7インチタブレットは、一般的なタブレットより携帯性が優れているので、ネットサーフィンや外出先で知りたいことを調べる際にも適しています。

そのためタブレット業界でも7インチタブレットは特に人気があり、その需要に合わせて多種多様な製品が販売されています。また、性能面なども向上しているので昔よりもさらに使いやすいです。

しかし、たくさんの製品が発売されているからこそ、どの7インチタブレットを選べば良いか分からないと言う方も少なくありません。

後に購入したことを後悔しないように、7インチタブレットの選び方のポイントなどをしっかり把握する必要があります。
そこで今回は、7インチタブレットについて焦点を当てて詳しく解説します。

是非、参考にしてください。

7インチタブレットのメリット

7インチタブレットの大きなメリットは、サイズが他のタブレットに比べて小さいため持ち歩きに最適なところです。長さは約「17.78cm」で、手が小さい方も片手で持つことができます。

また、画面の大きさがちょうど良いサイズなので電子書籍を閲覧する際にも、7インチタブレットは使えます。

文字が読みやすく小さすぎないため、ストレスフリーで電子書籍を楽しむことが可能です。

価格も一般的なタブレットに比べて安く、性能がかなり優れている7インチタブレットであっても大体の価格は、2万円以内で購入することができます。

ですから、7インチタブレットはコストパフォーマンス・携帯性を重視する方におすすめです。

7インチタブレットと8インチタブレットの違い

8インチタブレットは、7インチタブレットに比べて一回りサイズが大きいです。

画面のサイズが大きいので、アプリやゲームを楽しみたい方に向いています。また、製品のバリエーションも7インチタブレットより充実していると言われています。

しかし、7インチタブレットよりサイズが大きいため、片手で持ちにくく外出先でも7インチタブレットより使いにくいと感じる場面が多いです。

外出先でタブレットの使用が多い方には、コンパクトな7インチタブレットのほうが使い勝手の面で優れています。

雑誌をタブレットで読める!おすすめ雑誌読み放題プランとタブレット
ドコモのタブレットって安いの?値段の特徴とおすすめの機種を解説
ゲーミングタブレットは何を選べばいい?おすすめタブレット解説
ポケモンGO iPhone・Android・タブレットの対応条件

7インチタブレットの選び方

7インチタブレットを選ぶ際に必ず重視するポイントは、「CPU」「メモリ」「ストレージ」「OS」です。

この4つのポイントは、快適にタブレットを使用するうえで必ず重視したほうが良いでしょう。

下記に、4つのポイントに関して具体的に説明します。

7インチタブレットの選び方①:CPU

CPUは、「中央演算装置」の略称となります。人間の脳のような役割を果たしており、データの処理、各種の装置の制御を行っている非常に重要なパーツです。

7インチタブレットを購入する際は、CPUは必ず確認する必要があります。

何故ならCPUの性能によって、タブレットの動作や処理が変化するためです。

CPUの性能を確認するときは、主に「コアの数」と「クロック周波数」をチェックしましょう。

インターネットサーフィン・動画などを快適に閲覧したい場合は、コアの数「ヘキサコア(6コア)」や「オクタコア(8コア)」、クロック周波数「1.5GHz~」に対応している7インチタブレットがベストです。

上記に述べたようなスペックの7インチタブレットなら、アプリやゲームもサクサクした動作で楽しむことができます。

しかし、優秀なスペックのCPUを搭載しているタブレットは、サイズ問わず価格が高めです。

ですから、コストパフォーマンスを重視する方は、コアの数「クアッドコア(4コア)」、クロック周波数「1.2GHz~」に対応した7インチタブレットを選びましょう。

性能面は劣りますが、その分価格はかなり安くなります。

7インチタブレットの選び方②:メモリ

メモリ(RAM)は、「ランダムアクセスメモリ」の略です。タブレットの内部のデータを一時的に保存する、CPUに続いてタブレットを選ぶ際に重要なパーツとなっています。

