この記事では外壁塗装の助成金について解説します。

自宅の外壁を塗装しようとすると、家の規模や劣化具合によっては、100万円を超える場合もあります。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

少しでも支出を抑えたいときに、知っておくとお得なのが『助成金・補助金制度』です。

この記事を読むことで、助成金について知り、少しでも外壁塗装の費用が安くなるように活用することが出来ます。

外壁塗装で助成金がもらえるのはなぜ?

個人宅の外壁塗装をするだけで助成金がもらえるのは、以下の二つの理由があるためです。

外壁塗装で助成金がもらえる理由
・外壁塗装をすることで、地域活性化につながる
・環境にやさしい外壁に生まれ変わる

地域の業者の仕事が増えるため

仕事の依頼自体は個人からのものでも、地域の業者の仕事が増えるメリットがあるため、補助金や助成金が出されます。

その地域の業者に仕事が入りやすくなり、結果的に地域経済が活性化するという理由です。

環境にやさしい外壁に生まれ変わるため

補助金や助成金を出すもう一つの理由として、環境に配慮した住宅を増やすという狙いがあります。

高反射塗料を外壁の塗料に使うことが補助金や助成金の条件の一つだとすると、その地域の外壁に『高反射塗料』が用いられることで、日光をしっかりと反射し、ヒートアイランド現象を軽減することが出来ます。

補助金と助成金の違い

補助金も助成金も返済は不要で、外壁工事終了後に後払いで受け取ることができます。

しかし、補助金は受給のための審査があります。決められた期間に申請して、合格した場合のみ受給でき、助成金より支給額が高い場合が多いです。

あらかじめ国や自治体で補助金用の予算が組まれており、なくなり次第終了となります。

一方、助成金は決まった条件をクリアすれば、誰でも受け取ることができます。補助金ほど審査が厳しくないため、支給額も補助金に比べて少なめです。

言葉に違いはありますが、補助金と助成金の明確な基準はありません。

補助金だから期間が決められている、助成金だから後で申請してもいいだろう、などと自己判断をせず、それぞれの制度について、詳細を確認しておくことが大切です。

外壁塗装で助成金を受け取る条件

外壁塗装において、助成金を受け取るには一定の条件をクリアしている必要があります。

全国で条件が同じというわけではないため、以下の項目は参考にして、詳細は自分の住んでいる自治体の条件を確認することが大切です。

外壁塗装で助成金を受け取る条件の例
・申請を行う地域に住んでいること
・税金を滞納していないこと
・既存の住宅であること
・申請時期(工事前)や提出書類などに不備がないこと など

上記のほかに、地域によって様々な工事条件が加えられている所が多いです。

例として、室温を下げるのに果的な塗料を使って外壁塗装をすることで、助成金を受け取ることができる自治体もあります。

対象塗料は『遮熱塗料』や『断熱塗料』などです。これらの塗料は一般的な塗料に比べて価格帯が高く、外壁の面積が大きければその分工事費も高価になってしまいます。

そのため、助成金を出して、一部自治体が負担してくれるところがあります。

国や自治体は助成金を出しても、エコリフォーム工事を推進したいためです。

他にも、築年数や耐震基準を満たしているかどうかなど、自治体によって基準は様々です。

工事前と工事後の写真、見取り図や平面図などの提出が必要なケースもあります。

外壁塗装の工事で助成金を受け取ろうと考えている方は、事前に確認しておくと良いでしょう。

外壁塗装の助成金の受け取り方

助成金の条件は自治体によって異なりますが、助成金を受け取る流れはどこも似ています。

基本的に、外壁塗装工事が終了してから助成金を受け取りますが、申請自体は工事前にしておく必要があるため注意が必要です。

一般的な外壁塗装の助成金の受け取り方
1.外壁塗装を行う住宅がある(自分の住んでいる)地域の自治体で、助成金の申請をする
2.決定通知が届く
3.外壁塗装工事が始まる
4.外壁塗装工事が終わる
5.完了後に報告書を提出する
6.施工した住宅の確認が行われる
7.決定通知が届く
8.助成金を受け取る

工事前と工事後の写真や見取り図などを添付して提出しなければならない自治体もあるため、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

国や自治体への申請手続きであるため、それなりの時間がかかります。(申請から受け取りまで3週間〜1ヶ月ほど)余裕をもって申請する必要があるでしょう。

地域密着の優良施工業者に依頼すれば、助成金申請の手続きも代行してくれる会社もあります。

工事を依頼する会社もしっかりと見極めることが大切です。

外壁塗装の助成金は全国でおこなわれている

日本全国で、リフォームに関する助成金や、税制の優遇などの事業がおこなわれています。

全てが外壁塗装を対象としているものではありませんが、比較的多くの地域で行われている事が特徴です。

以下では、地域や内容によって異なる条件と金額の例を紹介します。

東京都千代田区 ヒートアイランド対策助成

東京都千代田区では、外壁では屋根のみが対象となっています。

屋根や屋上を高反射率塗料で塗り替えると対象となりますが、予算枠が決まっているため、埋まった時点で受付が終了します。

金額は助成対象経費の50%または塗布面積×2,000円で、上限30万円までもらうことが出来ます。

引用
千代田区 令和元年度ヒートアイランド対策助成

東京都墨田区 地球温暖化防止設備導入助成制度

東京都墨田区では、屋根面に高反射率塗装をしたり、窓や外壁などに断熱素材を使ったりすることで助成金の対象となります。

工事着工前1ヶ月から1週間前までに申請の必要があり、完了検査での合格が受給条件となっています。

引用
墨田区 地球温暖化防止設備導入助成制度

神奈川県相模原市 住まいのエコ・バリアフリー改修補助事業

神奈川県相模原市では、省エネの改修工事と、バリアフリー改修工事を対象に補助金を交付しています。

外壁塗装工事も含まれており、工事費の10分の1(上限5万円)の補助を受け取ることができます。

外壁塗装に対して助成金を受け取れるのは東京都が多いです。

ビルや住宅が多く、ヒートアイランド化しているため、なんとか少しでも対策をとるため、助成金制度が多く利用されています。

相模原市 住まいのエコ・バリアフリー改修補助事業

外壁塗装の助成金についてのまとめ

  • 外壁塗装で助成金を受け取れる理由は、国や自治体が省エネ住宅を勧めているためです。
  • 助成金を受け取るには国や自治体ごとに条件があり、申請が必要です。
  • 地域によって、外壁塗装以外でも助成金を受けられる仕組みがあります。