HUAWEI/Mateの概要と歴史

Huawei(ファーウェイ)は、2,014年からmateというスマホを発売しています。mateが登場した経緯は、スマホの費用対効果です。

もともと開発メーカーとしては、性能が優れたスマホを提供したいという願いがありました。中でもカメラの性能を充実させるべきというコンセプトがあります。

性能だけではなく、価格に関するコンセプトもありました。性能は十分充実させた上で、リーズナブルなスマホなどが望ましいというアイデアがあり、mateが誕生するに至りました。

mateの歴史ですが、一番最初のスマホは2,014年の10月に発売されています。具体的にはmate7という機種になりますが、まずそのデザインに特徴があります。

とてもスタイリッシュなデザインが採用されている上に、ディスプレイにも特徴があります。

画面で表示できる画像は、総じて美麗です。また後続のモデルにも継承される、カメラの機能にも特徴があります。たとえ暗い場所でも、はっきりとした画像を撮影できる機能を備えています。

その後も、mateの新しいスマホが次々と発売されていきます。2016年にはmate9という機種も誕生していて、mate7よりも32GBほど容量が大きく、64GBになります。翌年の2,017年の11月には、さらにその2倍の128GBのスマホも発売されています。

このように色々なスマホは発売されましたが、現行の最新の機種はmate10 proになります。今までよりもカメラの機能が充実していて、手ぶれにも強いスマホです。また画面も奥行きが感じられる機種で、その映像は高く評価されています。

このように2,014年から様々な機種は登場しましたが、mateの全てのスマホに共通しているのは、カメラの性能が優れている事です。それでいて価格もリーズナブルな機種になります。そのようなコスパに優れたスマホを開発したいという経緯があり、発売されました。

HUAWEI/Mateの特徴

Huaweiのmateというスマホには、暗さに関する特長があります。たとえ暗い場所でも、問題なく撮影可能な機種です。

mateのスマホには、カメラの機能が実装されています。ただカメラでしたら、他社によるスマホにも実装されているでしょう。mateの場合は、暗い場所でも撮影可能という特徴があります。

具体的には、mateにはLeicaダブルレンズが採用されています。暗がりにはとても強いレンズなので、特に明るさを気にせずに撮影できます。

他社のスマホですと、暗い場所では撮影が困難であるため、場所の配慮が必要な事もあります。しかしmateならば、多彩な場所で撮影できます。

また適度にボカす機能にも特徴があります。カメラで画像データを作成したい時には、一部分を故意にボカしたくなる事もあります。他社のスマホですと、ボカす機能が特に実装されていないので、希望通りの画像作成が難しい事もあります。

しかしmateならば、上手くボカせる機能が完備されていますから、自分が望む画像も作成しやすいです。

mateには、価格にも特徴があります。総じて低めに価格設定されていて、4万円台半ばで購入できるスマホもあります。その割にカメラの機能が非常に充実しているのが、mateの特徴です。

HUAWEI/Mateの価格帯

価格帯
HUAWEI/Mate
¥35,000~75,000

現時点では、mateの最新の機種はmate10 proになります。その価格帯ですが、1,240円の48回払いに対応しているスマホです。ですから実質的なスマホの代金は、総額59,000円台半ばという事になります。

ただし、それはmate10 proという機種の代金です。現時点では、mateの機種は色々発売されています。具体的にどの機種を購入したいかにより、料金も変わってきます。

例えば同じmate10のliteというスマホですと、価格は35,000円前後になりますし、mate9は約53,000円に価格設定されています。

ちなみに数あるmateのスマホの中でも、上述のmate10のliteが一番格安で、一番高い機種でも75,000円前後に高く設定されています。ですからmateの価格帯は、35,000円から75,000円になります。

格安SIMアダプターの注意点 正しい使用法や使い回す方法を解説
SIMフリー Androidスマホの魅力とは おすすめ機種を徹底解説
スマホの料金が高い場合の原因と料金を節約するための方法
スマホはどこで購入するとよいか よいタイミングと安く購入する方法