この記事では、女の子が使う鉛筆について、選び方のポイントや注意点を解説いたします。

学校や勉強で使う文房具の中で、一番多く使うのが鉛筆でしょう。

鉛筆には様々な種類やデザインがあり、それぞれ特徴があります。

また、女の子の鉛筆を選ぶ際には、男の子と違うポイントがあるのも注目する点です。

この記事を通して、鉛筆を選ぶポイントや注意点がわかり、女の子にぴったりの鉛筆を選ぶことができるでしょう。

女の子は鉛筆にもこだわる

女の子は普段の持ち物にこだわりをみせやすく、学校で使う鉛筆にもこだわることが多いため、本人の意見を尊重してあげることが大切になります。

男の子は成長する過程において「面白いことないかな?」など”好奇心”が大事です。

しかし、女の子は、「この鉛筆、書きやすくて可愛い」など”感受性”が非常に大事になります。

女の子は成長過程において「可愛い」「綺麗」「楽しい」などの感受性を大きく成長させるため、感受性に関わる部分にこだわるようになるでしょう。

その中でも鉛筆は、学校では勉強をすることや絵を描くことなど一番多くの時間を使う文房具なため、その分こだわりは強くなります。

女の子はデザインや色、使い心地など、大人が考えている以上のこだわりがでてくるはおかしくないということです。

しかし、鉛筆の濃さやデザインが学校で指定されている場合や、禁止されている場合もあります。

こだわりを大切にすることは必要ですが、ルールや規律を守ることを学ぶこと、理解するということも大事です。

大切なのは、ルールや規則の範囲の中で女の子の持っている感受性を理解して、こだわりを尊重してあげるということになります。

参考:

鉛筆の選び方

濃さ、硬度で選ぶ

鉛筆の濃さは、学校での決まりや指定で選び、決まりがなければ「B」または「2B」がおすすめです。

鉛筆の濃さ、硬度は一般的に6Bから9Hまで17種類あります。

鉛筆の芯の濃さ、硬度は9Hが一番硬く、書いた時に一番薄いです。

そこから8H、7Hと数が少なくなるにつれて、柔らかく濃くなっていきます。

2Hの後はH、F、HB、Bと続き、2B、3Bと数字が増えていくにつれて、芯の硬度が柔らかくなっていき、濃くなっていきます。

鉛筆で書く時には、筆圧や鉛筆の運び方により、書く線の太さや濃さが変わることを学ぶというのも大事な部分です。

その感覚を学ぶのに適しているのは、「B」または「2B」になります。

多くの小学校が鉛筆の濃さ、硬度をBや2Bに指定するのは上記の理由もあるといえるでしょう。

軸の形状で選ぶ

鉛筆の軸の形状には種類がありますが、選ぶ時には「三角形」または「六角形」の軸がおすすめです。

鉛筆の軸の形状は、一般的に三角形や六角形、丸型が多く、他に四角形や五角形などもあります。

三角形や六角形の軸がよい理由は、転がりにくく書きやすいからです。

丸型の鉛筆は、転がりやすく勉強をしている時に、落としてしまい授業に集中できなくなるデメリットがあります。

その点、三角形や六角形の軸の形状は、転がりにくいというメリットがあります。

また、鉛筆の軸の形状は持ち方や書きやすさに影響しやすいでしょう。

正しい鉛筆の持ち方は、親指、人差し指、中指の3点で持つことになるため、3の倍数の形状の方が正しい持ち方ができて、書きやすいということです。

特に三角形の鉛筆は、当てる指の面積が大きくなるため正しい持ち方で握りやすく人気があります。

デザインで選ぶ

鉛筆のデザインを選ぶ時には、女の子のこだわりをある程度尊重しつつ、学校の決まりや指定を考慮して選びましょう。

鉛筆は多くの種類のデザインやカラーが販売されています。

また、ゲームやアニメのキャラクターものの鉛筆は子供に非常に人気があります。

特に女の子はデザインやカラーには、こだわりをみせる部分が大きいです。

しかし、あまりにも派手なデザインの鉛筆などは、学校で禁止している場合もあるため、注意が必要です。

鉛筆のデザインは、決まりやルール、規律などの範囲内である程度こだわりを尊重しつつ選ぶことが大切になります。

キャラクターもの鉛筆は禁止されているか確認が必要

キャラクターもの鉛筆は選ぶ前に、学校で禁止されているか確認が必要になります。

多くの小学校では、「集中できるように」「持ち物で競わないように」「生徒同士のトラブルを避けるために」といった理由で禁止しているようです。

また同じ理由で、無地のデザインの鉛筆を指定する場合や、特定の鉛筆を指定する学校も増えています。

せっかく女の子が好きなキャラクターものの鉛筆を選んでも、学校で禁止されているため使えないといったことになりかねません。

理由に対しての賛否はありますが、買い直ししなくてよいように、あらかじめキャラクターものの鉛筆が禁止されていないか確認することが必要です。

女の子におすすめの鉛筆を紹介

トンボ鉛筆 ippo

トンボ鉛筆 ippoは、パステル調などのカラーデザインが可愛い女の子に人気の鉛筆です。

安心の品質であるトンボ鉛筆は、書き方や鉛筆の握り方を覚えるためにもぴったりといえるでしょう。

芯の形状は六角形の軸になります。

LIRICO 三菱鉛筆 コラボ ロマンティック鉛筆

LIRICO 三菱鉛筆 コラボ ロマンティック鉛筆は、uni鉛筆でおなじみの三菱鉛筆とLIRICOがコラボレーションした鉛筆です。

綺麗なゴールド調のデザインは、女の子の感受性を満足させる鉛筆でしょう。

芯の形状は六角形の軸になります。

ippo! プレーン ガール

ippo! プレーン ガールは、キッズデザイン賞も受賞した、小学校低学年向けに設計された鉛筆です。

通常の鉛筆よりも長さが15mm短めに設計されており、正しい鉛筆の持ち方握り方を覚えることができる三角形の形状軸になります。

学校指定を気にしなくてもよい、無地デザインなのもおすすめのポイントです。

女の子向けの鉛筆についてのまとめ

  • 女の子は感受性が強く、鉛筆にもこだわりをみせるので、選ぶ時には尊重してあげることが大切です。
  • 鉛筆を選ぶ時の濃さは、学校での決まりや指定を確認して選び、決まりがなければ「B」または「2B」が良いでしょう。
  • 鉛筆の軸の形状を選ぶ時は「三角形」または「六角形」の軸が良いでしょう。
  • 鉛筆のデザインを選ぶ時には、女の子のこだわりをある程度尊重しつつ、学校の決まりや指定を考慮して選ぶのがベストです。
  • キャラクターもの鉛筆は学校で禁止していることが多いので、選ぶ前に学校で禁止されているか確認が必要です。
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