パソコンを快適に操作するうえで重要になるのが、キーボードです。
キーボードの配列や打ちやすさなどによって、タイピングの速度にも変化が起こります。
つまり、パソコン本体だけでなくキーボードの性能でも作業効率が変わると言えます。

ビジネス用に限らず、プライベートでも使用するパソコンだからこそキーボードにもこだわることが必要です。
キーボードを販売しているメーカーは数多いですが、その中でもトップクラスの人気を誇るのがロジクールとなります。
ロジクールのキーボードは、パソコン用からゲーミングキーボードまで幅広く取り揃えられています。

耐久性、機能性ともに優れているロジクールのキーボードは、作業効率をより高めることが可能です。
そこでこの記事では、ロジクールのキーボードに焦点を当て詳しく解説します。

ロジクールとはそもそもなにか

ロジクールとは、パソコンの周辺機器を販売している企業です。

キーボードだけでなくマウス、トラックボールなどパソコンを使用する方に欠かせない製品を数多くラインナップしています。
最近は、スマホやタブレットに関連している製品もあります。

使い勝手・デザイン性を重視しており、国内に限らずアメリカでシェア1位になるほど人気が高いです。

ロジクールのキーボードの特徴

ロジクールのキーボードの主な特徴は、「指のフィット感を重視したインカーブキー」「ワイヤレスでの通信の遅延や欠落が起こりにくい」ことがあげられます。

インカーブキーとは、キーの中央にくぼみがあるキーボードのことです。
独特なデザインにすることにより、指のフィット感・打鍵感を快適にする効果があります。
フィット感などが高いと、タイピングミスを減らしたり長文入力で発生する疲れも軽減できます。

また、ワイヤレスやBluetoothキーボードでありがちな通信の遅延や欠落を、独自のワイヤレス接続で少なくさせています。
つまり、ロジクールのキーボードを使用すれば、ストレスや疲れを軽減・改善させられると言うことです。
他にも、性能面以外でもデザイン性が優秀とも定評があります。

ロジクールのキーボードの選び方

ロジクールのキーボードを選ぶ際は、「接続方式」「キースイッチ」「配列」「打ちやすさ」を要チェックです。
このポイントを踏まえて、自分のニーズと照らし合わせて購入しましょう。
下記に、各ポイントについて具体的に解説します。

・接続方式(通信が安定する有線接続など)

接続方式には、「有線接続」「Unifyingレシーバー接続」「Bluetooth接続」の3つがあります。
それぞれの接続方式について、簡単に説明します。

・有線接続
無線接続と違い、通信が安定していることが有線接続の特徴です。
タイムラグなども起こりにくいため、長文を素早くタイピングする方やゲーマーの方に好まれる傾向があります。
現在、高級キーボードに無線接続はないので必然的に有線接続を選ぶ方が多いです。

・Unifyingレシーバー接続
Unifying(ユニファイング)は、ロジクール独自の無線通信規格です。
使い方は、レシーバーをUSBポートに差し込むだけと簡単となっています。
また、Bluetooth非対応のデバイスにも使用可能・ペアリング不要などの利点もあります。

・Bluetooth接続
USBポート不要、スマホやタブレットでの使用も可能です。
ただし、通信が不安定になることもあるため留意しましょう。

このように、接続方式によってレスポンスの速度などが変わるので、しっかり確認しましょう。

キースイッチの感覚で選ぶ

キーの構造は、打鍵感に深い関わりがあります。
主なキースイッチは、「メンブレン式」「パンタグラフ式」「メカニカル式(接点接触式)」「メタニカル式(静電容量無接点式)」の4つです。
それぞれに特徴があるため、自分にとって使いやすいキースイッチを見極めましょう。

・メンブレン式
シリコンキャップでキーを押し戻すため、キーボードの中央をきちんと押しこむ必要があります。
安価な分、長時間タイピングをすると指が疲れやすい可能性が高いです。
主にデスクトップに多いと言われています。

