この記事では、フィットネスシューズの選び方のポイントやランニングシューズとの違いを解説いたします。

また、おすすめ商品も紹介するため、フィットネスシューズの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィットネスシューズの選び方

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

メンズ用フィットネスシューズおすすめ3選

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。 商品の紹介を先にを知りたい方はこちらをクリックしてください。

メンズ用フィットネスシューズおすすめ3選

フィットネスシューズは普通の運動靴とは違い、トレーニングに適した機能を持った専用のシューズです。

トレーニングの内容によってもシューズに必要とされる機能は変わります。

それぞれのトレーニングに適したシューズを履くことで最大限のパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

ジムでのトレーニングは、主にランニングマシン・ウェイトトレーニング・エアロビクスなどスタジオプログラムが3種類あります。

それぞれのトレーニングに適した作りのシューズを使用することで効果的にトレーニングをすることが可能です。

見た目だけでシューズを選び、トレーニングに適していないものを履いてしまうと怪我などに繋がる恐れがあるため、シューズ選びは慎重に行いましょう。

ここでは、そんなフィットネスシューズの選び方について解説いたします。

クッション性の高いものを選ぶ

フィットネスシューズはクッション性の高いものを選びましょう。

ジムのトレーニングの中には足腰に負担の掛かるトレーニングがありますが、クッション性の高いシューズはそうした負担を軽減してくれる効果があります。

特に、ランニングマシンでのトレーニングでは、足の上げ下ろしが激しいため足への衝撃を吸収する「クッション性」はシューズ選びに重要なポイントです。

足の幅に合わせる

フィットネスシューズを選ぶ際は、足の幅を合わせることが大切です。

日本のシューズのサイズは足長や足囲がJIS企画で定められていますが、足の幅はメーカーによって違い、全てが同じ幅で作られていません。

ジムでのトレーニングは激しい動きをすることが多いため、足の幅が合っていないシューズを履くと靴の中で足が滑ってしまうなどトレーニング中の怪我に繋がる恐れもあります。

シューズ選びの際には自分の足の幅が合うものを選ぶようにしましょう。

安定感がポイント

フィットネスシューズを選ぶ際には安定性を重視して選びましょう。

ジムでのトレーニングでは、前後左右の動きやジャンプする上下の動きなど足を使った動きが多くあります。

特にウェイトトレーニングでは、重量のある負荷が全身に掛かるため、足を強く踏ん張る必要があります。

安定性の低いシューズだと、足場が不安定になり、身体の他の部分にも余分な力が入りやすくなることで怪我に繋がる恐れもあるでしょう。

フィットネスシューズの安定感は、しっかり地面を足で捉えることのできる「グリップ力」と、足がシューズの中で滑ってしまわないかといった「ホールド感」に注目して安定性の高いものを選びましょう。

万能タイプがおすすめ

初めてフィットネスシューズを選ぶ際は、万能タイプのシューズがおすすめです。

トレーニングの種目別に特化したシューズを選ぶことも大切ですが、初心者でまずは様々なトレーニングをやってみたいといったときには万能タイプがおすすめです。

また、万能タイプのシューズを一足持っておけば、複数の種目のトレーニングをしたい場合にも、シューズを履き替える必要がないため効率よくトレーニングに励むことができます。

ランニングシューズとの違い

フィットネスシューズとランニングシューズは、見た目にも機能にも違いがあります。

ランニングシューズは走ることに特化した機能を持っていて、軽量で柔軟性がありクッション性に優れています。

また、見た目の違いとしてはハイカットシューズであるかどうかが大きな違いです。

ハイカットシューズは足首まで保護してくれるように作られた靴で、フィットネスシューズは基本的にハイカットシューズが主流です。

エアロビクスなどのスタジオプログラムや、ウェイトトレーニングなどのトレーニングは足首に負荷が掛かることが多いため、足首部分を守ってくれるハイカットシューズが活用されます。

