この記事では、防寒パンツについて解説いたします。

冬場にバイクや自転車など乗る際、風を切るので防寒対策が必要になるでしょう。

アウターはしっかりとしたダウンなどを着るのですが、パンツは意外と普通のものを着用している方が多いです。

防寒性の高いパンツは寒さを凌ぐのに非常に効果的で、冬場には欠かせない必需品となっています。

ここでは、防寒パンツのメリットや選ぶポイント、おすすめの商品を紹介いたします。

防寒パンツのメリット

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

防寒パンツのおすすめ品紹介

防寒パンツは、寒い時期に大活躍です。

下半身も寒さ対策をすることで、冬場でも快適に過ごすことができるためメリットも多くあります。

ここでは、防寒パンツのメリットを紹介いたします。

バイクや自転車の走行時に効果的

冬にバイクや自転車に乗ると、非常に寒く足がガタガタしてしまうこともよくあるでしょう。

足が冷え切ってしまうと、運転にも支障があるので危ないです。

防寒パンツを着用することで、体温の低下を防ぐため温かさを保つことができます。

防水加工がされているものも多くあるので、急な雨など万が一の時にも安心です。

バイクや自転車の走行時に効果的で、必需品ともいえるマストアイテムです。

冷え性の改善

冷え性で悩む方は、足が冷えているケースが多いです。

防寒パンツを着用することで、寒さの感じ方も大きく変わります。

アウターだけでなく、パンツの防寒も忘れずに気を付けましょう。

冬場のアウトドアにも使える

防寒パンツは、防風性や保温性に優れているため、冬場のアウトドアウェアとしても定番のアイテムです。

雪山でも耐え凌げる防寒性や防風性は、長時間外にいる時にも強い味方です。

動きやすいデザインや仕様であることが多く、キャンプや登山にも欠かせないでしょう。

防寒パンツの選び方

効果的な防寒パンツの選び方には、いくつかのポイントがあります。

温かさだけで選ぶことは、ベストな防寒パンツとはいえません。

ここでは、どのようなポイントに気を付けて選ぶべきか、項目ごとに紹介いたします。

素材で選ぶ

防寒性を高める上で、一番重要なのが「素材」です。

裏起毛を使用したパンツが多く、中には特殊な温感繊維や発熱繊維を使用している商品もあります。

中わたを施したダウン仕様のパンツは、温感効果も高く寒さを凌ぐことができるでしょう。

表生地にはナイロンやポリエステルのものが多く、防水加工や防汚加工のものがおすすめです。

保温性をチェック

素材にも関わる部分ですが、保温性のチェックは欠かせません。

店頭で購入する場合には、着用して保温性をチェックしてみるとよいでしょう。

オンラインショップからの購入の場合は、実際に触ることができないので素材を中心に保温性を判断しなくてはいけません。

裏起毛や特殊なサーモ素材、中わた仕様など温感性のある素材がどのように使われているかチェックしましょう。

防水機能は必須

防寒パンツは外での移動や、アウトドアで着用することが多いので防水機能は必須です。

雨の日の雨具としても十分に活用することができ、幅広く防寒パンツを活躍させることができます。

防水加工がない場合、濡れてしまうと一気に防寒性が弱くなります。

商品を選ぶ際の大切なポイントです。

サイズは少し大きめがおすすめ

サイズはジャストサイズよりも、少しだけ大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

ジャストサイズの場合だと、動きも鈍くなりやすいです。

動きやすいストレッチ素材のものを多くありますが、どの素材だとしても少し余裕のあるサイジングがおすすめです。

さらに、少しゆとりがあることで、生地と体の間に層ができるため保温性も保ちやすくなります。

用途に応じて選ぶ

寒さ対策+どんな時に着用するかという用途が大きなポイントです。

「バイクや自転車に乗る時の防寒パンツ」と「登山やキャンプなどアウトドアで着用する防寒パンツ」とでは温かさが+αが異なります。

バイクなどに乗る場合には、冷たい風から守らなくてはいけないので、しっかりとした防風性を重視したいところです。

アウトドアで着用する場合には、温かさはもちろん、動きやすさや防水加工の重要度が上がります。

山道など歩きにくい場所に行くケースや、雨が降ってきたり水を使った作業もあるからです。

防水性があっても、ゴワゴワして動きにくいものは向いてないでしょう。

着用する用途に合わせて、防寒パンツの特徴を選ぶとよいです。

防寒パンツのおすすめ品紹介

clothin(クロスン)フリース&裏起毛アウトドア防寒パンツ

ポケット機能が充実した防寒パンツです。

登山やキャンプ、釣りなどのアウトドアに便利な仕様となっています。

防水加工が施され、防風性や速乾性など機能性が充実しています。

動きやすいストレッチ素材のため、体への負担も少ないです。

FREIE LIEBE(フレイリビ)吸汗速乾ソフトシェル防寒パンツ

保温性と防風性に優れた防寒パンツです。

厚手のロングパンツですが、生地が柔らかく動きにくさもありません。

裏地がフリース加工で、保温性も十分に維持することができます。

その他にも耐摩耗や撥水防水、静電気防止、UVカットなど様々な機能が充実しています。

NANDI電熱ヒーター内蔵パンツ

腰と膝部分に電熱ヒーターを内蔵した防寒パンツです。

3段階で温度調整することができ、まるでこたつの中にいるような温かさを実現しました。

バッテリー仕様のため、外でも温かさを維持することが可能です。

Santic裏起毛防寒サイクルパンツ

動きやすくスポーティーなデザインの防寒パンツです。

裏起毛付きで保温性が高く、防寒・防風の効果があります。

反射ストライプ付きで、夜間での作業にも最適です。

(リミテッドセレクト)LIMITED SELECTダウンパンツ

温かくて弾力性のある、羽毛を使用した防寒パンツです。

ダウン仕様で、抜群の温かさを実感することができます。

バイクや自転車での防寒対策、タウンユースとしても大活躍するアイテムです。

TACVASENアウトドア防寒ソフトシェルロングパンツ

迷彩デザインが特徴的な、保温性バツグンの防寒パンツです。

防寒性や防風性に優れた、ソフトシェル素材を採用しています。

動きやすいストレッチ性に加え、多数のポケット仕様も便利な機能です。

防寒パンツについてのまとめ

  • バイクや自転車の走行時に効果的です。冬にバイクや自転車の乗るのは、風を切るためとても寒く運転にも支障がでるほどです。防風性の高い防寒パンツが向いています。
  • 冷え性の改善ができます。冷え性で悩む方は、足が冷えているケースが多いため防寒パンツで温かさを保つと良いです。
  • 冬場のアウトドアにも使えます。防風性や保温性に優れている防寒パンツは、冬場のアウトドアウェアとしても定番です。雨天や水場の作業に備えて、防水加工のものが最適です。
  • 下記のポイントに気を付けて、自分に合った防寒パンツを選びましょう。
    ・素材を選ぶ
    ・保温性をチェック
    ・防水機能は必須
    ・サイズは少し大きめがおすすめ
    ・用途に応じて選ぶ
商品一覧
ご紹介している商品一覧