この記事では、災害時に活躍するラジオの紹介をいたします。

通信網が機能しない、緊急連絡のために携帯電話のバッテリーの消費をしたくない、といった状況で役立ち、場所を問わず情報を受信することが出来る、防災に適したラジオを持っていると万が一に備えることができるでしょう。

防災に向いたラジオの選び方やおすすめ商品を紹介していくため、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

防災に適したラジオとは

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの乾電池式防災用ラジオ

ラジオの機能として第一に求めるのは情報を正確に受け取れることです。

情報を正確に受け取れるものとしておすすめなのが、ワイドFMです。ワイドFMは、AM放送をFMで聴くことが可能なサービスです。

災害情報をFMの周波数で受信できるので、雑音が少なく、音が聞こえやすいという利点があります。また、重要な情報を聞き漏らす、という心配も緩和されます。

また、AM放送とワイドFM放送では電波の発信方法が異なり、AMは高層ビル、マンションなどの障害物の影響を受けて遮られてしまいますが、ワイドFMでは中継局から発信するため、障害物を気にせず情報を得る事が可能です。

緊急時や災害時に必須!揃えておきたい防災グッズの選び方やおすすめ品を紹介!
スマホでニュースを見るのにおすすめのアプリとそれぞれの特徴を解説

ラジオの電源の種類

乾電池式

ラジオに使用できる乾電池は製品ごとに異なります。単三乾電池、単四乾電池、単一乾電池などラジオ自体の形状にあわせて変わります。

ものぐさな方は、家のリモコンの電池にあわせてラジオを購入すると電池の種類に迷うことがないため、おすすめです。

手回し充電式

手回し充電式は、ラジオに付いているハンドルを手動で回転させて内蔵されている充電池に電気を供給する方式です。
乾電池は容量が無くなってしまうと、使用は出来ませんが手回し充電式であればラジオが使えない事態は避けられます。

しかし、手動ですので充電には労力が掛かります、手回し充電のみだけではなく、他の充電手段が備わっているものだと負担が少ないでしょう。

ソーラー発電式

ソーラー充電も手回し充電と同じく、コンセントや乾電池を利用しない充電方式です。

太陽光を利用して内臓充電池に蓄電するため、ハンドルを回すよりも楽に充電ができます。しかし、ソーラー充電は天候に左右され、曇りや雨であれば利用できません。

防災ラジオに付いている機能について

近年の防災ラジオには多機能な製品が多く販売されています。
ライト機能が付いているものは、懐中電灯として使用することができるでしょう。夜間の災害時などに暗闇で動けなくなる心配もありません。

また、USBケーブルでスマートフォンを充電できる機能をもった機種もあります。

スマートフォンのバッテリーが尽きてしまった場合でも数分間の通話を可能にする非常に有用な機能です。

おすすめの乾電池式防災用ラジオ

パナソニック ラジオ FM/AM/ワイドFM対応 シルバー RF-P155-S

FM/AMラジオが受信でき、ワイドFM対応のラジオです。分かりやすいチューニング操作が可能です。また、暗所で便利な蛍光色ポインターや光るダイヤルパネルが付いているため、災害時にも停電などで灯りが無い時に役立ちます。

68×115×28㎜という小さなポケットラジオであるのにスピーカーの音質が非常に良いため防災には欠かせません。

パナソニック ラジオ FM/AM/ワイドFM対応 シルバー RF-P155-S
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,887(2019/11/15 14:17:42時点 Amazon調べ-詳細)

ソニー SONY ハンディーポータブルラジオ ICF-P36

単三乾電池で利用するFM/AM受信の2バンドラジオです。
サイズはポケットサイズよりも大きい、131.5×69.5×43.5㎜、重量は約210gとなっています。

FM/AMラジオ受信、ワイドFM対応で、分かりやすいアナログチューナーなため利用も簡単です。音質も良く、電池持続時間の長さが魅力的な商品です。

YOREK FM/AM/SW 高感度受信ポータブルラジオ

FM/AM/SWのどれもが感度良好で、ワイドFMにも対応しています。124×73×28㎜と、小型なラジオで、単三乾電池×2本で動作し、電池の持ちも良く、コストパフォーマンスも良好です。

内臓スピーカー、アラーム機能、スリープ機能、バックライトで見やすい液晶、360度動かせるロッドアンテナ、イヤホンジャックを備えた多機能なラジオとなっています。

ソニー SONY ハンディーポータブルラジオ ICF-306

赤いランプでチューニングを確認できる、ワイドFM対応のFM/AMの2バンドラジオです。イヤホンでの音声はモノラルとなっています。

電池持続時間も、FM、約100時間/AM、約110時間と長いです。シンプルな形状で、音量調整やチューニングをダイヤルで行えるので、ご年配の方にもおすすめできます。

おすすめの手回し充電式防災用ラジオ

AM FM ワイドFM ホワイト YTM-R100

FM/AMラジオが受信でき、手回し充電でスマートフォンの充電もできます。

また、手回し充電だけでなく、単三乾電池の使用も可能です。受信感度も問題なく、ワイドFM対応、防水、防塵、ライトとコンパクトでありながら非常に多機能で使い勝手が良いため、手回し充電式ラジオとして一台持っておいても損ではありません。

ソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99

FM/AMラジオを受信でき、手回し充電とソーラー充電で内臓充電池に蓄電できます。単三乾電池も使用できて、モバイルバッテリーとしてiPhone、androidへの充電も可能です。

LEDスポットライト機能あり、ワイドFM対応なので、良音質でAM放送の受信もできます。

おすすめのソーラー充電式防災用ラジオ

smart-life ポータブルラジオ

FM/AMラジオが受信でき、LEDライトもついています。ソーラー充電、手回し充電、USB充電が可能でiPhone、androidにも充電できます。また、単四乾電池の利用も可能可能です。

持ち運びやすく、非常時に役立つ機能を複数もっているため、非常に便利な商品となっています。

防災ラジオ ラジオライト – 2600mah内蔵バッテリー FM/AM/対応

手回し充電、USB充電、ソーラー充電ができ、単四乾電池の使用も可能です。

多機能でありながら、ソーラー充電も可能なため、ソーラー充電式のラジオを探している方には必見の商品となっています。

スマートフォンの充電が可能なラジオ

Greeous 防災用ラジオ

電池容量は4000mAHと大容量のラジオとなっています。単四乾電池使用も可能で、AM/FM受信、懐中電灯、手回し充電、ソーラー充電、SOS警報、音楽プレーヤー、などの機能を保持しています。

また、ソーラーラジオは豪雨でも受信状態に影響はありません。

iPhone、androidへの5%~37%の充電で15~20分ほど時間を要し、満充電状態から12時間連続のラジオ使用が出来ます。大容量なので、スマートフォンへの充電に適しているラジオです。

防災ラジオについてのまとめ

  • AM放送がFM周波数で聴けるワイドFM対応のラジオがおすすめ。
  • 停電などで、コンセントが使えないことを想定して、乾電池、手回し充電、ソーラー充電といった複数の充電方法を機能として備えているラジオを持っておくと便利。
  • 懐中電灯として使える、スマートフォンの充電が出来る、などの多機能なラジオも防災に役立つ。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
パナソニック ラジオ FM/AM/ワイドFM対応 シルバー RF-P155-S
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,887(2019/11/15 14:17:42時点 Amazon調べ-詳細)