この記事ではブックライトについて解説をします。ブックライトは、寝る前の寝室での読書や、暗い場所での作業をしたい方におすすめの製品です。

ブックライトがあると便利な場面では、読書や勉強や仕事をしたいときなど、様々な用途で利用することができます。

ブックライトの購入を検討されている方は、この記事を読むことで、自分に合った製品購入の検討が出来ます。

ブックライトの選び方

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめのブックライト7選を解説

ブラッライトの選び方①:光源の色

ブックライトの光源ライトには、様々な種類があります。

自分の目的に合った光源の色を選ぶことで、より快適にブックライトを使用することができます。

ブックライトの光源の色の種類は以下の通りです。

電球色
色温度が約3000Kの赤みが強い光源色です。
温白色
色温度が約3500Kの電球色の次に赤みが強い自然な光源色です。
昼白色
色温度が約5000Kの太陽光に近い光源色です。
昼光色
色温度が約6500Kの日中の明るさに近い光源色です。

LED電球の選び方は?メリット・デメリット おすすめ品5選を解説

ブックライトの選び方②:電源の方式

ブックライトの電源方式には、充電式、コード式、電池式の3種類があります。

充電式は充電して使用するタイプなため、コードに繋げる必要がありません。

災害時やキャンプなどコンセントがない場所でも使用できます。コード式は、家庭コンセントに繋げ使用します。

USB対応の種類の場合、ノートパソコンなどに繋げて使用することもできます。

電池式は、安全性が高く、充電やコードも必要ないため、コンセントを探す必要がありませんが、電池を使用するためコスパは少々高くなる点に注意が必要です。

緊急時や災害時に必須!揃えておきたい防災グッズの選び方やおすすめ品を紹介!
キャンプに欠かせない寝袋について 選び方や種類・おすすめ商品を紹介

ブックライトの選び方③:明るさ調整が出来るか

ブックライトには、明るさの調節機能がある製品とない製品があり、2段階と4段階などの調節が可能です。

角度を調節できる機能もあり、クリップタイプと首掛けタイプの場合はライトの向きを自在に調節できます。

クリップタイプは、ライトの向きが調節できれば広い範囲を照らすことが可能です。

ブックライトの選び方④:軽さで選ぶ

ブックライトを選ぶときは、できるだけライトの軽い商品を選ぶのがおすすめです。

クリップタイプやパネルタイプは本に取り付けるため、ライトが重いと腕や手がつかれることがあります。

首掛けタイプも重いと肩が凝ってしまう可能性があるため、なるべく軽い商品を選ぶとよいでしょう。

ブックライトの種類とおすすめな人

スタンドタイプは置き場所を選ばず移動も手軽

スタンドタイプのブックライトは、置き場所を選ばず移動も手軽です。

平らな面と電源さえあればどこでも設置でき、明かりの向きを変える時も本体ごと動かせるため、非常に便利です。

しかし、小さな机やテーブルでの使用はあまり向いていません。

クリップタイプは狭い場所でも使用可能

クリップタイプはブックライトの中でも人気が高く、様々な商品が販売されています。

クリップの部分で本や書類を挟めるタイプもあり、狭い場所でも使用可能です。

首掛けタイプ座って使用するのに便利

首掛けタイプは、横になって使うライトとしては不向きですが、座って使用する場合には非常に便利なタイプです。

パネルタイプは下敷きのように入れて使う

ノートを書く時に、下敷きとして読みたいページの下にして使用するのがパネルタイプです。

パネルの大きさによって照らす部分が異なります。

おすすめのブックライト7選を解説

JolyJoy 12WフロアスタンドLEDは使用寿命が長い

JolyJoy 12WフロアスタンドLEDは、省エネ、視力ケアの112個LEDを備え、消費電力が12Wで50,000時間の使用寿命を持ち、長期間取り換える必要もないブックライトです。

