この記事では、入浴剤の選び方やおすすめの商品についてご説明します。

入浴剤の種類はとても多いです。そのため、それぞれの入浴剤の特徴を踏まえた上で、自分に合ったものを購入する必要があります。

この記事を見ることで、最適な入浴剤の選び方がわかるようになるでしょう。

入浴剤にはどのような効果があるの?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

体がぽかぽか温まる入浴剤のおすすめ品紹介

血行促進効果に期待

多くの入浴剤に見られる効果の一つが、血行促進です。どのようなメカニズムで血行促進につながるかという点は、入浴剤によって異なります。

温浴効果を高める炭酸ガスの力によって血行促進を期待するタイプや、生薬の力で血行促進するタイプもあります。

血液のめぐりが良くなるというのは、健康の観点からも大きなメリットと言えるでしょう。

リラクゼーションできる

リラクゼーション効果についても、多くの入浴剤に含まれる基本的なものです。リラクゼーションにつながる要素としてあげられるのは、香りです。いい香りだと感じるような成分を含む入浴剤を使用することで、高いレベルのリラクゼーション効果を得ることができるでしょう。

人々のニーズを踏まえ、さまざまな香りの入浴剤が販売されるようになっているため、好みのタイプを選ぶことができるでしょう。

具体的な香りの種類としては、ハーブやアロマ、バラなどがあげられます。

保湿効果にも期待

多くの製品が保湿効果を得られるとアピールされています。保湿効果が得られる理由は、配合成分にあります。

ミネラルオイルや植物エキス、セラミドなど、有効な保湿成分を含んでいるからこそ、効果的なスキンケアにつながります。

そのため、乾燥肌に悩んでいるという場合、この機に入浴剤の利用を検討してもよいでしょう。お風呂に入るだけで手軽にスキンケアができるというのは魅力的です。

入浴剤の種類

入浴剤の種類は、大きく分けて6つあります。それぞれの特徴を簡単にご説明いたします。

無機塩類系

無機塩類系は、硫酸マグネシウムや炭酸カルシウムなどを主な成分とするタイプの入浴剤です。

特徴としては、保温効果が入浴後も続くという点が挙げられます。つまり、無機塩類系の入浴剤を使用した場合、湯冷めを予防できるということになります。

薬用植物系

薬用植物系は、生薬を主な成分とするタイプです。

生薬の効果により、血行の促進が期待できます。また、香りによるリラックス効果を得ることもできます。

清涼系

清涼系とは、メントールなどの清涼成分が配合されたタイプです。

冷感作用があり、入浴後にさっぱり感を得られます。したがって、夏場における使用がおすすめです。

酸素剤入り

酸素剤とは、パンクレアチンやパパインなどが配合されたタイプです。皮膚を清浄にする効果などが期待できます。また、肌に大きな刺激を与えないような工夫がしてあります。そのため、刺激に敏感な人でも使用できるケースが多いです。

スキンケア系成分入り

スキンケア系は、スクワランやミネラルオイル、セラミドなど、保湿成分が豊富に配合されたタイプになります。

保湿成分によるスキンケア効果が得られる点が大きなメリットです。乾燥しやすい季節における使用が特におすすめできます。

このように、入浴剤にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を踏まえた上で、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

香りで入浴剤を選ぶ

入浴剤の香りについては、個々の商品によっていろいろです。

基本的にはいい香りと感じるような成分の構成になっていますが、香りの好みは人によって違います

。そのため、効果に注目するだけでなく、自分が気に入る香りかどうかという点もチェックしましょう。いい香りと感じないような入浴剤を使用してしまうと、快適な入浴はできません。

男性におすすめの入浴剤とは

入浴剤というと、女性向けというイメージが強いかもしれません。しかし、実際には男性におすすめのタイプも多く存在しています。そこで、男性向けの入浴剤を2種類ご紹介いたします。

