料理をする人にとって、手早く料理の下ごしらえができるフードプロセッサーは人気の商品です。

フードプロセッサーとはどんなものか、フードプロセッサーとミキサーの違いは何なのか、フードプロセッサーとブレンダーの違いは何なのか、フードプロセッサーとジューサーの違いは何なのかということが疑問点としてあげられます。

この記事では、フードプロセッサーとは、フードプロセッサーとミキサーの違い、フードプロセッサーとブレンダーの違い、フードプロセッサーとジューサーの違いなどについて解説します。

フードプロセッサーとは

フードプロセッサーとは、モーターで刃を回転させることで、食材を切り刻んだり、混ぜたりする調理器具です。

容器に食材を入れてスイッチを押すだけで、面倒なみじん切り、ペースト、すりおろしなどがすぐに作れます。

包丁を使って手作業で切り刻むより、完璧に素早くできるのです。

いつも忙しい主婦にとって料理の下準備を時短してくれるフードプロセッサーは大変助かります。特に離乳食を作る場合には、フードプロセッサーが欠かせません。

パナソニック フードプロセッサー「MK-K81」

おすすめしたいフードプロセッサーにパナソニックの「MK-K81」があります。

口コミでも高い評価を得ており、永遠のベストセラーなんて言葉もあります。切れ味の決め手となるカッタには、チタンよりもさらに硬いブラックハードチタンを使用しています。

また、新食感で粗くおろせる「鬼おろしカッター」があります。また、この鬼おろしカッターで切ると、抜群な切れ味のため食材の水分が出にくく、素材のシャキシャキとした食感をそのままにできるのです。

高速、あらびき、低速と3つのモードがあるためカットの仕方も多彩です。粗おろし、きざむ、する、混ぜる、おろす、こねる、せん切り、スライスなどカッターを付け替えることで、色々なカットができるのです。

使い易さにも充分配慮されており、コードがすっきり収納出来るようになっています。ただ頼もしいパワーを持っているのでそれなりの音がしてしまうことを覚悟する必要があります。ただ基本性能はとにかく素晴らしく、No1との評判なのです。

フードプロセッサーとミキサーの違い

フードプロセッサーとミキサーは、最近基本性能がどんどん上がり、それぞれの違いが無くなってきています。どちらも揃えるのが理想的ですが、経済性と収納スペースの問題からどちらか一台、用途に合ったものを選ぶという方法もあるのです。

フードプロセッサーのメインの機能は、料理の下ごしらえです。ミキサーよりも刃が容器のほぼ全体に届くため、お肉やお魚などの粘りの強い食材のカットも可能なのです。ミキサーと比較したカットの特徴しては、フードプロセッサーの方が大分粗く仕上がるのです。

対してミキサーが作れるのは、スープやジュースなどがメインです。野菜や果物などに水分を加えてジュースなどを作ることができるのです。

また、食材をペーストにした初期の離乳食を作ることもできるのです。ただ、ミキサーは氷を入れて動かすと刃がかける可能性がありますので、氷を使ったものを混ぜるのは避けましょう。

商品によっては氷対応というものもありますので、氷を入れたい場合には、このような商品を購入する必要があります。

また、ミキサーの刃は下の方についていているため、キウィやバナナなどミキサーの側面にくっつき易い食材の場合は、うまく混ざらないことがあります。

テスコム「TM8200」

テスコム「TM8200」は、評判のよいミキサーです。

シンプルでシックなデザインで人気があります。大型波刃ブラックチタンカッターチタンカッターを装着でき、クラッシュアイスを簡単に作ることができます。スイッチを回すだけの簡単操作なので、ボタン式よりも使いやすくなっています。

パワーも十分で、たくさん詰め込んでもしっかりジュースにしてくれるのです。分解が簡単なのでお手入れもしやすく、使いやすいと評判です。毎朝、フレッシュな野菜や果物をたくさん使い健康スムーズだってすぐに作れるのです。

フードプロセッサーとブレンダーの違い

フードプロセッサーとブレンダー、どちらもモーターで刃を回して食材を細かくするという点では同じです。さらにミキサーとブレンダーは似ているので違いが分からない人が多いと思います。

実は、ミキサーとブレンダーは同じものです。英語では、どちらもブレンダーと呼び全く同じものなのです。しかし、ミキサーと呼ぶものがあり、大型でジュースやスムージーなどを作るのを得意としているのです。

最近は海外メーカーの商品が増えてきたこともありブレンダーの方が一般的になっているのかもしれません。

ブレンダーでよくあるのが、手持ちタイプのハンドブレンダーです。

マルチブレンダーやハンドミキサーと呼ばれることもあります。このハンドブレンダーは、手持ち出来るので、直接鍋に入れられるという使い方ができます。

ミキサーに比べてコンパクトなので、収納にも場所を取らない、軽くてお手入れしやすいという特徴があります。大量の下ごしらえにはフードプロセッサーにかなわないですが、離乳食の作成、ポタージュやスムージー、卵や生クリームの泡だてなど色々な使い方ができるのです。

ブラウン「マルチクイック MQ735」

人気の高いブレンダーにブラウン「マルチクイック MQ735」をご紹介します。

お洒落でシックなデザインでキッチンにあるとかっこいいです。持ち手部分の握る力を変えるだけで回転のスピードを調節でき、非常に使いやすいと評判です。

数々の専門機関からも表彰されており、評価の高い商品なのです。

基本機能として、食材をつぶす、混ぜるということができ、アタッチメントを組み合わせることでフードプロセッサーや泡立て器のような使い方もできます。

スプラッシュコントロールテクノロジーを搭載しており、飛び散りを防止。キッチンや衣服を汚す心配が少ないのです。

また、食洗器にも対応しており、お手入れも簡単にできるのです。このように色々使えるブラウンの「マルチクイック MQ735」は、口コミでの評価も大変良い商品なのです。

フードプロセッサーとジューサーの違い

にているということでは、フードプロセッサーはジューサーとも似ています。

ジューサーは基本的に果実の実を絞るということに特化した商品です。フードプロセッサーやミキサーは、食材を切り刻んで混ぜるのですが、ジューサーでは入れたものの水分を取り出す仕組みです。

よってジューサーでは、水分を取り出した後の繊維や皮などはおろし金の周りのザルに残るのです。

テスコム「Pure Natura TJ112」

おすすめしたいジューサーにテスコムの「Pure Natura TJ112」があります。

食材の硬さなどに応じて回転速度を変えられる2速モーターの搭載。投入口が大きいため、ジューサーに入れる前に食材を小さく切る手間が省けます。パーツも6つだけと少なくお手入れが楽な一台なのです。

値段も手ごろなどで健康ジュースやスムージーを作りたいという方が試しに購入することもできると思います。

フードプロセッサーのまとめ

ここまで、お洒落で便利なフードプロセッサーとミキサーなどの違いについて解説いたしました。

  • フードプロセッサーとは、モーターで刃を回転させることで、食材のみじんきりやペーストをなどをする調理器具。
  • フードプロセッサーとミキサーの違いは、ミキサーはスープやジュースを作ることがメインで、フードプロセッサーは料理の下ごしらえがメイン。
  • フードプロセッサーとブレンダーの違いは、ブレンダーはミキサーと同じでスープやジュースがメイン。最近は手持ちタイプのハンドブレンダーも多い。
  • フードプロセッサーとジューサーの違いは、ジューサーはメイン機能は果実を絞ることで、絞った後の繊維や皮などは残る。フードプロセッサーでは食材を切り刻んで混ぜる。