パソコンは持っていないけど、タブレットは持っているという人も少なくありません。

パソコンよりもインターネットを手軽に閲覧できる・スマートフォンと同じアプリを大画面で操作できるため、迫力のある映像を楽しむことが可能と言う点で見ても、タブレットは優れている機器と言えます。

その使い勝手の良さから、子供からシニアの方々までタブレットを活用していることが多いです。
キーボードがなく、画面をタッチして操作できるからスマートフォンと同じような使用感なところも人気の理由の一つでしょう。

しかし、最も人気な理由と言われているのが、大画面でスマートフォンのアプリを楽しめることです。

特にスマートフォンのアプリゲームは、注目度が高く一度はプレイしたことがある!と言う人も多数と考えられています。

タブレットは、スマートフォンよりも画面が大きいため、ゲームの世界観により集中できる点も魅力的です。
そこで今回は、スマートフォンのアプリゲームに適しているゲーミングタブレットに特に焦点を当てて、解説していきます。

ゲーミングタブレットとは

ゲーミングタブレットは、ゲームに適したスペックを持っているタブレットのことを指します。
スマートフォンでプレイしていると、画面が小さく操作がし辛いと言う不満点を持つ人も少なくないです。
しかし、タブレットならそんな不満点も解消されます。

「不満点が解消されるなら、安価なタブレットでも良いのでは?」と考える人もいますが、ゲーミングタブレットのほうがスペックをふまえると快適にゲームを楽しむことができます。

ゲーミングタブレットは、基本的に高性能なので、安価なタブレットでありがちな「動きがかくかくする」・「フリーズしやすい」などのトラブルも、かなり減ります。

次章では、具体的にゲーミングタブレットの選び方を説明していきます。

ゲーミングタブレットの選び方

1~2万円台で購入できる「エントリークラス」のタブレットはおすすめしません。

前述したとおり、安価なタブレットだと動きがかくかくするなどのトラブルが起こりやすいからです。

ゲーミングタブレットは、全体的にハイスペックな「ミドルクラス」や「ハイエンドクラス」をおすすめします。

高性能なCPUや、メモリを採用しているので処理が重いゲームもさくさく動きます。
下記に、ゲーミングタブレットを購入する際に重視する点を紹介していきます。

高性能CPU

CPUとは、人間の頭脳にあたるパーツのことです。ゲームを快適にプレイするうえで、とても重要な部分なので必ずチェックしましょう。

特に重視する点は、「コアの数」と「クロック周波数」の2点です。

まず、コアに関して解説します。
コアは、演算処理を行っている中核部分です。

コアの数が多いほど、処理能力も上がります。
最新のゲームなどを楽しみたい場合は、「ヘキサコア」・「オクタコア」を選ぶと処理能力が優れているため、快適に操作できます。

コスパを重視するなら、「クアッドコア」を選びましょう。処理の重いゲームでは動きがかくかくする可能性がありますが、価格自体はグッと抑えられます。

次に、クロック周波数について説明します。

クロック周波数とは、簡単に言うと一秒間にどれだけ計算ができるかを示しています。

単位は、「GHz」と表されこの数値が大きいほど、処理速度も安定します。

ゲームをプレイするときにおすすめの数値は、「2.0~2.5GHz」です。最新のアプリゲームなどを、快適にプレイできます。

この2点は、特にタブレットの処理速度に大きく関係している重要なパーツなので、価格を妥協しないようにしましょう。

メモリ(RAM)が大容量

RAMとは、ランダムアクセスメモリ(Random Access Memory)の略のことです。

RAMは何かというと、机でいう、デスクの大きさです。

メモリが大きければ大きいほど、処理速度が速くなりゲームアプリを快適に楽しめます。

対してROM(ストレージ)は机の引き出しの大きさです。
引き出しが大きいとさまざまなものを詰め込め、PCも同様に多くのものを保存できます。

CPUと同様に、RAMも重要なパーツといえます。選ぶ際は、必ずチェックしましょう。

一般的なメモリは、「2~8GB」です。高グラフィックなゲームをプレイしたい人は、「4~8GB」から選ぶことをおすすめします。

大容量のストレージ

ストレージとは前述しましたが、音楽・ゲーム・写真・動画など様々なデータを保存する場所のことです。
たくさんのゲームをプレイしたい!と考えている人は、必ず大容量のストレージかどうかを確認しましょう。

