ASUS/ZenFoneの概要と歴史

ASUSから発売されているZenFoneという携帯は、日本の禅が語源です。Zenという文字は、「禅」の読みとかける事ができるでしょう。

そして、それがZenFoneという携帯が作られた経緯です。この携帯を作るに当たって、日本の禅には2つの含みがあるという考え方があり、その1つは美しさです。

いわゆる心の美しさです。それと平和な気持ちです。禅は心に対して平和な感覚を生み出してくれるというコンセプトがあります。

つまり多くの方々を平和な気持ちにするスマホであり、見た目も美しいのが望ましいという考え方により、ZenFoneという機種が開発されるに至りました。

実際ZenFone4という携帯は、画素数に大きな特徴があります。リアカメラの画素数500万であり、フロントカメラは30万という性能を誇っています。

ZenFone4という機種が登場したのは、2,014年になります。この当時のスマホとしては、とても美麗な画像を表現してくれるスマホです。そのような機種を開発したいというコンセプトの下で作られた携帯、という事になります。

2,014年には、ZenFoneは様々なバージョンが登場しています。例えば同じ年の11月には、ZenFone5が発売されています。日本語の文字入力に向いているアプリが採用されている他に、シャッターの音も消えない携帯になります。

2年後の2,016年の1月には、ZenFone ZOOMという製品も登場しています。リアカメラの部分に、3倍に拡大できる機能を備えているレンズが実装されているのが特徴的です。

その他にも様々なスマホが登場しましたが、最新の機種はZenFone 4になります。内部メモリが6GBのスマホである上に、最新の通信手段に対応している機種です。

このようにZenFoneには様々な機種はありますが、いずれもフォルムの美しさに特徴があるスマホになります。

ASUS/ZenFoneの特徴

ASUSのZenFoneには、手ぶれに関する特徴があります。

スマホで撮影していますと、たまに写真の出来栄えに関する問題点が生じてしまう事もあります。なぜなら手ぶれによって、見た目に難がある画像データが作られてしまう事もあるからです。美麗な画像を作成したいと望んでいる時には、それは大変困ります。

しかしZenFoneというスマホの場合は、その手ぶれを調整できる機能が備わっているのです。それだけに、美麗な画像も作成されやすい傾向があります。他社から販売されている携帯と比べると、美しい画像を作成可能だと評価されている事も多いです。

それとZenFoneには、電力に関するメリットもあるのです。外出先などでスマホを長時間使用していると、電池が切れてしまう場合があります。それで物足りなさを感じている方々も少なくありませんが、その点ZenFoneは問題ありません。

他社から発売されている携帯と比べると、バッテリーが長持ちするためです。

またZenFoneには、充電の早さに関する特長もあります。実に36分間で、50%近くまで充電できる携帯です。他社から発売されている携帯ですと、50%近くの充電が完了するまでは、もう少し時間がかかる事もあります。その点ZenFoneなら、高速充電が可能です。

ASUS/ZenFoneの価格帯

価格帯
ASUS/ZenFone
¥16,000~47,000

 

一番新しいモデルは、ZenFone4になります。現時点での価格ですが、約47,000円に設定されています。お店によって販売価格は若干異なりますが、少なくとも最安値は47,000前後という事になります。

ただし現時点で発売されているZenFoneにも、様々な機種はあります。それぞれ発売価格も異なるのが実情です。例えば現在販売中で一番古いモデルは、ZenFone2となります。メモリも32GBの機種ですが、価格は16,000円前後となります。

またZenFone3MAXという機種の場合は、約2万円前後に価格設定されています。

ですからZenFoneは、その機種の具体的なバージョンによって価格も異なります。現時点では様々な機種は販売されていますので、価格帯も多彩です。総合的に見れば、16,000円から47,000円という価格帯になります。