記事元 DOREKAU-ドレカウ-

 

Androidスマホを使っていてiphoneへの移行を考えていても、データの移行ができるか不安で買い替えをできない人もいるでしょう。そんな悩みを、ここで解決していきます。

アプリを使うandroidからiphoneへの移行、LINEや写真・動画の移行の仕方もご紹介します。この記事を通して、安心してスマホを買い換えられます。

失敗しないandroidからiphoneへの移行

androidからiphoneへの移行は、アプリを使えばWiFi環境があるところでじっくりと間違いのないように自分でできます。

Androidスマホのデータをアプリでバックアップして、それをiphoneで復元するという仕組みです。おすすめのデータ移行のアプリを3つご紹介します。

Move to iOS

「Move to iOS」は、iphoneにプリインストールされているアプリです。このアプリでは、連絡先、メッセージ、カレンダー、ブックマーク、カメラロール、Googleアカウントと基本的なものを移行することができます。

Androidスマホも移行先になるiphoneも近くにあること、AndroidスマホもiphoneもWiFiにつながっていること、iPhoneが初期設定の途中になることが条件になります。

すでにiphoneを設定してしまっている場合には、必要なデータのバックアップをしてリセット(初期化)するといいでしょう。

まずは、AndroidスマホにGoogle Playから「Move to iOS」をダウンロードします。インストールされたら、アプリを開き手順に従て進めていきます。「コードを検索」の画面まできたら、今度はiphoneを操作します。

iphoneは初回起動時、またはリセット後の初期設定で操作をします。「Appとデータ」の画面で「Androidからデータを移行」、「続ける」をタップすると10ケタのコードが現れます。

そのコードをAndroidスマホに入力すると「データを転送」の画面が開き、移行できる6種類の項目を選択できるようになります。

データ送信が完了すると表示がでますが、先にAndroidスマホに「転送が完了しました」と出ます。その後、iphoneの方にも表示がでたら、初期設定を終わらせるとAndroidスマホからiphoneへのデータ移行が完了しています。

「Move to iOS」はiphoneの公式アプリなので、この移行方法が一番のおすすめです。

JSバックアップ

「JSバックアップ」というアプリは、無料版と有料版があります。

有料版は、360円で5GBまで移行できるので、画像や動画などの重いデータ移行やアプリの引継ぎが簡単にできるのがおすすめです。

また、Androidスマホに表示されるQRコードをiphoneで読み込むことでできる簡単さは、なるべく難しい操作をしたくない人にはうれしい機能でしょう。

Yahoo!かんたんバックアップ

「Yahoo!かんたんバックアップ」も、連絡先や画像を移行するのに復元アイコンタップのみな簡単さがいいでしょう。

また、初回起動時のみYahoo! IDやパスワードの入力さえすれば、次回以降は起動するたびにバックアップを取れるという便利さもあります。

androidからiphoneへのLINEの移行

LINEをスムーズにiphoneに移行するには、AndroidスマホでLINEの「メールアドレス登録」か「Facebook連携」をさせれば、簡単にできます。

「メールアドレス登録」は、「友達」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」でできます。

メールアドレスはキャリアのアドレスではなく、GmailやHotmailなどにするとスムーズです。新しいiphoneに電話番号がない場合には、「Facebook連携」をするようにしましょう。

さらにその後、Androidスマホでアカウント引継ぎ設定をONにする必要があります。ONにした状態は24時間で解除されるので、iphoneがすでに初期設定が済んでからONにするのがおすすめです。手順としては、「友だち」→「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」→「アカウントを引き継ぐ」をONにします。

新しいiphoneでは、Androidスマホで設定した時のメールアドレスかFacebook連携でログインすれば、スムーズに移行できます。

移行できないデータ

OSが違うスマホ間では、移行できないデータがあります。LINEのトーク履歴、LINEコイン残高、チャージ済みのLINE電話のコールクレジット、通知音の設定は移行できないので注意しましょう。

androidからiphoneへの写真・動画の移行

写真や動画の移行は、使う移行アプリによってデータ移行で同時にできないこともあるでしょう。スマホのみで写真・動画を移行できるアプリとして、「Dropbox」がおすすめです。

Androidスマホで「Dropbox」をダウンロード、データをファイルとしてまとめて保存します。iphoneでも「Dropbox」をダウンロードして、Androidスマホで作ったのと同じアカウントにログインします。Androidスマホから保存したファイルが確認できるので、タップして移行する画像をチェックします。

それから、送信マークをタップすることで「“Dropbox”が写真へのアクセスを求めています」というメッセージにOKを選択すると、データをiphoneに落とすことができます。これで、Androidスマホにあった写真や動画がiphoneにダウンロードされています。

ガラケーの移行については以下の記事で解説しています。

スマホからガラケーに変える人の心理 変更にかかる時間と変更の方法
ガラケーからスマホへ電話帳データや画像データを移行する方法を紹介

スマホのデータ移行 まとめ

失敗しないandroidからiphoneへの移行方法は、アプリを使えばWiFi環境があるところでじっくりと間違いのないように自分でできます。

「Move to iOS」は、iphoneにプリインストールされているアプリで一番のおすすめです。このアプリでは、連絡先、メッセージ、カレンダー、ブックマーク、カメラロール、Googleアカウントと基本的なものを移行することができます。

「JSバックアップ」というアプリは、有料版が360円で5GBまで移行できるので、画像や動画などの重いデータ移行やアプリの引継ぎが簡単にできるのがおすすめです。

「Yahoo!かんたんバックアップ」も、連絡先や画像を移行するのに復元アイコンタップのみな簡単さがいいでしょう。

androidからiphoneへのLINEの移行は、AndroidスマホでLINEの「メールアドレス登録」か「Facebook連携」をさせれば、簡単にできます。ただし、OSが違うスマホ間では、LINEのトーク履歴、LINEコイン残高、チャージ済みのLINE電話のコールクレジット、通知音の設定は移行できないので注意しましょう。

androidからiphoneへの写真・動画の移行には、スマホだけで完結する「Dropbox」がおすすめです。

スマホの通信費お困りではありませんか? マナラボの格安SIM診断へ