一般的なストレージのサイズは、16GB~128GBまで幅広く存在しています。

RPGなどの大容量のゲームを多くプレイする人は、「64~128GB」のストレージのゲーミングタブレットから購入するのがベストです。

パズルゲームなどの容量が小さいゲームを好む人は、「16~32GB」から選んでも構いません。

ストレージの容量が少なくなってくると、タブレットの動作が遅くなることも多々あるため購入する際は、自分のプレイするゲームの数などを考慮しましょう。

また、SDカードスロットに対応していれば後からストレージを拡張することも可能なので、しっかり確認することが大切です。

Androidゲーミングタブレットのおすすめ

Androidゲーミングタブレットのおすすめを紹介します。

ファーウェイ(HUAWEI) MediaPad M3 Lite 10 wp

価格は、30000円です。
こちらの商品の最大の特徴は、8コアCPU「Hisilicon Kirin 659」を採用していると言うところでしょう。
最新の高グラフィックのゲームや、3Dのゲームも快適にプレイできます。
また、防水機能も搭載しており、お風呂でもゲームを楽しむことが可能です。
他にも便利な機能が充実しているため、価格以上の満足感を得られると言われています。

エイスース(ASUS) ZenPad 3S 10 Z500KL-BK32S4

価格は、33890円となっています。
この商品の特徴としてあげられるのが、「SIMカードスロット」を搭載している点です。
出先でもゲームをプレイできるので、待ち時間なども退屈せずに過ごせます。

また、高性能な6コアCPU「Snapdragon 650」と「4GB LPDDR3」を採用しているため、スペック自体もかなり良いです。
画面も大きいので、迫力のある映像を見ることができます。

PUBG用のゲーミングタブレットのおすすめ(商品紹介)

PUBGとは、現在話題になっているバトルロワイヤルゲームです。
この章では、PUBGに最適なゲーミングタブレットを解説します。

iPad Pro 10.5インチ

価格は、税別で69800円です。
最高画質でもプレイしてもかくかくしないほど、高性能なゲーミングタブレットとなっています。
CPUはApple A10X Fusionを採用しているため、グラフィック性能がとても高いです。
RAMも4GBなので、最新のゲームをプレイしても動作がさくさくしています。

iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 128GB 2018年春モデル

価格は、45880円です。
Proよりも、安価で快適にプレイしたい!と考えている人は、こちらの商品がおすすめとなります。
品質が良くグラフィック性能やCPU性能なども、価格以上に高性能です。

FGO用のゲーミングタブレットのおすすめ(商品紹介)

FGOは、「Fate/Grand Order」の略です。
グラフィックにこだわりがあるため、要求するタブレットのスペックも高くなっています。

NVIDIA SHIELD Tablet K1 Wi-Fiモデル

価格は、128800円とかなり高額です。
しかし、GPUと言う画像処理に特化しているプロセッサーを搭載している数少ないゲーミングタブレットとなります。
FGOに限らず、あらゆるゲームに対応しているため動作もかなり軽いです。

エイスース ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル

価格は、30500円となっています。
他のゲーミングタブレットより画面が大きいだけでなく6コアと、CPUも高性能です。
FGOの世界観を、快適な動作で大画面で体感できます。

ゲーミングタブレットのおすすめ

  • スマートフォンのゲームを大画面で楽しみたい人は、ゲーミングタブレットがおすすめです。
  • ゲーミングタブレットは、安価な「エントリークラス」と違い、高性能な「ミドルクラス」と「ハイエンドクラス」を指しています。
  • ゲーミングタブレットを選ぶ際は「高性能CPU」、「メモリ(RAM)が大容量」、「ストレージが大きいこと」をチェックしましょう。
  • CPUで特に確認すべきところは、「コアの数」と「クロック周波数」の2点です。処理速度に大きく関係しているパーツのため、見る必要があります。