バブ メディキュア 冷涼クール レモングラスの香りは、疲労や肩こり、腰痛などの症状を緩和する効果をもっています。

仕事で疲れて帰ってきた男性にはピッタリの入浴剤でしょう。

メントールを多く配合しているため、入浴後も爽快感が持続し、さっぱり感を得たいという人におすすめできます。また、レモングラスのいい香りが漂い、気分を十分にリフレッシュすることができるでしょう。

冷え性やニキビなどの症状に対しても効果を発揮するため、とてもメリットが多いです。

created by Rinker
バスロマン
¥690 (2020/12/01 12:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

バスロマン 入浴剤 マイバス デオッシュは、ニオイケアという点で効果的な商品です。皮脂などのべたつきを解消し、ニオイの元を洗い流すことができます。したがって、汗のニオイや皮脂のべたつきが気になる男性にとってはピッタリの入浴剤でしょう。

ニオイや皮脂の問題を解決するだけではありません。保湿成分が多く含まれていて、肌にうるおいをもたらす効果も期待できます。肌の乾燥が気になるという場合には、ぜひ使用されてはいかがでしょうか。

体がぽかぽか温まる入浴剤のおすすめ品紹介

BARTH

BARTHは、炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウムが配合された入浴剤です。お風呂に入れることで重炭酸が溶け込み、血行促進が期待できます。また、体温の上昇をサポートする効果もあります。しっかり温まりたいという人には特に適した商品でしょう。

その他にも多くのメリットがあり、クエン酸やビタミンCによる肌ケア効果なども期待できます。

温素 琥珀の湯

温素 琥珀の湯は、アルカリ湯質を実現した入浴剤です。名湯のような湯ざわりを体感できる点がメリットです。

したがって、質感にこだわる人には特におすすめできます

また、注目すべき成分は炭酸ナトリウムです。温浴効果を高めて血の巡りを良くし、体温を上昇させる効果があります。そのため、十分な温かさを感じることができるでしょう。

5種類の植物エキスが配合されているため、一定の保湿効果も期待できます。乾燥しやすい季節の使用にも適しているでしょう。

created by Rinker
温素
¥1,258 (2020/12/01 12:17:06時点 Amazon調べ-詳細)

バスクリン 薬湯 カラダめぐり浴

バスクリン 薬湯 カラダめぐり浴は、生薬が豊富に配合されたタイプとなっています。

センキュウとトウキというダブルの生薬の効果により、血行と代謝が促進されます。

ぽかぽか温かい感触も得られるため、寒い季節の使用に最適です。

バスクリン 薬湯 じんわり保温感

バスクリン 薬湯 じんわり保温感は、シトラスジンジャーの香りが特徴の入浴剤です。

いい意味で気持ちをほぐしてくれるような香りであり、快適な入浴ができるでしょう。冷えた身体をじんわりと温めてくれる効果もあります。

バスクリン くつろぎの宿 温感仕立て

バスクリン くつろぎの宿 温感仕立ては、有効成分として硫酸ナトリウムと硫酸マグネシウムが配合されている点が特徴です。温浴効果を高め、身体をしっかりと温めてくれます。そのため、冷えなどの症状に悩んでいる人にはピッタリの入浴剤です。

また、疲労回復や肩こりの改善なども期待できます。

created by Rinker
バスクリン
¥1,700 (2020/12/01 12:17:08時点 Amazon調べ-詳細)

入浴剤のまとめ

  • 入浴剤は香りが良いというだけでなく、血行促進やリラクゼーション効果なども期待できます。
  • 入浴剤の種類は豊富にあり、清涼系やスキンケア系など、6種類に分類できます。
  • 入浴剤の配合成分だけでなく、具体的な効果や香りにも注目して商品を選びましょう。
  • 女性向けのものだけでなく、男性向けの入浴剤も多く販売されています。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
バスロマン
¥690 (2020/12/01 12:17:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
温素
¥1,258 (2020/12/01 12:17:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バスクリン
¥1,700 (2020/12/01 12:17:08時点 Amazon調べ-詳細)