この記事では、食品乾燥機とはなにか?魅力と選び方、おすすめの食品乾燥機7選を解説しています。

野菜やフルーツは、乾燥させることで長期保存が可能です。

食品乾燥機を使えば、すぐに乾燥できるため、天日干しのように、天候への注意や動物に狙われるなどの心配もありません。

この記事を読むことで、自分に合った食品乾燥機選びの検討が出来ます。

そもそも食品乾燥機とは何か?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの食品乾燥機7選

食品乾燥機は、ご家庭で食材を乾燥させるための機械で、「ドライフードメーカー」や「フードドライヤー」とも呼ばれます。

従来、食品を乾燥する方法として、天日干しなどの自然乾燥が用いられてきました。天日干しの場合、天候・衛生面・動物に食べられてしまうなどの心配があります。

食品乾燥機を使用すれば、上記のような心配をする必要がなく、乾燥時間も短縮できます。

食品乾燥機の魅力

食品乾燥機の魅力①:ドライフルーツや野菜を作れる

食品乾燥機でドライフルーツや、干し野菜を作ることができます。

水分を多く含むフルーツは、微生物が繁殖しやすいため、傷みやすい食材ですが、食品乾燥機でフルーツを乾燥することで、長期保存が可能になります。

野菜も同様に乾燥することで、長期保存が可能です。

フルーツや野菜を乾燥すると、長期保存はもちろん、旨味や栄養を凝縮させることが可能です。

食品乾燥機の魅力②:ペットのおやつを作れる

食品乾燥機で牛肉などをジャーキーにすることで、ペットも食べられる無添加のおやつを作ることができます

お肉を乾燥させることで、旨味や栄養が凝縮されます。

ジャーキーを噛むことでストレス解消になり、ペットの健康維持にも繋がるでしょう。

食品乾燥機の魅力③:パン粉など料理に必要なものを自分で作れる

食品乾燥機で、パン粉などの料理に必要なものを自分で作ることもできます。

食パンを乾燥させてラスクのようにしてから細かくすれば、乾燥パン粉が完成します

乾燥させることで熱が通りやすくなるため、小さな食材や薄い食材を揚げるのにも適しており、カリッと香ばしい食感に仕上げることが出来ます。

電気フライヤーとは?メリットや選び方 タイプ別のおすすめ10選

食品乾燥機の選び方

食品乾燥機には様々な機能があります。

食品乾燥機を選ぶ際には、機能性も考えて選ぶとよいでしょう。

食品乾燥機の選び方①:タイマー機能が付いたものを選ぶ

食材、理想の保存期間、求める食感によって、乾燥時間は異なります。

乾燥時間を管理するために、タイマー機能が付いた食品乾燥機を選ぶと良いでしょう。

長期保存する場合、しっかりと乾燥させるのがポイントです。

乾燥時間を短くしたセミドライは、しっとりした食感を残しつつ、味わいや栄養が凝縮できます。

タイマーは内蔵型がおすすめです。内蔵タイマーで時間を管理することで、過剰な乾燥を防止できます。

食品乾燥機の選び方②:容量で選ぶ

食品乾燥機は、ご自身の使用目的に合わせた容量で選ぶのもポイントです。

容量の大きい食品乾燥機は、一度にたくさんの食材を乾燥できる半面、乾燥するまでに時間がかかります。

食材をたくさん乾燥させたい場合には、トレイが4段以上ある食品乾燥機がおすすめです。

食材を平らに並べたトレイを複数段重ねれば、たくさんの食材を乾燥させることができます。

食品乾燥機の選び方③:消費電力で選ぶ

食品乾燥機の消費電力は、乾燥させる食材によって必要な電力が異なります。

お肉を乾燥させてジャーキーにする場合は、衛生上、60℃以上の高温で乾燥する必要があるため、消費電力500W以上の食品乾燥機を選ぶとよいでしょう。

薄く切るフルーツや野菜のみの場合には、400W前後の食品乾燥機で十分でしょう。

食品乾燥機の選び方④:温度設定機能が充実したものを選ぶ

食材の栄養素や殺菌効果は温度に影響されるため、温度設定機能が充実したものを選ぶと良いでしょう。

お肉は衛生上、60℃以上の高温で6~8時間程度乾燥させる必要があります。

お肉の殺菌とは異なり、食材に含まれる酵素は熱に弱く、50℃を超えると破壊される事に注意が必要です。

酵素は食物の消化・吸収を促す効果があり、40℃以下で乾燥する必要があります。

温度調整を手動で管理するのは難しいため、食材や用途に合わせて、温度設定が管理できる食品乾燥機がおすすめです。

おすすめの食品乾燥機7選

東明テック株式会社 プチマレンギは機能が豊富で使いやすい

東明テック株式会社 プチマレンギは、タイマー機能、温度調整機能、そして見やすいLEDディスプレイが付いている使いやすい製品です。

消費電力は530Wで、フルーツや野菜はもちろん、お肉の乾燥も可能です。

