この記事では、山登りに適した服装を紹介いたします。

本格的な山登りをする場合、服装を間違えると大きな負担を感じることになってしまいます。そのため、適切な服装とグッズを揃えなくてはなりません。

この記事を読むことで、山登りに向いている服装の選び方がわかるようになります。

山登り初心者の服装はどうしたらよいのか

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

春と秋に適した山登りの服装

山登り初心者の方の場合、どんな服装で行けばいいのかという点で不安が大きいと思います。

しかし、高尾山や御岳山などの低山ならば、基本的に普段着で大丈夫です。ただ、木や葉などで擦り傷・切り傷の恐れがあるため、夏でも長袖の方が安心でしょう。

本格的な山登りをするなら重ね着

本格的な山登りをする場合、麓から山頂にかけての高度差を踏まえた上で、適した服装を選ぶ必要があります。

また、山の天候は変わりやすいため、そういった環境の変化に対応できる服装でなくてはなりません。その点で必要な考え方が「レイヤリング」です。

レイヤリングとはなにか

レイヤリングとは、重ね着によって山の環境に対応しようという考え方になります。

ただし、単に同じような服を重ねて着るという単純なものではなく、環境の変化を踏まえた適切な重ね着システムを意味しています。

レイヤリングの基本は3層の重ね着です。

  • 1層目:ベースレイヤー

ベースレイヤーは、肌に接する服になります。汗をしっかり吸い取って拡散できるようなタイプの服を選択することが大事です。

  • 2層目:ミドルレイヤー

ミドルレイヤーは、ベースレイヤーの上に重ねる服を意味します。ベースレイヤーから拡散された汗を逃がすような機能の服を選ぶことが大事です。

  • 3層目:アウターレイヤー

アウターレイヤーは、ミドルレイヤーの上に重ねる服を意味します。汗が蒸発して上がってきたものを、外へと逃がせる服を選ぶ必要があります。

また、服装を選ぶにあたっては気温を踏まえる必要があるでしょう。夏であれば薄い重ね着で問題がありませんが、冬であれば厚みのある重ね着でなくてはなりません。

山登りに必要な小物

山登りのために万全の準備をしたと思っても、いくつかの小物を忘れてしまうケースというのはありがちです。

そこで、下記では、山登りに必要な小物をまとめてみました。

【必要な小物】
靴、帽子、靴下、ザック、コンパス、地図、水筒、ヘッドライト、多機能腕時計、タオル、ビニール袋、ウェットティッシュ、食事セット

このほかにも、泊りで登山をする場合はテントや寝袋などが必要になるでしょう。

春と秋に適した山登りの服装

CAMEL CROWN ウィンドブレーカー

CAMEL CROWN ウィンドブレーカーは、外気の侵入をしっかり防げるような生地が採用されていることが特徴です。そのため、防風機能は十分に期待できるでしょう。

また、防水性が高いという点もポイントの一つです。水をしっかりはじくことができるため、雨の日にも対応できるアウターとしておすすめできます。内側と外側にそれぞれポケットがあり、収納スペースという点で充実しており、ジッパーなども備えています。

ジェームズ・スクエア レディース アクティブジャケット

ジェームズ・スクエア レディース アクティブジャケットは、バイカラーデザインが特徴で、明るい印象を受ける商品です。

ポリエステル素材を採用していて軽めの仕上がりになっているため、負担なく着こなせるという点が大きなメリットです。軽くても耐久性は高く、アクティブな運動をしても破れにくいため、登山にも適していると言えるでしょう。

機能性が高いことも大きなポイントです。通気性や保温性だけでなく、撥水性においても優れています。そのため、多少の雨や雪には負けないパーカーとしてもおすすめです。

また、滑りのいいジップになっているため、スムーズに着脱でき、収納スペースが多くて使い勝手がよいでしょう。複数のカラーがあるため、好みのデザインで着こなすことができます。

夏に適した山登りの服装

ジェームズ・スクエア メンズ ハーフジップ トレッキングシャツ

ジェームズ・スクエア メンズ ハーフジップ トレッキングシャツは、ポリエステルニット素材を採用していることが特徴です。伸縮性があり、動きやすいという点が大きなメリットの一つとなっています。

また、吸水速乾という点でも優れていて、汗を素早く吸収し、かつ速やかに乾きます。常に快適性を感じながら着こなすことができるウェアなため、非常に人気度が高いです。

軽量という点も大きなポイントで、長時間着用していても負担になりにくい設計となっています。その他にも、紫外線対策などを含む多彩な機能を備えているため、非常におすすめです。

ジェームズ・スクエア アクティブ ウインドブレーカー

ジェームズ・スクエア アクティブ ウインドブレーカーは、カラーの種類が豊富な点が特徴です。そのため、好きなデザインで登山を楽しむことができます。

長袖仕様ですが非常に薄いため、夏の登山に着ていく服としても適しています。また、袖口や裾の部分がパイピング仕様になっているため、ヒヤッとした冷たい風が吹いてきても、風が内部に侵入することを防げます。

服自体は非常に軽く、折りたたんで持ち運ぶ際にも重さをほとんど感じないため、使い勝手がよいです。ポケットにはジップが付いており、中に入れたものが落ちにくいような設計になっているため、安心して登山に集中することができるでしょう。

紫外線対策という点でも一定の効果を発揮してくれる商品であるため、非常におすすめです。

冬に適した山登りの服装

モンクレール メンズ ダウンジャケット

モンクレール メンズ ダウンジャケットは、ブラックカラーがメインのデザインになっており、全体的にオシャレ感があります。ダブルジップタイプであり、開け閉めをスムーズにできることに加え、ポケットなどの収納スペースもあります。

また、全体的にボリューム感をもたせていて、寒い冬でも暖かく着ることが可能です。ボリュームがあるというと重いイメージがあると思いますが、このジャケットの場合は機能性の面でも優れており、動きやすさを感じることができます。

フードの部分を取り外すことができるなど、使い勝手の良さという点でも評価できるため、非常におすすめです。

アークテリクス  アトム フーディー

アークテリクス  アトム フーディーは、オレンジイエローの明るいカラーが特徴で、デザイン性に富んでいます。

機能性の面でも評価できるポイントがたくさんあり、暖かいながらも通気性がよいです。また、防風性や耐湿性の面でも優れていて、動きやすい設計にもなっています。そのため、登山にあたって非常に適したアウターとしておすすめできます。

冬でも暖かく着こなせるアウターですが、それほどボリュームがあるわけではなく、持ち運びしやすいレベルまで圧縮可能です。利便性が高く機能的なアウターなため、ぜひ購入を検討してみてください。

山登りに適した服装についてのまとめ

  • ゴツゴツした地面ではなく、舗装された初心者向けの山であれば、普段着でも特に問題ありません。
  • 本格的な登山をする場合はレイヤリングを重視しましょう。
  • 季節によって気温が異なりますので、その季節に適した服装を選ぶ必要があります。
  • 山登りにあたって必要な小物は多いため、細かくチェックすることで当日に忘れ物がないようにしましょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