1人1台携帯電話を所有する時代ですが、同じ携帯電話の中でも、多くの人が「スマホ」を利用する時代となりました。

その機能の利便性に、陶酔する人が多いことがその理由であり、スマホこそが現代の携帯電話市場における主役でもあるでしょう。

スマホと一口で言っても、その機種の種類は多彩ですが、大きく分けると「iPhone」と「Android」に二分することができます。

中でもiPhone人気は年々高まる一方ですが、改めて考えてみると、その人気の理由がどこにあるのかわからない、という人も多いかもしれません。

知っているようで知らない、そんなiPhone人気の秘密について、これから詳しく解説いたします。

iPhoneとAndroidの違い

iPhoneとは、Apple社が開発しているスマートフォンのことであり、製品名でもあります。

2007年に初代モデルが誕生したことを皮切りに、これまで何種類ものモデルが誕生しました。

スマホの代表的なもう1つのモデルでもあるAndroidとの大きな違いは、搭載されている「OSソフト」の違いです。

スマホには、人間でいう脳の役割を果たすOSソフトが搭載されていますが、両者には違う種類のOSが搭載されています。

Androidには、Google社が開発した「Android OS」が、iPhoneにはApple社が開発した「iOS」が搭載され、この違いこそがiPhoneとAndroidの根本的な相違点です。

iPhoneのメリットとは

高い人気を誇るiPhoneですが、そこには数多く売れているだけの理由が、きちんと存在しているものです。

ここからは、なぜiPhoneがこんなに人気を集めているのか、その理由とメリットについて、詳しく説明いたします。

iPhoneは操作が簡単

iPhoneの1番のメリットは、何といっても操作が簡単な点にあります。

豊富な機種が勢ぞろいしているAndroidと違い、iPhoneはバージョンが違う機種からしか選択できませんが、搭載されているOSがどれも統一されているため、操作が簡単です。

短い期間でスマホを買い替える人は多く、そのたびに操作性が変わるようであれば、再び新しい機種に慣れるのに時間を要してしまいます。

その点iPhoneは、機種変更してバージョンが変わっても、違和感を感じることが少なく、操作に戸惑うこともほとんどありません。

むしろ、長年使用すればするほどiPhone知識が深くなり、数ある機能を余すことなく使いこなせるようになります。

また、複数のボタンが存在しているAndroidと比較すると、iPhoneにはホームボタンしか存在しないため、操作そのものがシンプルで、初心者でも簡単です。

iCloudがiPhoneの強み

iPhoneの機能性を語る上で欠かせないのが、この「iCloud」です。

iCloudとは、同じくApple社が開発しているクラウドサービスのことをいいます。

iPhoneだけでなく、iPadやiPodなどのiOSデバイスと、マックやウィンドウズのパソコン内のデータが、自動的にApple社のサーバーに保存され、情報を共有できる機能です。

自動でデータがバックアップされるため、新しい機種に買い替えた時や、紛失してしまった時でもデータを損失することがなく、安心して利用できます。

その他iCloudには、iPhoneを紛失した時にその他のデバイスから探すことができる機能や、パスワードの作成や、保存と同期ができる設定などもあり、とても便利です。

iPhoneはハイセキュリティー

iPhoneの強みは、高いセキュリティーを誇る点にもあります。

iPhoneの脳でもあるiOSは、最新のセキュリティー対策が施されたバージョンのものが、高い頻度で配信されるため、常に最新状態が保持され安心です。

また、スマホにとって必要不可欠なアイテムでもある「アプリ」についての審査も厳しく、Apple社の厳選なる審査をクリアできなければ、公開されることがありません。

クレジットカード情報やパスワードなどの大事な情報は、暗号化して保管するなど、万全のセキュリティー性を誇ります。

また、前述した便利な機能であるiCloudにおいてもセキュリティー面を強化し、2段階認証システムなどを導入するなど、ユーザーの大切なデータを、不正なアクセスから守っています。

Apple Pay

スマホを財布代わりに利用できる機能が、「おサイフケータイ」です。

チャージしておけば、財布を持ち歩く必要がなく、ちょっとした外出ならスマホ1つで用事を済ませることも可能となるため、便利な機能として多くの人が利用しています。

iPhoneには、そんなおサイフケータイの機能が搭載されていないことが唯一のデメリットでしたが、iPhone 6以降の機種には「Apple Pay」が搭載され、おサイフケータイとして電子マネーやクレジットカードといった決済をすることが可能となりました。

iPhone 7以降の機種になれば、「Suica(スイカ)」を登録してiPhoneをかざすだけで駅の改札口を通過できたり、クレジットカードを登録すれば、カードを取り出すことなくiPhone1つでショッピングなどの決済を済ませることが可能です。

