こちらの記事は2018年5月22日の記事を2020年3月23日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・急速充電の規格の項目を追記いたしました。
・以下の項目を2020年3月23日の情報に更新いたしました。
 Android用におすすめの急速充電ケーブル
 iPhone用でおススメの急速充電ケーブル

この記事では急速充電とはなにかと、スマホ用急速充電ケーブルのおすすめを解説します。

急速充電とはどういう充電を意味する言葉なのかや、自分の持っているものが急速充電に対応しているのかがわからない方もいるでしょう。

この記事を読むことで、自分に合った急速充電ケーブル用品購入の検討が出来ます。

スマホの急速充電とはなにか?

急速充電とは文字通り、通常のスマホの充電にかかる時間よりも短い時間で充電できる充電方法です。

スマホは電源アダプターやケーブルを使って充電しますが、どんなタイプのアダプターやゲーブルを使うかで、充電速度に違いがでてきます。

充電のためのアクセサリーには、どれくらいの電気を流すことができるのかが、「アンペア」や「ボルト」という単位で表記されています。

通常スマホの充電速度は、最大でも1A(アンペア)程度が一般的です。

より早い充電速度を求める場合、2Aや2.4A対応のケーブルを用意する必要があります。

また、スマホ本体そのものが急速充電に対応している機種であることや、ケーブルとアダプターのどちらも急速充電に対応していなければ急速充電にならないのも特徴です。

関連記事
急速充電ってどんなデメリットがある?急速充電の解説
スマホが充電できない場合の理由と対処方法の解説
スマホの充電器で便利なソーラーチャージタイプの魅力とおすすめ品
スマホの充電器で100均で購入できる製品の種類と注意点の解説
スマホの充電器でアンペア規格はどうなっている?おすすめの充電器は?

急速充電の規格

USB Power Delivery

USB PD(Power Delivery)とは、電圧が20Vと電流が5Aあり、最大100Wの急速充電ができる規格です。

モバイル機器への急速充電が可能なだけではなく、100Wもの給電が可能なため、従来の規格では対応できないタブレットやノートPCにも給電が出来るのが特徴です。

通常の急速充電と同じように、充電器・USBケーブル・デバイスがそれぞれUSB PDに対応していなければ利用できない点に注意が必要でしょう。

関連記事
monolog 急速充電の仕組みと規格をがっつり解説【USB-PD Quick Charge】

 Quick Charge

Quick Charge(クイックチャージ)とは、アメリカのQUALCOMM社開発の充電規格です。

USB充電の何倍も速い給電が可能な事が特徴で、Quick Charge 3.0の規格であれば、通常のUSB給電の4倍近く早い給電が可能です。

また、Quick Charge規格には、「Quick Charge4.0」や「Quick Charge4+」など、細かな違いがあります。

Quick Charge規格での充電の際も、充電器が「Quick Charge3.0」でデバイスが「Quick Charge4.0」である場合など、対応する規格が異なる場合は、急速充電ができない点に注意が必要です。

iPhoneにも対応していない事も注意点としてあげられます。

関連記事
サンワサプライ Quick Charge(クイックチャージ)とは

Android用におすすめの急速充電ケーブル

エレコム  ADC-AMBD15BLはオーディオ機器にもおすすめ

エレコム  ADC-AMBD15BLは、オーディオ機器との親和性も高い、削り出しのアルミニウムがコネクタ部分に採用されている急速充電対応のmicro-USBケーブルです。

サビなどに強い金メッキピンを採用しているため、経年劣化による信号劣化を抑え、長く使い続けることが可能です。

アボシ AB-68は1本で充電・データ転送も可能

アボシ AB-68は、1本で充電・データ転送も可能な急速充電対応のUSB Type-Cケーブルです。

コネクタ部分は亜鉛合金を採用しており、安定した導電率を保ち、データ損失の可能性を抑えています。

LEPLUS LP-MATCC01BKは短めの長さが特徴

LEPLUS LP-MATCC01BKは、Type-C(A to Type-C)規格の急速充電対応の通信・充電ケーブルです。

ケーブル長さは約15cmほどであるため、普段充電ケーブルの長さが余りがちで邪魔に感じている場所での使用におすすめです。

StarTech.com USB2C5C50CMは5Aの急速充電が可能

StarTech.com USB2C5C50CMは、5A(100W)の急速充電対応USB-Cケーブルです。

ケーブルが短いため邪魔になりにくく、喫茶店などの狭いスペースで使いやすいのも魅力でしょう。

iPhone用でおススメの急速充電ケーブル

エレコム MPA-CLPS20PNはUSB PD対応で耐久性が高い

エレコム MPA-CLPS20PNは、iPhoneなどのLightningコネクタとパソコンなどのUSB-Cポート端末に接続し、充電やデータの転送を行うことができるケーブルです。

USB PDに対応しているため、大電流の送電をすることが出来ます。

スリムでありながらも耐久性の高いケーブルを採用しているため、長く使うことができるでしょう。

created by Rinker
¥2,571 (2020/08/15 01:26:41時点 楽天市場調べ-詳細)

araree 1Mは正規ライセンス取得のケーブル

araree 1Mは、Appleの正規ライセンスを取得しており、安定したデータ通信が可能なケーブルです。

断線にも強い「ロングブッシュ設計」も特徴で、ケーブルが断線しやすい部位であるコネクタの付け根部分に耐久性を高める設計がされているため、断線しにくいのも魅力です。

急速充電のケーブルについてのまとめ

  • 急速充電は便利な機能ですが、ケーブルさえ準備すれば、必ず急速での充電が実現するというわけではありません。スマホ本体やケーブル、給電側の端末それぞれが急速充電に対応している必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
¥2,571 (2020/08/15 01:26:41時点 楽天市場調べ-詳細)