・パンタグラフ式
シリコンキャップの周辺にパンタグラフを設置しています。
ノートパソコンで使用されることが多く、キータッチが軽いことが特徴です。

・メカニカル式(接点接触式)
金属のバネで押し戻すため、打鍵感も独特です。
落ちるような感覚なので、特徴的な打鍵感に慣れると使いやすいと言われています。

・メタニカル式(静電容量無接点式)
打鍵感自体は、メカニカル式(接点接触式)と同様です。
しかし、キーを押した際に物理的に接する部分がありません。
ですから、タイピング音がかなり静かになります。

キータッチで使いやすさが左右されるため、要チェックです。

キーボード配列で選ぶ

キーボードの配列は、日本語配列(JIS配列)と英字配列(US配列など)の2種類が存在します。
記号キーの位置が違うので、使い初めだと中々タイピングが上手くいかないことが少なくありません。

また、英字配列のキーボードだと日本語表記・文字変換がないので注意しましょう。
基本的に、今まで使っていた配列が同じキーボードを購入するほうが無難です。

打ちやすさキーボードを選ぶ

打ちやすさに関連しているのは、キーピッチやキーストロークです。
キーピッチとは、キーと隣にあるキーの中央から中央までの距離のことをさします。
一般的なキーピッチは、18.5~19mmとなっています。

ただし、コンパクトサイズであれば15mm程度の場合もあります。
キーピッチが小さすぎると、入力がしにくくなる可能性が高いです。
ですので、キーピッチが18mm以上の製品を選ぶほうが無難でしょう。

また、キーの押し込む深さを表すキーストロークは、デスクトップパソコンの場合は約4mm・ノートパソコンなら約2~3mmが主流です。
キーストロークが適切でない場合、手が疲れやすくなったりミスタイピングが増える恐れがあります。
打ちやすさを重視するなら、キーピッチとキーストロークを合わせて確認しましょう。

ロジクールおすすめキーボード

ロジクールでおすすめのキーボードを紹介します。

Logicool G213
価格は、4800円です。
ゲーミングキーボードを初めて使用する方にも、使いやすく設計されています。
また、早く正確なレスポンスが特徴的で、タイピングが苦手な方でも高速ですることが可能です。

そして耐久性、防水性も高いため飲み物をこぼしてしまうなどのハプニングにも対応できます。ゲーミングキーボードを試したい、入力スピードを上げたいと感じている方に最適です。

created by Rinker
ロジクール
¥7,862(2019/02/20 11:17:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロジクール
¥12,519(2019/02/20 11:17:30時点 Amazon調べ-詳細)

・Logicool ロジクール KX1000s
価格は、12267円となります。
快適な打鍵感、正確で素早いタイピングを求めている方におすすめです。
タイピングに特化した設計なので、入力スピードが遅めな方にもタイピングミスを大幅に減らせます。
また、BluetoothやUSBでの接続も可能です。

しかも、WindowsとMACのどちらでも使用できます。
利便性、タイピングにこだわりがある方におすすめでしょう。

ロジクール KX1000S マルチデバイス ワイヤレスキーボード ブラック
ALLMALL

ロジクールキーボードのまとめ

  • ロジクールとは、パソコンの周辺機器を販売している企業となります。ロジクールのキーボードの主な特徴は、「指のフィット感を重視したインカーブキー」と「ワイヤレスでの通信の遅延や欠落が起こりにくい」ことです。
  • ロジクールのキーボードを選ぶ際は、「接続方式」「キースイッチ」「配列」「打ちやすさ」を確認する必要があります。
  • 接続方式には、有線接続・Bluetooth接続に加えてロジクール独自の無線通信規格「Unifying(ユニファイング)」が存在します。
  • キースイッチには、「メンブレン式」「パンタグラフ式」「メカニカル式(接点接触式)」「メタニカル式(静電容量無接点式)」の4つがあり、打鍵感に大きく関わっています。