クレジットカードや交通系電子マネーカードを、複数枚所持して持ち歩いたり、紛失の心配をする必要がなく、とても便利な機能となっています。

ただし、すべての電子マネーカードに対応しているわけではなく、Apple Payが対応している電子マネーは「Suica(スイカ)」のほかに、「iD(アイディ)」「QUIC Pay(クイックペイ)」となっているため、利用前には確認が必要です。

iPhoneのは豊富なアクセサリーがある

スマホの周辺機器やアクセサリー類の種類が豊富な点も、iPhoneの大きなメリットの1つです。

スマホケースやイヤホンなど、iPhoneとしての機能を最大限に引き出してくれるアクセサリーがとても充実しています。

Androidと比べてもその種類や数が多いのは、iPhone機種そのものの種類が少なく、ターゲットとなるモデルが限られているため、生産者側としても生産しやすいからです。

そのため、デザイン性にも幅を持たせることが可能となり、実に多彩な数のアクセサリーが存在します。

特に多くの人が利用しているスマホケースですが、数あるデザインの中から人と被らないようなケースが欲しい人はやはり、iPhoneがおススメです。

iPhoneのデメリット

ここまでくると、iPhoneにはメリットしか存在しないようにも思えますが、多少のデメリットも存在します。
i

Phoneに限らず、スマホの購入や買い替えを検討する際には、その機種のデメリットも頭に入れたうえで、検討することが大事です。

機種が少ない

Androidは、Google社がAndroid OSをライセンスフリーという形で提供しているため、様々なメーカーが端末を自由に製造することが可能となり、数多くの機種が誕生しています。

iPhoneはiOSをはじめとして、端末やアクセサリーの製造までのすべてをApple社で行っているため、バージョンの変化はあるものの、機種そのものの種類が豊富というわけではありません。

数ある豊富なラインナップから、自分好みの機種を選択するのが、スマホを利用するうえでの楽しみでもありますが、iPhoneにはその数が少ない点が、デメリットの1つでもあります。

できるだけ多くの機種からスマホを選びたいという人には、少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

iPhoneは高価格

Androidには数多くの機種があり、格安スマホと呼ばれる低価格スマホから、高価格のスマホまで存在しています。

それに対しiPhoneの機種には、Androidほどのバラエティーはなく、価格も高価格なものばかりです。

十数万円前後するものもあるため、高価格であるがゆえに、なかなか手が出ないという人も多いことでしょう。

また、イヤホンや充電ケーブルなどの周辺機器やアクセサリー類も、Apple製の純正品にすると、価格が高価格となってしまいます。

他の機種と比較すると、高価格となる傾向がiPhoneのデメリットでもありますが、キャリアごとに実施される割引キャンペーンや、下取りキャンペーンなどを利用すると、価格を抑えて購入することも可能です。

SDカートが使用不可

AndroidはSDカードが使用できるため、たとえ本体そのもののデータ容量が小さくても、さほど問題ではありません。

iPhoneにはSDカードが使用できないため、後から容量を追加するという手段が選択できず、多少不安を感じてしまうこともあります。

ですが、iPhoneにはiCloudというデータ保存方法があるため、実際は容量の心配をする必要もほとんどありません。

容量不足の原因となる大量の写真や動画は、iCloudに同期してしっかり保存されるため、安心です。

iPhone メリットについてのまとめ

  • ほぼ毎日使うものだからこそ欠かせない「操作性」や、スマホを安心安全に利用するために必要不可欠な「ハイセキュリティー」をしっかり兼ね備えていることが、多くの人気を集めている理由です。
  • Androidに及ばない点があるものの、それをデメリットと感じるかiPhoneならではの個性と感じかは人それぞれであり、自分がスマホに何を求めているのかでメリットやデメリットも変わってきます。
  • iPhoneにもメリットやデメリットはありますが、これから先も次世代を担うスマホとして、私たちの生活に恩恵をもたらしてくれるものであることに、間違いはありません。