拡張現実(AR)を使うことで爆発的にヒットしたスマホアプリ「ポケモンGO」で遊びたくて、スマートフォンを購入する人もいます。

このような時、ポケモンGOに対応しているスマートフォンの条件は何なのか、購入したいiPhoneやAndroidでポケモンGOで遊べるのかということが疑問点としてあげられます。

この記事では、iPhoneでのポケモンGOの対応条件、AndroidでのポケモンGOの対応条件、タブレットの対応条件などについて説明します。

ポケモンGOの対応の条件

スマートフォンを買い替える時、いままでよく遊んでいたポケモンGOが動くかどうか気になりますよね。

ポケモンGOが動かないと、スマートフォンを変えた意味がないという方もいらっしゃると思います。

ポケモンGOは、iPhoneやAndroidに対応している端末があります。タブレットでの条件が揃えば使えることがあるでしょう。

世界が注目しているAR(拡張現実)が気軽に体験できますので、一度は利用してみたいものです。ここではポケモンGOが動作する端末の条件についてご説明していきます。

ポケモンGOがiPhoneに対応する対応条件

iPhoneを買ってポケモンGOで遊びという方も多いと思います。

また、AndroidからiPhoneに乗り換えた時、どのiPhoneでポケモンGOが動くのか説明します。

スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説
iphoneとandroidの違い iPhoneの利点と欠点
androidからiphoneへの移行ってどうやるの?やり方解説

iOS9以上、iPhone 5以上

ポケモンGOの公式サイトによると、iPhoneでポケモンGOを遊ぶには、iOS9以上の端末を選ぶ必要があります。

端末では、iPhone 5以上であれば対応しており、iPhone 4S以前の端末は対応していません。

ポケモンGOの公式サイトでは、「iPhone 5」「iPhone 5c」「iPhone 5s」「iPhone SE」「iPhone 6」「iPhone 6s」
「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の端末に対応しています。

しかし、ナイアンティックより2018年3月1日からiOS11に更新ができない古いiPhoneやiPadではポケモンGOが利用できないと発表されました。

先ほど掲げた端末の中では、「iPhone 5」「iPhone 5c」が対象となります。このような端末を利用している方が、引き続きポケモンGOを利用するためには、対応されている端末に乗り換えることが必要になります。

「iPhone 8」と「iPhone X」については、公式サイトの列挙されていませんが、iOS11ですので、もちろん問題なく動作します。

掲載していないのは、会社側で動作確認がとれていないか、掲載が間に合っていないだけかもしれません。iPhone 8に機種変更して明らかに速くなったとか、アプリが落ちなくなったという声が聞かれますので、安定して動作することは確かです。

ネットワーク

iPhoneでポケモンGOを遊ぶには、ネットワーク接続が必要です。3GまたはLTEなどの4G回線があれば、ポケモンGOを動かすことができます。

もちろんWi-Fiでも利用できますが、Wi-Fiのみだと外で遊ぶときに通信できませんので、基本的には使えないと考えてください。

iPadやiPod touchでも対応OS以上であれば、利用することはできますが、Wi-Fiのみの場合には遊べないと思った方がいいのです。

スマホをwifiのみで使う場合の設定方法と注意点を解説

GPS、位置情報サービス

ケモンGOで遊ぶには、端末にGPS機能が搭載されている必要があります。

ポケモンGOで遊んでいると「GPSの信号をさがしています」などのメッセージが表示されることがよくあります。これは、位置情報サービスで端末の位置を調べているためですので、GPS機能が必須になります。

遊ぶ時には、必ずiPhoneなどの設定画面で表示される位置情報サービスの設定をオンにしておきましょう。

Androidスマホの対応条件

Android端末は、格安SIMなどでも使える数多くの機種が販売されていますので、きちんとポケモンGOが動くのか事前にチェックする必要があります。

格安SIMアダプターの注意点 正しい使用法や使い回す方法を解説
SIMフリー Androidスマホの魅力とは おすすめ機種を徹底解説

Android4.4以上、RAM2GB以上

ポケモンGOの公式サイトでは、Android 4.4以上でRAM2GB以上を搭載したAndroid端末であれば利用可能と表示されています。

さらにIntel製のAtomプロセッサを搭載している端末は対応していません。格安SIMで扱っている端末には、RAM2GB以上の条件を満たさないものがあるので、よく注意してから購入するようにしましょう。