トレイは6段ですが、オプションで15段まで追加が可能で、幅広い用途で使うことが出来ます。

東明テック株式会社 プチマレンギ
created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥24,010(2019/12/15 08:47:50時点 Amazon調べ-詳細)

東明テック 62-3901-67はより大容量の製品

東明テック 62-3901-67は、同社製品の「プチマレンギ」の大容量版です。

タイマー機能、温度調整機能、LEDディスプレイなどの機能は「プチマレンギ」そのままに、処理能力が3kgから6kgへ大幅アップしています。

大容量ながらも乾燥時間が30%短縮されました。

東明テック(Tohmei Tech) 食品乾燥機/62-3901-67 白 W440 × H400 × D335 mm
created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥31,800(2019/12/15 08:47:50時点 Amazon調べ-詳細)

APIX AFD-550-WHは安価ながらタイマー機能がある

APIX AFD-550-WHは、安価ながら、2時間~10時間の2時間ごとのオフタイマーが付いているため、希望の乾燥時間が来ると自動で停止してくれる品です

消費電力は250Wで、野菜や果物の乾燥に適した商品です。

高さ切り替えが可能なトレイが5枚付属しており、収納時に低くすることで収納スペースを節約できます。

ウミダスジャパン FD880Eは静穏性が魅力

ウミダスジャパン FD880Eは、床に振動が伝わらないように高床式になっており、静音を意識した設計の食品乾燥機です。

消費電力は400W、トレイは4段あります。

タイマーは1時間ごとに12時間まで設定が可能です。残り時間をカウントダウンしてくれるLED表示は、夜でも一目で分かりやすいのが特徴です。

PRINCESS FoodDryerは基本的な機能が備わった品

PRINCESS FoodDryerは、消費電力は350Wながら、細かな温度調整機能とタイマー機能が付いている品です。

温度調整は40℃~70℃までの5℃ずつ、タイマーは4時間~16時間までの2時間ずつであるため、細かな管理が可能です。

高さが20cmとコンパクトなサイズであるため、普段使いを意識した設計が特徴です。

愛翔飛 tye55はLEDのコントロールパネルが見やすい

愛翔飛 tye55は、LEDのコントロールパネルで、温度は30℃~90℃までの5℃ずつ、時間は24時間までの30分刻みで設定できる製品です。

消費電力は360Wで、野菜や果物の乾燥におすすめです。

ドライフードエアーは多機能製品さが魅力

ドライフードエアーは、乾燥機能、送風機能、オーブン機能が1つになった1台3役の多機能製品です。

デジタルタッチパネル搭載で、機能切り替え、温度設定、タイマー設定が簡単に切り替え出来ます。

乾燥機能にはクイックモードがあり、最初の3時間は68℃、その後は自動で48℃に切り替わります。

食物に含まれる酵素を損なわずに、短時間で乾燥が可能です。

ドライフードエアー (ホワイト)
created by Rinker
ロハススタイルジャパン
¥49,500(2019/12/15 08:47:52時点 Amazon調べ-詳細)

食品乾燥機についてのまとめ

  • 食品乾燥機は、すぐに食品を乾燥できるため、天日干しのように、天候への注意や動物に狙われるなどの心配もありません。
  • 食品乾燥機で、ドライフルーツ、ペットのおやつ、スイーツやパン粉も作れます。
  • 食品乾燥機は、タイマー機能、容量、消費電力、温度調整機能が充実した製品を選ぶとよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
東明テック株式会社 プチマレンギ
created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥24,010(2019/12/15 08:47:50時点 Amazon調べ-詳細)
東明テック(Tohmei Tech) 食品乾燥機/62-3901-67 白 W440 × H400 × D335 mm
created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥31,800(2019/12/15 08:47:50時点 Amazon調べ-詳細)
ドライフードエアー (ホワイト)
created by Rinker
ロハススタイルジャパン
¥49,500(2019/12/15 08:47:52時点 Amazon調べ-詳細)