアの概要や、スキーウェアの種類、スキーウェアを選ぶポイントなどを解説します。

シーズンの前になると、スポーツショップなどでバーゲンセールされるケースも多く、多くの方がスキーの予定に合わせて購入しています。

この記事を読むことで、自分に合ったスキーウェア購入の検討が出来ます。

スキーウェアって何?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

スキーウェアのおすすめ

スキーウェアとは、スキーを行う方向けにデザインされているウェアの事です。

防寒性はもちろんのこと、転んでも濡れてこない撥水性、スキー用品を収納できるデザインのウェアなど、スキーを楽しむ方にとって必須のアイテムです。

スノボウェアとスキーウェアの違い

スキーとよく比較されるスノーボードですが、スノボウェアとスキーウェアの一番の違いは機能性です。

スノボウェアはすこしダボついたデザインのものが多いですが、スキーウェアはタイトなデザインの方が少なくありません。

これは、スキーの方がスピードが出るため、ウェアが大きいとスピードが出ない恐れがあるためです。

他にも、スキーウェアのパンツにはエッジガードが付いており、スキー板が当たっても切れないようにできています。

スノーボードは転ぶことが多いため、お尻の部分などに少し厚みがあるのに対して、スキーは転ぶことが少ないため、保護が付いていないケースが少なくありません。

スキーウェアの種類

アルペン・レーシング対応にウェアは体に密着する機能の品

アルペンスキーとは、雪山に作られた斜面のコースを滑り降りる競技の事です。

アルペンスキーにも様々な種目がありますが、総じてかなりスピードがでます。

そのためアルペン・レーシング対応のウェアは、体に密着した機能性の高いウェアが多いです。

薄手でありながら防寒性があり、デザインはスポーティーなタイプが一般的です。

デモタイプは防寒性が高く軽い品が多い

デモタイプは、先ほどのアルペンとは違い防寒性の高いウェアが多いです。

重たそうにみえますが、見た目に反して軽いタイプが多く、デモスキーを存分楽しむことができます。

フリーライド用のウェアはお洒落なものが多い

フリーライドとは、斜面を滑るだけではなく滑りながらアクションを行うタイプのスキーです。

フリーライドを行っている方は、スキーを行う技術だけでなくオシャレにも気を使っている方が少なくありません。

ウェアにはオシャレなモノが多く、トータルコーデでオシャレに決められる品も少なくありません。

バックカントリー用のウェアは機能性が高いものが多い

バックカントリーは、手つかずとなっている自然が残っている山などでスキーを楽しむのが特徴です。

バックカントリー向けのウェアの特徴は、機能的なウェアとなっていることが一般的です。

スキーというよりも山登りに近く、バックカントリーのウェアはポケットが多かったり、撥水性や防寒性だけでなく、山の変わりやすい天気に耐えらたりような性能をもつウェアが少なくありません。

スキーウェアを選ぶポイント

防水性・透湿性・撥水性で選ぶ

スキーウェアを選ぶ際は、まず防水性や透湿性、撥水性など注目して購入するのがおすすめです。

長い間利用することを考えると、安いウェアではなくしっかりしたスペックのウェアを購入する必要があります。

転んでしまったり、雪が急に振ってきたりしても、しっかりと水をはじいて、身体が冷えるのを防いてくれるウェアを選ぶ必要があります。

保温性で選ぶ

安いウェアを買うと、保温性が無く身体が冷えてしまうことも少なくありません。

保温性の高いウェアは、体温を下げることなく全力でスキーと楽しむことができます。

派手な色が安全

ウェアについて、様々なカラーのものが販売されていますが、オススメは派手な色見のウェアです。初心者であれば特に派手な色見がオススメです。

理由は、遠くからでもウェアの色見で見分けることができるためです。お子さんが心配な方は派手な色見のウェアを着せる必要があります。

やや大きめを選ぶ

少し大きいサイズを選ぶことも大切です。

見た目が今風という理由もありますが、実際にインナーなど沢山着こむ人にとっては、スキーウェアが丁度のサイズであれば、入らないケースもあります。

少しゆとりをもったウェアを購入することがオススメです。

スキーウェアのおすすめ品

VeroMan スノーボード ウェアは耐水性と通気性が魅力

VeroMan スノーボード ウェアは、しっかりとした耐水性をもち、通気性も抜群のスキーウェアです。

パンツは、スキーウェア特徴のサスペンダー仕様になっているため、しっかりと身体に固定できます。

ウェアのカラーがホワイトであるため、すこし目立ちにくく、初心者用というよりは上級者に向けた商品です。

ミズノ スキーウェア N-XTは初心者でも上級者でも着こなせる

ミズノ スキーウェア N-XTは、見た目が非常にシンプルで初心者でも上級者でも着こなせるスキーウェアです。

ミズノ製であるため性能面では安心して利用ができ、なにより着心地がよいという評判があります。

軽いのも特徴で、価格も2万~3万円ぐらいで購入できるため、コスパのよい商品としてもおすすめです。

ELETOP メンズスキージャケットはオシャレで機能性も高い品

ELETOP メンズスキージャケットは、非常に奇抜で、オシャレなデザインのスキーウェアです。

カラフルなため、他のスキープレイヤーにまぎれても目立ってオススメの商品です。

防水面はもちろんのこと、防風仕様もかなり高く、スキーだけでなく雪山登山用としても重宝することが出来ます。

カラーも9種類から選ぶことができ、自分の気になったカラーのウェアを選択することができます。

SISTA.J スキーウェアはコスパが良い品

SISTA.J スキーウェアは、レディース専用のスノーウェアを用意しているメーカーのおすすめスキーウェアです。

デザインがポップで若い女性にピッタリの商品となっており、上下のセットで12,000円とコストパフォーマンスがよい商品です。

カラーは上下で組み合わせて選択ができ、自分の気に行った組み合わせを選べます。

ROXY スキーウェアはファッション性が高く性能も高い

ROXY スキーウェアは、ファッション性が高く、性能も抜群、撥水性に加え、湿気や空気を逃がす透湿性が高い商品です。

レディース用であり、着ていて快適なオススメの商品です。

サロモン スキージャケットは機能性が魅力の品

サロモン スキージャケットは、サロモンの培った機能性が魅力で、寒い土地でできるだけ暖かくというテーマのもとで製造されている品です。

動きやすさもこだわって設計されており、放湿性にも優れています。

コロンビア キッズ用スキーウェアはシンプルで飽きずらい品

コロンビアより発売されているキッズ用スキーウェアです。

価格が9,000円ほどとなっており、子供が動きやすく着心地が悪くならないように設計されています。

シンプルなデザインで、飽きがきにくいデザインためオススメです。

スキーウェアについてのまとめ

  • スキーウェアはスノボウェアよりもタイトでエッジガードなどがついた機能性の高いウェアです。
  • スキーウェアにもいくつか種類があり自分がプレイするスキーのタイプによって使い分けるべきでしょう。
  • 機能面が重要で撥水性や透湿性、保温性など、使いやすいウェアを選ぶのがポイントです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