また、ポケモンGOのアプリはよく落ちることがあるので、ほとんど落ちないで使うためには、RAM3GB以上のスマートフォンを購入すると良いでしょう。

ネットワーク

AndroidでポケモンGOを利用するには、ネットワーク接続も必要です。3G、4Gのどちらでも利用できます。

Wi-Fiが利用できる場所では、Wi-Fiを使って通信して遊ぶことができますが、それ以外の場所では使えませんので、基本的には3Gまたは4Gのどちらかの回線が必要です。

GPS、位置情報モード

AndroidでもポケモンGOでは、GPSを使いますので、GPSが使える機種にする必要があります。

Androidの位置情報モードの設定で1点注意事項があり「バッテリー節約」にしているとポケモンGOで「GPSの信号をさがしています」の状態のままとないアプリが動かなくなってしまいます。

Androidの位置情報モードの設定では、「高精度」または「端末のみ」に設定すると上手く動作するようになります。

タブレットの対応条件

タブレット端末などでポケモンGOを利用したいと思う人もいるでしょう。

タブレット端末でポケモンGOをプレイするとスマートフォンよりも大きい画面で遊ぶことができますので、より迫力のあるプレイを楽しむことができます。

一方持ち歩きという面では、スマートフォンの方がすぐれていますので、何を優先するかで利用する端末が決まってきます。

対応OS・CPU

ipadは、公式サイトで正式な動作保証はされていないのですが、iOS 9以上の機種を利用することが必要です。Androidタブレットであれば、Android4.4以上の機種である必要があります。

また、インテル製Atomプロセッサには対応していませんので、そのような機種をさける必要があります。

メモリー

ポケモンGOで遊ぶには、ある程度のメモリーが搭載されている必要があります。少なくとも2GBのメモリーが必要です。

落ちないで安定してプレイするには、3GB以上のメモリーを推奨しますが、最低でも2GBは必要です。

iPhoneが落ちる原因と快適に動かすための対処方法を解説
スマホ不具合の対処方法とandroidに不具合が多く見える理由

カメラ機能・GPSを搭載

また、タブレットにカメラ機能を搭載している必要があります。さらに、当然ですが、ipadであってもAndroidであってもGPS機能は必要です。

ジャイロセンサー搭載

ポケモンGOの特徴に、ARモードで拡張現実(AR)という技術を手軽に体験できる点があります。

拡張現実(AR)はVR(仮想現実)は、ともに期待の新技術として正解の注目をあつめています。ポケモンGOが世界的なヒットになって背景に、かわいいキャラクター達のこともありますが、拡張現実(AR)が簡単に使えるという点が大きいです。

この拡張現実(AR)の機能を利用可能にしているのが、ジャイロセンサーですので、ジャイロセンサーを搭載していない機種の場合、ポケモンGOのARモードが機能しません。

ポケモンGOのアプリ自体が動かなくなる、落ちるということはありませんが、ARモードだけが機能しなくなります。せっかくポケモンGOで遊ぶのですから、拡張現実(AR)を体験し街角にポケモン達がいるような感覚を味わいたいものです。

その他バッテリーなど

ポケモンGOを利用している時のバッテリーの減りも少なくありません。

特にポケモンGOは、野外で長時間プレイすることが多くなりますので、モバイルバッテリーなどを持っていくことをおすすめします。途中でバッテリー切れになり、もう少し遊びたいけど返らなければならないことになってしまいます。

スマホのモバイルバッテリー充電器の選び方 種類と特徴を解説
バッテリーとはなにか スマホのバッテリーが交換できる機種を解説
スマホのバッテリーが長持ちな機種の選び方とおすすめのスマホを解説

ポケモンGOについてのまとめ

  • ポケモンGOは、iPhone、Androidに対応しており、タブレットでも条件が揃えば利用可能です。
  • ポケモンGOに対応しているiPhone端末の条件は、iOS 9以上、3Gや4Gなどのネットワーク、GPS機能などです。
  • ポケモンGOに対応しているAndroid端末の条件は、Android4.4以上、2GB以上のRAM、3Gや4Gなどのネットワーク、GPSなどです。
  • 公式サイトでは動作保証されていないが、ポケモンGOに対応しているタブレット端末の条件は、メモリが2GB以上、カメラ機能搭載、ジャイロセンサー搭載、GPS搭載などです。