この記事では、キーケースのメリットや選び方、おすすめの品を解説します。

現代では、家や車など、カギを持っていなくてもスマートフォンで開けられる時代ですが、金属性のカギは主流のままです。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

この記事を読むことで、カギを安全に管理して持ち運びやすくする、キーケース購入の検討が出来ます。

キーケースを使用するメリット

カバンの中でカギを無くすことが少なくなる

カバンに色々とモノを入れている場合、小さいカギを裸のまま入れていると、他のモノにまぎれて無くなってしまう可能性があります。

しかし、キーケースを利用することで一回り大きくなるため、すぐにカギを見つけることができるようになります。

カギをいくつか持っている場合にまとめて管理しておける

家のカギだけでなく、車のカギや、仕事場のロッカーのカギなどいくつかカギを持っている場合、キーケースにまとめて収納することができます。

少し大きなサイズであれば、カードキーなども一緒に入れておけたり、小銭と一緒に入れておけたりすることができます。

クレジットカードや交通系ICカードなど、持ち運びする小物の数を減らすことも可能です。

キーケース選び方

サイズで選ぶ

スマートキーはカギのサイズが大きいため、キーケースも大きいサイズの品を選ぶ必要があります。

現代の主流は大きめのキーケースですが、カギの本数が少ない場合は小さいモノでも問題ありません。

スマートキーは磁気センサを利用しているため、磁気センサが遮断されるようなキーケースの場合は、スマートキーの機能が使えません。

車のカギはキーの信号をハッキングされてしまう恐れがあるため、磁気バリアが付いているキーケースがオススメです。

キーフックの数で選ぶ

カギの数が多い場合は、キーフックの数で選ぶのもポイントです。

6本程度のカギが付けられるタイプが一般的ですが、3本程度と少ないものもあれば、10本近くのカギをつけられるタイプもあります。

商品情報をよく確認して購入するとよいでしょう。

付属機能で選ぶ

キーケースにカギだけを収納する場合は、シンプルなもので構いませんが、小銭を入れたり、交通系ICカードやカードキーなどを収納する場合は、ポケットのある少しサイズが大きいタイプを購入する必要があります。

レディース向けキーケースの人気ブランド

KATE SPADEはシンプルでかわいく上質なデザインが魅力

KATE SPADE(ケイトスペード)は、財布やコインケースなど販売しており、シンプルながら可愛く、上質なデザインから女性に人気のあるブランドです。

もともとは、バックの販売からスタートしており、レザーを利用したモダンなグッズが数多く販売されています。

KATE SPADE PWRU7213はフォーマルでおしゃれな品

KATE SPADEのおすすめの品は、PWRU7213です。サイズが10x8cm、キーフックは6つついています。

3つ折りで、ボタンでとめるタイプのフォーマルなデザインであり、カラーは6色が展開されています。

外装のデザインは無地ですが、ケイトスペードのロゴが入っているオシャレな品です。

Samantha thavasaは派手すぎず地味すぎない配色が魅力

Samantha thavasa(サマンサタバサ)は、レディースのバックなど販売しているブランドですが、最近メンズブランドも展開し男女ともに支持されているのが特徴です。

色の配色が絶妙で派手すぎず、地味すぎず、ちょうどよい具合の色使いとなっています。

Samantha Thavasa & chouette レター型キーケースは可愛らしい品

Samantha Thavasaのオススメのこの品は、手紙のようなデザインとなっている可愛らしい見た目が魅力です。

サイズは6.5x11cmで、キーフックは4本、ポケットが外に1つ、中に2つ付いています。

名刺や薄いカードなど、外側のポケットに入れておくことができます。

PRADAは歴史のあるイタリア発祥の高級ブランド

PRADA(プラダ)は、バックや洋服など幅広い製品を販売しているイタリア発祥の高級ブランドです。

アンハサウェイ主演で、「プラダを着た悪魔」という映画が放映されて大ヒットし、日本でも認知度の高いブランドになっています。

非常に歴史のあるブランドながら、時代の流れに沿った商品を生み続けており、多くの方から人気があります。

PRADA SAFFIANO METALはロゴが印象的な品

PRADA SAFFIANO METALは、プラダを象徴するロゴマークが正面に入っている高級感のあるキーケースです。

サイズが10.5×6.5cmで、フックが6つ付いています。

価格が20,000円と高額であるため、自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントなどにおすすめです。

メンズ向けキーケースの人気ブランド

Paul Smithはシンプルで質が高い品が魅力

Paul Smith(ポール・スミス)は、イギリス発祥で、ビジネス用のネクタイや財布、カバンなど販売しているブランドです。

非常にシンプルなデザインが多く、商品の質が高いところが魅力です。

キーケースや財布は、ワンポイントにカラフルな配色のアクセントが入っていることが多く、細かいデザインに人気があります。

Paul Smith ジップストローグレインはカギを何個か付けられる品

Paul Smithのオススメ品は、ジップストローグレインです。

サイズが10x7cm、キーフックが4つで大きなカギを何個か付けられるサイズであることが魅力です。

さりげなくポールスミスのロゴが入っていて、ビジネスシーンでも持っていけるシンプルなデザインも魅力でしょう。

Orobiancoは男らしいデザインが特徴

Orobianco(オロビアンコ)は、イタリアで設立されたファクトリーブランドです。

高品質な生地と、職人技術が詰め込まれた商品を世界中に販売しています。

男らしいデザインと、さりげないトリコロールがオシャレで人気のブランドです。

Orobianco ORS-021408はシンプルなデザインが魅力

Orobiancoでオススメの商品は、ORS-021408で、シンプルなデザインが魅力の商品です。

サイズは10x6cmで、キーリングは5つ、カードポケットが2つついています。

カラーは3色から選ぶことができ、メンズだけでなくレディース用としても利用ができるユニセックスの商品です。

吉田カバン・ポーターはおしゃれさと機能性が魅力

吉田カバン・ポーターは、日本のカバンメーカーである「株式会社吉田」のブランドです。

ポーターの良さはオシャレさと機能性を兼ね備えており、長く使い続けることができると海外からもファンが多いです。

吉田カバン・ポーター 653-09757はコスパが良い品

吉田カバン・ポーターのオススメの商品は653-09757です。

サイズは11x7cmで、キーフックは6つ、レザーのイメージが強いポーターですが、リップストップ生地を利用しており、価格も6,000円ほどでコスパがよい商品です。

キーケースについてのまとめ

  • キーケースを使うことで多数あるカギを一括で管理でき、カバン内で無くす心配を減らすことができます。
  • キーケースを選ぶポイントは、サイズやキーフックの数などです。
  • スマートキーがつかえるか、他に付属機能が無いかなども選ぶ際のポイントになります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