処理が重めのゲームなども、メモリの性能が優れているタブレットなら快適に楽しめます。

4GB以上のメモリを搭載している7インチタブレットの場合、ゲームだけではなく複数のアプリも同時に使うことができます。

ですから、性能面を重視するなら4GB以上、コストパフォーマンスを重視する場合は2GBを選択することがおすすめです。

7インチタブレットの選び方③:ストレージ

ストレージ(ROM)は、あらゆるデータをタブレット内で保存する場所です。

メモリが一時的にデータを保管する場所となっているのに対し、ストレージは長期的にデータを保管する場所となります。

ストレージの容量が大きいほどたくさんのデータを保存できるため、写真や動画などを大量に保存したい方はストレージが大きい7インチタブレットを購入しましょう。

容量が大きめなアプリやゲームを保存するなら32GB、動画閲覧だけなら16GB、最低限の利用だけの場合は、8GBがストレージ容量の目安の数値です。

また、タブレットによってストレージ容量を拡張できるSDカードスロットを搭載した製品もあるので、容量が不足することが心配な方は、SDカードスロットを搭載した製品を検討することがおすすめと言えます。

7インチタブレットの選び方④:OS

タブレットは、「OS(オペレーティングシステム)」と言うソフトウェアを基にして動作しています。タブレット向けのOSは、現在「Android」「iOS」「Windows」の3種類があります。

基本的にメーカーや製品によってOSが異なるので、要チェックです。下記に、それぞれの特徴を簡単に解説します。

7インチタブレットの選び方⑤:Android

Googleが開発したモバイル端末向けのOSとなります。誰でも使用できるオープンソースとなっており、色んなメーカーがOSに採用しています。

ですから、他のOSと比較すると製品のラインナップが充実していることが特徴です。

7インチタブレットの選び方⑥:iOS

Appleが発売した製品に搭載されているOSです。

操作がシンプルで簡単なので、老若男女関係なく使用できます。

7インチタブレットの選び方⑦:Windows

色んなデバイスで採用されているOSとなっています。

WordやExcelなどのソフトウェアがそのまま使えるため、ビジネスでも大活躍するOSです。

このように、それぞれ異なった特徴があるのでしっかり吟味することが必須と言えます。

7インチタブレットのおすすめ

7インチタブレットのおすすめを紹介します。

ファーウェイ MediaPad T3 7

価格は、11398円です。

最大の特徴は、サイズは約10.3×17.9cm・重さ250gとかなりコンパクトな点と言えます。

価格も安価でネットサーフィンも快適にできるため、コストパフォーマンスも優秀です。

通勤、通学時のすき間時間に利用する場合に適しています。

エイスース Nexus7 ME571-16G

価格は、22500円となります。

薄さ8.6mm、重量290gとコンパクトサイズなのに、CPUに「APQ8064 1.5GHz(4コア)」メモリは「2GB DDR3LM」を搭載しており、優れた性能を持っていることが特徴です。

ゲームなどが快適に楽しめるだけではなく、画質にもこだわった「フルHDパネル」も採用しています。機能面、性能面ともに優秀な7インチタブレットです。

ASUS Google Nexus7 K008 (ME571-16G) 16GB Black【2013 Wi-Fi版】
created by Rinker
ASUSTek
¥32,288(2019/08/24 01:48:22時点 Amazon調べ-詳細)

7インチ タブレットについてのまとめ

  • 7インチタブレットの一番のメリットは、サイズが小さめで持ち運びが楽なことです。8インチと違い、片手でしっかり持つことができます。
  • 購入する際に確認するポイントは、「CPU」「メモリ」「ストレージ」「OS」となります。
  • CPUの性能をチェックしたい場合なら、「コアの数」と「クロック周波数」を見ましょう。
  • メモリ(RAM)は、CPUの次に重要なパーツです。