この記事では、間接照明の魅力と役立つ場面、配置の仕方と見え方などを解説します。

この記事を読むことで、自分に合った間接照明購入の検討が出来ます。

そもそも間接照明ってなに?

光を天井や壁、床などに当て、反射光で間接的に空間を照らす照明を間接照明と呼びます。

部分照明、補助照明という呼び方もあり、人ではなく天井や壁面、物などを照らす照明方法のため、間接照明はやや暗い印象のある照明方法です。

ブックライトの選び方 種類ごとの特徴 おすすめ品7選を解説

間接照明と直接照明の違い

直接照明は、光源からでる光を物などで遮らず、人や床に直接あてる照明方法で、全体照明、主照明といった呼び方もあります。

学校やオフィスなどはこの直接照明なため、間接照明よりも直接照明の方がなじみ深いのが特徴です。

間接照明の魅力と役立つ場面

普段の生活の中で照明は欠かせない物となっているうえ、照明に気を使うとお部屋をおしゃれかつ、心地よい空間を作ることが可能です。

間接照明は、名前の通り間接的に空間を照らす照明方法のため、直接照明とはまた違う魅力があります。

光があたる所とあたらない所ができ、部屋全体に立体感が生まれ、落ち着いた空間を作ることができるのが間接照明最大の魅力です。

間接照明は直接照明と違い、光源が直接見えないため、目に余分な負担をかけず、リラックスした状態を作ってくれるため、快適な睡眠にも非常に役立ちます。

快適な睡眠におすすめ!寝る時に適したイヤホンの選び方とおすすめ寝ホン5選!

間接照明はおしゃれな雰囲気を楽しみたい人におすすめ

間接照明は、光が天井などに反射されるため、空間を柔らかな印象にしてくれます。

間接照明は光の明暗のバランスを考える必要がありますが、バランスが悪いと、心地良く過ごすことができなくなってしまうことに注意が必要です。

間接照明はリラックス効果を求めている人、インテリアとしておしゃれな雰囲気を楽しみたい人に特におすすめできます。

間接照明の配置の仕方と見え方

間接照明は、配置の仕方や見え方について考える必要があります。光源の位置や部屋にある物の配置、家具などのインテリアの色で照明の印象が決まってきます。

間接照明で思ったようにいかない場合は、光源を隠してみたり、置き型照明を使うなど、ちょっとした工夫で見え方を変えてみるとよいでしょう。

間接照明の種類とそれぞれのおすすめ9選

シャンデリアタイプの間接照明はお洒落

シャンデリアは洋室の天井から吊るす装飾の付いた照明器具です。

城や豪邸で使われているようなイメージがあるように、シャンデリア型の間接照明はとにかくお洒落な印象を与えてくれるでしょう。

DI CLASSE Gala LP2425CL

DI CLASSE Gala LP2425CLは、宝石のようなカットを施したドロップ形のビーズが輝く間接照明です。ゆらゆら揺れる影が魅力的な商品で、掃除もそこまで面倒ではないのも魅力でしょう。

ペンダントライトは天井からの高さの調整が可能

ペンダントライトとは、天井から吊り下げるタイプのライトです。ペンダントライト型のいいところは、長さの調整が可能なものが多いことです。

高く設置すれば明るくなり、低めに設置すればスポットライトのように明かりの幅を狭めることが可能です。

ペンダントライト GT-DJ-T3

ペンダントライト GT-DJ-T3は、北欧風でお洒落なペンダントライトです。部屋を柔らかく落ち着いた空間にすることができます。

ブラケットライトは壁面に取り付ける間接照明

ブラケットライトは、壁面に取り付けられている壁付照明器具です。

バリエーションが豊富なため、間接照明に非常に適しています。

ウォールランプ KingSo

シンプルかつシックな見た目のため、ベッド、書斎、寝室、リビングなど、どんな場所にも適しているブラケットライトです。

スポットライトは一点を明るく照らす照明

スポットライトは、劇場などでもよく使われている、一点を明るく照らし出す照明器具です。

間接照明の場合は、背景や壁にあてて、反射光で周囲を照らすと室内が綺麗に映えます。

フロアランプ E26

フロアランプ E26は、リーズナブルでコンパクトな大きさのスポットライトです。デザインもよく、調光機能があるので夜に読書する人にもお勧めできるスポットライトです。

スタンドライトは机の上や床に立てて使う照明

スタンドライトは、名前の通り、机の上や床に立てて使う照明器具です。

一般的に広く使われている照明器具で、スタンドライトの中でも、テーブルに置くタイプのテーブルスタンドと、床において使用するタイプのフロアスタンドという二つの種類があります。

LEISA SOFTLIGHTING 132X20CM

LEISA SOFTLIGHTING 132X20CMは、和紙の質感やデザインが美しく、和風でお洒落な空間を作れるスタンドライトです。

部屋の模様替えは面倒でも、部屋のイメージを変えたい人におすすめです。

グローブ型は光源が直接見えない間接照明

グローブ型は、光源が直接見えない曇りガラスやプラスティックで覆われた照明のことです。インテリアに適しているのが特徴です。

Catalast Group LEDバーライト

Catalast Group LEDバーライトは、スッキリとした印象で、どのインテリアにも合わせやすいデザインをしています。

タッチセンサー内蔵で、指で軽くタッチするだけで簡単に電源を付けられます。

トーチ型はキャンドルのように細長い形状のスタンドライト

トーチ型はキャンドルのように細長い形状のスタンドライトです。種類も豊富で、間接照明にもよく使われています。

ZELDNER LEDキャンドルライト

ZELDNER LEDキャンドルライトは、まるで本物のロウソクのようなスタンドライトです。

LEDライトを使用していて、明るさ調整、揺らぎの強弱なども調整できます。

シェード型は明かりを下方向に分散させる間接照明

シェード型は、ホテルでよく使われているタイプのスタンドライトで、明かりを下方向に分散させるのがシェード型です。

W-LITE ベッドサイドランプ 和風スタンド

W-LITE ベッドサイドランプ 和風スタンドは、寝室に置いておきたいスタンドライトです。和風で優しい雰囲気でお洒落な見た目が特徴です。

リフレクター型はスポットライトに近い照明

リフレクター型はスポットライトに近いタイプの照明器具です。スポットライトと同じような使い方ができます。

マエカワ 電球付 リモコン式 ペンダント

マエカワ 電球付 リモコン式 ペンダントは、1灯ずつONOFFの操作ができるリモコン付きの商品です。4つあるランプも、ほぼ希望通りの角度に合わせることができます。

間接照明についてのまとめ

  • 光を天井や壁、床などに当ててその反射光で間接的に空間を照らすことを間接照明といいます。
  • 間接照明は、光の明暗のバランスを考える必要があり、バランスが悪いと居心地が悪い空間になってしまうこともあるでしょう。
  • 間接照明は配置の仕方や、見え方について考える必要があります。