こちらの記事は2019年5月30日の記事を2020年2月21日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・コーヒーサーバーの選び方に、以下の項目を追記いたしました。
形で選ぶ
・おすすめのコーヒーサーバーを2020年2月21日の情報に更新いたしました。

この記事では、本格コーヒーを楽しめるコーヒーサーバーの魅力や選び方、おすすめ商品などを解説します。

コーヒーサーバーとは、コーヒーをドリップ方式で抽出することにより、自宅でもオフィスでも、気軽に本格コーヒーを楽しむことができる機器です。

この記事を読むことで、目的に合ったコーヒーサーバー購入の検討が出来ます。

コーヒーサーバーの魅力とは?

コーヒーサーバーの一番の魅力は、コーヒーの味わいが安定することです。

ドリップして抽出したコーヒーを、コーヒーサーバーに一度溜めてからカップにコーヒーを淹れるため、コーヒーの温度や味が安定しやすくなります。

サーバーに淹れたコーヒーはそのまま置いておくことができるため、飲みたくなった時に温め直せば、いつでも好きな時に同じ味わいでコーヒーを飲むことができます。

コーヒーサーバーの選び方

種類で選ぶ

コーヒーサーバーは、大きく分けてサーバーが単体のタイプと、サーバーとドリッパーそれぞれがセットになっているタイプ、サーバーとドリッパーが一体化したタイプの3種類に分類されます。

既にドリッパーを持っている場合は、サーバー単体を購入すれば問題ありませんが、ドリッパーがない場合は、サーバーとドリッパーそれぞれがセットになっているタイプか、サーバーとドリッパーが一体化したタイプのどちらかを購入する必要があるでしょう。

一体化したタイプであれば、コーヒーを淹れてそのまま置いておくこともできます。

素材で選ぶ

コーヒーサーバーは、使われている素材によって、見た目のデザインや価格帯、保温性や熱の伝導率などが異なるため、製品を選ぶ際は素材に注目することも大切です。

耐熱ガラスは最も一般的

耐熱ガラスはコーヒーサーバーに最も一般的に使われてる素材ですが、販売するメーカーによっては「直火対応」「レンジ対応」などと機能が異なるため、購入の際には機能も併せてチェックするとよいでしょう。

