かつて携帯電話各社が実施していた「スマホ実質0円」やキャッシュバックなどの大幅な値引きが、総務省の指導で廃止されたこともあり、最近のスマホは庶民がおいそれと買える価格ではなくなりました。

最新のiPhoneを例にとると、新規契約の機種代金は一括払いで12万円以上。しかも値引きはないと言われると、一般庶民はあきらめるしかありません。

それでもなんとか安く買えないものかと思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは最新のスマホを少しでも安く手に入れる方法について解説します。

MNP契約や機種変更でスマホを安く手にいれる

大手携帯電話会社から新しいスマホを購入する場合、新規で契約するか、それとも現在契約中の携帯を機種変更するか、あるいはMNPで他社に移行するかによって、機種代金が変わってきます。

ちなみにMNP(モバイルナンバーポータビリティ)とは、携帯の加入者が電話番号を変えずに別の携帯電話会社に契約を移行することです。

携帯各社は新規ユーザーを他社から引き抜くために、MNPの契約者に一定の優遇措置を設けています。

もちろん他社に移行しない長期ユーザーにも機種変更の優遇措置はありますので、すでに携帯やスマホを持っている人は、MNPか機種変更のいずれかを選ぶことになります。

ただし最近のMNP契約には目立った割引はなく、むしろ乗り換えるタイミングによっては解除料が発生し、かえって高くつく場合もあります。

またMNP契約には、転出手数料と契約事務手数料も発生しますので、新しいスマホを購入するためにMNPを利用したい場合は、乗り換え費用も含めてコスト的なメリットがあるかどうかを判断しましょう。

現在は機種変更の方が無難

新しいスマホを購入するときにMNPがいいか、それとも機種変更のほうがいいかは悩ましい問題です。

現状では、MNPと機種変更の割引率に大きな差はありませんので、MNPの手続きに必要な手数料や解除料を考えあわせると、機種変更の方が無難といえるでしょう。

また現在の携帯で家族割引サービスに加入している人は、家族で同時に機種変更すると割安になります。

格安スマホを本体のみで購入する方法

大手携帯電話会社のスマホ価格が高くなりすぎた反動もあって、SIMフリーの格安スマホでじゅうぶんだと考える人が増えています。

もともと格安スマホはMVNOが提供するSIMカードとセットで購入するのが基本でしたが、SIMカードの普及にともなって、格安スマホが本体のみでも購入できるようになりました。

ちなみにMVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と呼ばれています。

MVNOは大手携帯電話会社の回線を借りて、自社のネットワークを仮想的に構築しているために通信料金が安く、しかも通話できるエリアは大手と同じです。

日本では「楽天モバイル」「U-mobile」「UQモバイル」「イオンモバイル」「IIJmio(みおふぉん)」などの通信会社がMVNOに該当します。

格安スマホを購入する場合は、これらMVNO各社が発売している格安スマホをSIMカードとセットで購入するのが一般的ですが、家電量販店やオンラインショップでSIMフリーの格安スマホを本体のみで購入することも可能です。

SIMフリーの格安スマホを新規購入する

格安スマホを手に入れる最も一般的な方法は、MVNO各社が扱うSIMフリースマホを新規で購入することです。

基本的にはSIMカードの回線契約とセットで購入することになりますが、イオンモバイルやIIJmio(みおふぉん)のように格安スマホを本体のみでも販売しているMVNOもあります。
イオンデジタルワールド SIMフリー端末

中古の格安スマホを購入する

スマホを割安で購入したい人は、中古を選ぶという方法もあります。中古スマホは、新品のスマホの一括購入に比べると、かなり割安な価格で手に入れることができます。

ただし中古スマホは数が限られているため、ほしい端末が見つかるとは限りませんし、状態も良いものばかりとは限りません。しかも中古品にはバッテリーの劣化やプラグの接触不良といったトラブルも多く、保証期間も限られますので、製品の状態をしっかりチェックしてから購入しましょう。

なお総務省の指導により、2019年の7月から中古品でもSIMロック解除が義務づけられることになりました。これによりスマホの中古市場がますます活性化することが予想されます。

大手家電量販店で購入する

SIMフリーの格安スマホは、ネット通販や大手家電量販店でも購入することができます。

ネット通販はカカクコムで最安値のショップを調べたり、他の機種と機能や価格を比較したりすることが簡単にできますが、家電量販店では実物に直接触れて、機能や使い勝手を確かめることができます。

格安スマホはネット通販よりも家電量販店で購入することをおすすめします。

安く手に入るiPhoneは旧型でも高性能

2007年に登場して以来、世界のスマホをリードしているiPhone。今年も新製品の発表時期が近づいていますが、最近では、iPhoneの新モデルが発表されると旧モデルの販売が伸びる、という皮肉な話も聞かれます。

iPhoneの場合、iOSという基本ソフトをバージョンアップすれば、旧モデルでも新機能のほとんどを利用できるため、旧型のスマホでも不足はありません。

そのせいか、2017年にアップデートされたiOSが、古いiPhoneの動作を意図的に遅くしていたことが明らかになり、製造元のAppleは大きな批判にさらされました。

Appleはこの問題について、旧モデルのバッテリーの劣化を防ぐための対策だったと説明しています。

Androidスマホの狙い目はXperia X Performance

Android系で最も人気が高いスマホが、ソニーのXperiaシリーズです。

最新のXZシリーズも好評ですが、最上級のモデルだけに価格もそれなりで、簡単には手が出せません。

そこでおすすめしたいのが、旧モデルのXperia X Performanceです。発売からすでに2年以上経過していますが、バッテリーの保持能力が落ちにくい長寿命技術を採用していて、未使用の新品であれば、2年使ってもバッテリーはほとんど劣化しません。

またカメラの性能も最新機種に劣りませんので、コスパは最高のスマホです。

ただしドコモとauはすでにXperia X Performanceの販売を終了しており、現在ではソフトバンクか中古ショップでしか購入することができません。ソフトバンクユーザーか、MNPでソフトバンクに乗り換えたい方はぜひ検討してみてください。

まとめ

  • 総務省の指導によって携帯電話各社の端末値引きサービスが廃止され、スマホの販売価格が上昇した。
  • スマホを安く手に入れたいなら、MNPか機種変更サービスを利用するとよい。
  • MVNOの格安スマホはSIMの回線契約とセットで販売されるのがふつうだったが、現在ではSIMフリーのスマホ本体のみを購入することができる。
  • スマホを安く入手したい場合、中古スマホを購入するという方法もある。
  • 格安スマホはネット通販や大手家電量販店で購入することができる。
  • 中古スマホに不安を感じる人は、型落ちの新古モデルを購入すると、比較的安く手に入れることができる。