今や私たちの生活にとって欠かせない存在となったのがスマホです。

めまぐるしく変化を遂げ、最新のテクノロジーや機能を搭載したモデルが、次から次に誕生しています。

そんなスマホの心臓部ともいえるのが「バッテリー」です。

このバッテリーが、どれだけ長い期間正しく機能するかがスマホの使い勝手を左右し、さらには、私たちのスマホライフにも大きな影響を与えます。

近年市場に多く出回っている「格安スマホ」ですが、バッテリー一体型のスマホが増えるなか、格安スマホでもバッテリー交換できる機種が躍進中です。

スマホとバッテリーの関係性に触れながら、バッテリー交換ができる格安スマホの機種を、詳しく紹介いたします。

そもそもバッテリーとはなにか?

いつも何気に見ているスマホのバッテリーは、言うまでもなく消耗品であるため、そのため、購入した時から消耗は始まり、経過年数と共に劣化していきます。

どの程度劣化したかは、フル充電したのちの持続時間ですぐにわかり、フル充電しても数時間程しか持続できなくなれば、そのバッテリーは即ち「寿命」を迎えたということです。

充電を繰り返せば繰り返すほど消耗し、劣化は激しくなります。

バッテリーの寿命を少しでも長くするような使い方をすることが、スマホユーザーの使命でもありますが、寿命のタイミングを見極めることも、同等に大事なことです。

交換すべき適切なタイミングを見計らい、バッテリーの交換をすることは、スマホを長い期間利用するうえで、決して欠かすことのできないメンテナンスでもあります。

バッテリーの交換はできないタイプもある

スマホのバッテリーには、交換できるタイプのものと、交換できないタイプのものがあります。

スマホの使用頻度や、コンテンツの利用率が高いヘビーユーザーほど、バッテリー交換できるタイプのスマホがオススメです。

交換できるバッテリー

消耗品であるバッテリーを消耗しきってしまえば、機種本体はまだまだ利用可能であっても、スマホとして活用し続けることは難しくなってしまいます。

だからこそ劣化具合に合わせて、適切なタイミングでバッテリーを交換すれば、長い期間にわたって、お気に入りのスマホを使い続けることが可能です。

ですが、近年のスマホは、短い期間でめまぐるしく進化しているため、数年経過しただけですでに古い機種となってしまいます。

古い機種となるとバッテリー自体の生産がストップし、交換ができなくなることもあるため、注意が必要です。

交換できないバッテリー

一方、バッテリー交換不可タイプのスマホとは、即ちバッテリーが内蔵されているタイプのスマホです。

ここ最近のスマホは、このバッテリー内蔵型が増加する傾向にあります。

内臓バッテリータイプは、自分で交換することができないため、交換したい時には販売店に依頼することになり、ある程度の時間を要することがほとんどです。

多くの場合、預かりから引き渡しまでに1週間から2週間ほどかかるため、事前に期間について確認しておくと安心して依頼できます。

格安スマホ

近年よく耳にするようになった「格安スマホ」とは、いわゆる大手の携帯電話会社よりも月々のデータ通信料や支払い料金が低料金となっているスマホのことをいいます。

大手のように独自の通信回線を持たず、回線を借りて通信サービスを行う点が特徴であり、スマホと「格安SIMカード」をセットで使うことで、費用を抑えるという仕組みです。

そんな格安スマホを使うことで、月々のスマホ利用料を抑えることが可能ですが、より長く大事に使うためには、バッテリーの交換が可能な機種を選ぶ必要があります。

スマホにかかる費用をとにかく抑えたいという人や、コスト感覚が鋭い人ほど、バッテリー交換が可能な格安スマホがおすすめです。

格安スマホでバッテリー交換できる機種

ここからは、格安スマホでありながらバッテリーの交換ができる機種を紹介いたします。

MOTO G5

MOTO G5とは、レノボの傘下にある「モトローラ」から発売されている格安スマホです。

モトローラの格安スマホは、「MOTO X」「MOTO Z」「MOTO G」の3種類が展開され、MOTO G5は、MOTO Gシリーズの最新モデルとして発売されたモデルです。

MOTO G5のバッテリーは、1回フル充電すると終日しっかりと持続できることが特徴の1つです。

わずか15分の充電で、最長にして4時間も持続させることができます。

1300万画素高速オートフォーカスカメラは、大人数でも自撮りができる広角レンズを搭載し、肌がきれいに撮影できる機能が搭載されているところも、注目すべき点です。

ワンポイントアドバイス
付属されているACAアダプタを使用すれば、高速充電をすることも可能となり、急なバッテリー切れが起きても安心です。

 