ステンレスは保温性が高い

ステンレスで作られたコーヒーサーバーは、ポットや魔法瓶をイメージすればわかりやすいでしょう。

保温性が高く、大型サイズのものが多いことが特徴としてあり、一日分のコーヒーを作って置いておく場合などに便利です。

陶器製はデザイン性に優れて容量が多い

陶器で作られたコーヒーサーバーです。デザイン性に優れ、サーバー自体の容量が幅広いことなどが特徴としてあります。

家族構成や来客頻度に合わせて、容量やデザインや選べることがメリットです。

容量で選ぶ

コーヒーサーバーは、用途や使用状況に応じて、幅広い容量から選ぶことができます。

小さい容量であれば200~300ml、大きいものであれば1800mlの大容量のものまであります。

使用する人数ごとの容量の目安は以下の通りです。

使用する人数ごとの容量の目安
1人で楽しむ ~300ml
2~5人で楽しむ 700ml~1000ml
オフィスや大人数 1000ml~1800ml

直火・電子レンジ対応かどうかで選ぶ

コーヒーサーバーは、使われている素材によって、直火や電子レンジに対応していることも選ぶ際のポイントです。

直火やレンジに対応しているものであれば、作り置きしておいたコーヒーが冷えてしまっても、直火やレンジで温め直すことができます。

購入の際は上記のチェック項目に加えて、直火や電子レンジの対応の有無を含めてチェックするとよいでしょう。

直火に対応している場合はレンジ非対応になっており、レンジに対応している場合は直火非対応になっている場合が多いため、選ぶ際には注意が必要です。

形で選ぶ

コーヒーサーバーには、独立したタイプと、カラフェというドリッパーと一体になったタイプの2つがあります。

独立型のメリットは、背が低く設置が安定しているため、抽出時に倒す危険性が少ない事が魅力です。

ドリッパーは、抽出量に合わせて様々な大きさを選ぶことが出来ます。 直接火にかけられるものもあり、温め直しも可能です。

デメリットには、ドリッパーとサーバーの両方を揃える必要があるため、コストがかかる事があげられます。

カラフェ型のメリットは、ドリッパーと一体になっているためコスパがよい事があげられます。

抽出後は、くびれ部分を持って回す際に、コーヒーの味が均一になりやすいのも魅力でしょう。

デメリットには、専用のペーパーやフィルターが必要なモデルが多い事があげられます。

おすすめのコーヒーサーバー

コレス クリアガラスサーバー C516インテリア感覚でも楽しめる

コレス クリアガラスサーバー C516は、インテリア感覚でも楽しむことができるガラスサーバーです。

ハンドメイドのガラスと、竹のフタを組み合わせにより、温かみと清潔感を感じさせるデザインは、インテリアのように楽しむことが出来ます。

フタを外した状態では、電子レンジと食器洗浄機・食器乾燥機での使用が可能です。

手にフィットしやすい丸みと、注ぎやすいデザインの取っ手も魅力でしょう。

サーバーの丸みにより、ティーポットとして使えば、茶葉をジャンピングさえることが出来ます。

コレス クリアガラスサーバー 6カップ C516
created by Rinker
cores
¥3,300(2020/05/30 03:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

コレス C761GYは耐久性が高い

コレス C761GYは、チタンが変色しづらく錆びにくい耐久性が魅力です。

お手入れが簡単なフィルターにより、コーヒーオイルも十分に抽出される事が魅力です。

金属のフィルターによりドリップを始めたい方におすすめです。

ペーパーフィルター不要であるため環境に優しく、長く使う事で経済的にもお得です。

サーバーには耐熱ガラスを使用しているため、冷めてもそのまま電子レンジで簡単に温めることができます。

Kalita HA 600ml POOHは可愛いデザインが魅力

Kalitaは、1958年の創業以来、誰でも美味しいコーヒーを淹れられる事を目指しているメーカーです。

コーヒー器具の開発と製造に特化しているのもKalitaの特徴です。

Kalita HA 600ml POOHは、注ぎやすい注ぎ口が特徴で、はちみつカラーと人気キャラがあしらわれているのも魅力でしょう。

HARIO EVCM2-5TBはハンドドリップに近い味わい

HARIO EVCM2-5TBは、美味しく入れる条件がマシンにプログラムされており、 ハンドドリップに近い味われています。

ボタン3つで簡単に素養を開始でき、30分の保温機能が付いています。

計量スプーンとペーパー40枚が付属しているのも魅力でしょう。

TAMAKI カフェカ T-920848はすぐ始めることができる

TAMAKI カフェカ T-920848は、ドリッパーやピッチャー、マグ、木製のカトラリーも含んだセットです。

ハンドドリップをしたくなる、道具の良さが魅力です。

ティーライフ That Coffee&Tea in One 19024は紅茶にもおすすめ

ティーライフ That Coffee&Tea in One 19024は、コーヒードリッパーとティーフィルタのー両方をこなせるのが魅力です。

セラミック製のポットは、エレガントなだけではなく見た目より容量があるため、使いやすいデザインが追及されています。

内面には釉薬が掛かっているため、洗いやすく、臭いがつきづらい事が特徴です。

コーヒーサーバーについてのまとめ

  • コーヒーサーバーは、ドリップして作られた本格コーヒーを淹れるための、コーヒーの入れ物としてイメージすればわかりやすいでしょう。
  • コーヒーサーバーは、使われている素材によって特徴が異なり、直火や電子レンジ対応なども素材によって異なるため、購入の際は素材の対応もチェックするとよいでしょう。
  • コーヒーメーカーとコーヒーサーバーがセットになっているマシンタイプなど、用途や状況を想定し、種類で選ぶのも方法の一つです。