それに対して、ランニングシューズは走るときに足首が使いやすいようハイカットになっていないことが特徴です。

メンズ用フィットネスシューズおすすめ3選

vibram fivefingers Men’s 16M0701

最大限に地面の感覚を感じることができるように開発された5本指のシューズです。

ソールはジグザグ模様に加工されており、グリップ力と柔軟性を兼ね揃えています。

シューズを履いていても素足のように感じられるよう、シューズの底が非常に薄くできています。

片足の重さも約135グラムしかなく、トレーニング時に無理のない安定感のある動きがしやすい商品です。

vibram fivefingers ビブラム ファイブフィンガーズ Men’s KSO EVO (M42 (27.3cm), Black)
created by Rinker
Vibram FiveFingers(ビブラムファイブフィンガーズ)
¥14,080(2019/11/17 14:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

NIKE メトコン レッパー DSX

どのようなトレーニングにも向いた万能タイプのフィットネスシューズです。

軽さと耐久性に優れ、足の動きを妨げず楽に運動ができます。

メインの素材はメッシュでできているため通気性に優れ、夏の暑い日でも湿気を逃してくれるため不快感が少なくてすみます。

ソリッドラバーソールという独自の技術で抜群の安定感と力が伝わりやすいように工夫がされており、アウトソールやミドルソールにある溝も足の自然な動きをサポートしてくれるおすすめの商品です。

Reebok R クロスフィット ナノ 8.0 メンズ クロストレーニング シューズ CN1022

スタイリッシュなデザインが特徴的な万能タイプのフィットネスシューズです。

フレックスウィープという8種類の遷移を8の字型に織り込んだ特殊な構造のアッパー素材が用いられており、耐久性や柔軟性に優れています。

靴底にも軽さと耐久性を兼ね揃えた素材を採用し、コストパフォーマンスにも優れた商品です。

レディース用フィットネスシューズおすすめ3選

new balance レディース WX811 Training Shoe-W

クッション性に優れたフィットネスシューズです。

優れた軽量性とフィット感は、エアロビクスやダンスレッスンなどのスタジオプログラムに向いています。

アッパーには通気性のよいメッシュ素材を採用しており、不快な足の蒸れを軽減してくれます。

ソールにはニューバランスの中で最も柔らかい素材を使用しており、心地のよいクッショニング効果がスムーズな蹴り出しを実現してくれるでしょう。

また、怪我に予防効果があるキネシオテープ法から発想した新技術で、筋肉や関節の過度な伸びを抑え、安全な動きをサポートしてくれます。

AVIA フィットネスシューズ A6812W-BHH

ファッション性も高く、機能的にも満足できるフィットネスシューズです。

衝撃吸収性、安定性、反発性を追求した独自の技術でトレーニング時のシューズのねじれや安全性を供給してくれます。

波型に加工されたミッドソールも足裏全体にフィットし、足とシューズのズレを防ぎ、シューズ全体の安全性を高めています。

アッパーは、人工皮革を使用することで足に対するサポート性も抜群です。

見た目もラメ入りのメッシュがオシャレ度の高い商品となっています。

MIZUNO フィットネスシューズ WAVE DIVERSE LG 3Ltd K1GF197501 01

スポーツ用品大手が提供する機能性の高いフィットネスシューズです。

かかと部分の波形を緩やかにし、インソールや中底の柔らかさを重視しているため着地したときの快適性や足への負担軽減を実現してくれます。

また、屈曲製と安定性を兼ね揃えたモーショングループという技術で安定性を保ちつつ、高いパフォーマンスを発揮できます。

ジムで使える靴についてのまとめ

  • フィットネスシューズはジムでのトレーニングに適した機能を持つシューズ
  • フィットネスシューズはクッション性の高さが大切
  • フィットネスシューズは足の幅に合わせて選ぶことが大切
  • フィットネスシューズは万能タイプを選ぶことがおすすめ
  • ランニングシューズとの違いはハイカットであるかどうか