ASUS ZenFone Go

エイスースは中国に本社を構え、パソコンやパソコンのパーツ、周辺機器製品を取り扱う会社です。

ZenFoneは、エイスースから発売されているスマホシリーズの1つとして、人気を集めています。

ZenFone Goのバッテリーは、3,010mAhの大容量となっており、1日じゅうインターネットや動画などのあらゆるコンテンツを利用しても、満足いくまで使えるバッテリーです。

人間工学に基づいて作られたデザイン性により、誰の手のひらの中でも簡単に操作することができるだけでなく、わかりやすい画面表示で視認性の確保も忘れていません。

外観にもこだわり、カラーバリエーションが豊富で、鮮明なディスプレイやクリアな高画質を実現しています。

ワンポイントアドバイス
カメラ機能にもこだわっているため、様々なモードで写真撮影ができ、高画質のカメラでプロも顔負けのような写真撮影も可能です。

g06+

g06+は、gooのスマホシリーズとして展開されているブランドです。

前モデルのg06からOSがバージョンアップし、メモリーやストレージが増量されています。

LTEに対応している点は評価できますが、バッテリー容量は1700mAhとなっており、使用頻度が高いヘビーユーザーは、少々物足りなさを感じるかもしれません。

手に収まりやすい4インチというサイズは、子供の手にも操作しやすく、子供がはじめて持つスマホとしても人気を集めています。

リーズナブルでコンパクトな点が注目され、セカンドスマホや予備スマホとして持つ人が増えています。

ワンポイントアドバイス
カラーバリエーションがとても豊富で、標準装備の赤色とは別にもう1枚好きな色の背面カバーが選べるため、カラー選択が楽しくなります。

FREETEL KATANA01

フリーテルとは、MAYA SYSTEMが発売しているスマホブランドです。

前身のプラスワン・マーケティング株式会社がサービスを開始したのが2015年と、まだまだ歴史の浅いブランドでもあります。

SIMの回線速度もよく、切り替えも可能となっているため、データ量を節約することもできますが、バッテリーの容量は、1700mAhと少々少なめです。

また、使用料に合わせて料金を支払うという特徴的なスタイルは、インターネットの使用量が少ない人ほど向いています。

Windows10が搭載され、初期設定がとても楽にできるとして、人気が高くなっている格安スマホです。

ワンポイントアドバイス
パソコンやタブレットのWindows10と同様の操作設定がされているため、スマホでも簡単に操作することができます。

FLEAZ Que

FLEAZ Queは、コヴィアから発売されている格安スマホのブランドです。

安価でありながら、方角を認識するためのジャイロセンサーと電子コンパスを搭載しているため、今流行のゲームも充分満喫することができます。

USB OTGにも対応しているため、パソコンを介さずにUSBに対応する機器同士を接続することも可能です。

バッテリーの容量は、2,200mAhで大容量となっているため、充電切れを気にする必要がありません。

RAMやストレージは、必要最低限レベルでの機能が搭載されていることから、用量を把握しながら使用する必要があります。

ワンポイントアドバイス
サイズ感にもこだわっているため、手にした時に「心地よい」と思える、ちょうどいいサイズに仕上がっています。

電池パック交換とデータ

バッテリーの交換ができるスマホは、そのスマホを長期間愛用したい人にとってとてもありがたい機能ですが、その一方で心配なこともあります。
それは、バッテリー交換時のデータ消滅です。

iPhoneやAndroidは、修理が目的で店頭に持ち込むと、初期化されてしまい、データが消去されてしまうことを告げられることがあります。

特にAppleにおいては、修理だけではなくバッテリー交換を依頼しても、データが初期化されて戻ってくるため、注意が必要です。

それ以外でのバッテリー交換は、バッテリーのみを交換することになるため、データが消去されることはありません。

ですが、精密機器でもあるスマホの操作には、どんな不具合が発生するかわかりません。

バッテリー交換や修理を依頼する際には、念のため「バックアップ」を取っておくと安心です。

スマホのバッテリー交換についてのまとめ

  • スマホは、様々な精密な部品から成り立っている機器です。
  • 一部の部品が消耗したり、劣化してしまうことでスマホ本体が使用できなくなってしまうのは、機器としてはある意味しかたのないことかもしれません。
  • ですが、消耗したら使えなくなるとわかっている部品ならば、交換が可能なものを使用するに越したことはありません。
  • バッテリーもその中の1つであり、交換することでまた新しいスマホとして生まれ変わることができます。
  • 大事に使うことが大前提ですが、時期が来たら新たなバッテリーに交換することで、1つのスマホという機器を、いつまでも大事に使用し続けることが可能となります。