タッチスイッチと、リモコンで明るさを10%~100%無段階調節できます。360度の調節可能で柔らかい素材で手触りのよいグースネック部分は耐久性に優れています。

ANBURTLED デスクライトはUSB充電ポートがあり収納しやすい

ANBURTLED デスクライトは、USB充電式、充電地内蔵で、18000mAhのリチウムバッテリーを内蔵しており、USBで充電すれば電源がなくても使用可能です。

USB充電ポートが搭載されており、読書をしながらデパイスを充電することができます。

3段階光量調節と、折りたたみ式、タッチセンサー内蔵で、指で軽く触るだけで色の温度や明るさの調節をすることができます。

折りたたみ式のため、利用しないときは、コンパクトに収納して机の上を片付けることができます。

クリップライト ledデスクライトはどこでも使用しやすい

クリップライト ledデスクライトは、どこでも使用可能で、クリップ式のライト、デスク、ピアノ、本棚、ベッドなど、いろんな場所で使用できます。

クリップには滑り止めゴムがついており、最大5.5cmのものを挟むことができます。

耐久性があり、目に優しく、80個のLEDライトを採用しているため、点滅しにくく、長時間利用しても目が疲れにくいのが特徴です。

自然の光のような目に優しい光を提供しており、学習環境などにも最適です。

CeSunlight クリップベッドランプは夜間の仕事や読書にも最適

CeSunlight クリップベッドランプは、無段階調光10照明モードや、40個のLED電球により、夜間の仕事や読書にも最適です。

金属なクリップで60mm以下のテーブルや、枕元、ベッド、読書テーブルに固定できます。

YUANSHOP1 首掛けタイプは軽さが特徴

YUANSHOP1 首掛けタイプは、明るいLEDブックライトで首からかけることで両手が空き、両サイドから点灯できます。

軽くて、首にかけていることを忘れてしまうくらいの安定感があります。

YUANSHOP1 首かけタイプ LEDライト ネックライト ポータブル フラッシュライト ブックライト フレキシブル アーム 自由調整 読書/夜間散歩/アウトドア/防災等対応 (ブラック)
YUANSHOP1

TT-DL13は目的に合わせた光の調節が可能

TT-DL13は、蛍光灯と比較して消費電力は4分の1で、長時間の読書でも疲れにくい読書モード、疲れをいやすリラックスモード、就寝時に最適なスリープモードなど目的に合わせた調節が可能なブックライトです。

LED自体発熱を抑えることができるため、夏場の冷房効果もアップでき、乳幼児がいる家庭でも安心の設計で、次世代型の新しいLEDデスクライトです。

シンプルで、高級感があるハイクラスデザインで、おしゃれなインテリアやデジタル家電などとも相性がよいです。ブラックホワイトの2種類から選ぶことができます。

デスクライトledクリップは省エネルギーで場所を選ばない

デスクライトledは、目に優しい2段階調光で、自然光に近い明るさで子供も大人の目に優しく、長時間の仕事や勉強でも目が疲れにくい光が特徴のブックライトです。

LED照明などに直流電流を供給する新技術を搭載しており、安全で省エネルギーを実現しています。高品質電池4000hを搭載しており、充電式であるため、場所を選ぶことはありません。

モバイルバッテリー、パソコンのUSBポートで充電が可能です。

軽さ、コンパクト、便利、角度調節、耐久では、デスクライト小型で軽く、シンプルなデザインのためインテリアとしての利用もでき、利用しないときはコンパクトに収納できます。

ブックライトについてのまとめ

  • ブックライトには様々な種類があり、選ぶのは大変ですが、購入者がどのような用途で利用するかで変わります。
  • スタンドタイプは、机などにおいて勉強や仕事として利用するには向いていますが、ベッドなどで利用する場合、クリップタイプが向いています。
  • ブックライトには、首掛けタイプとパネルタイプがあり、使用用途での購入がよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
YUANSHOP1 首かけタイプ LEDライト ネックライト ポータブル フラッシュライト ブックライト フレキシブル アーム 自由調整 読書/夜間散歩/アウトドア/防災等対応 (ブラック)
YUANSHOP1