こちらの記事は2019年11月28日の記事を2020年06月02日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・以下の項目を2020年06月02日の情報に更新いたしました。
 引っ越しの際におすすめの白物家電
 引っ越しの際におすすめのAV機器
 引っ越しの際におすすめの空調家電
 引っ越しの際におすすめの照明家電

この記事では、引越しの時に、家電を買い換えるかそのまま持ち込むかについて、どのようなメリットやデメリットがあるかを解説します。

引越しの時に、現在使っている家電を買い換えるという人も少なくありません。

しかし、家電を買い替えるにはポイントがあります。

この記事を通して、引っ越しの際に家電を買い換える時のポイントを知り、自分に合った家電選びの検討ができます。

引っ越しの時に家電を買い替える?持ち込む?

買い替えのメリットとデメリット

引っ越しの際に家電を買い換えるメリットは、新居の雰囲気に合う家電にできたり、性能や機能を一新できたりすることです。

家電には様々なデザインやカラーのラインナップがあるため、引越し先の部屋に合ったデザインの家電を選ぶことができます。

家電の性能は常に進歩しているため、新しいモデルを選べば、より機能や性能、節電効果が高いものにすることができます。

引越しの時に家電を買い換えるときのデメリットは、新しく購入する家電の値段に加えて、現在の家電を処分する手間やコストがかかる事です。

しかし、インターネット通販や家電量販店では、買い替え時の割引があったり、古い家電を格安で処分してくれたりするサービスも存在しています。

家電買い替え時の店舗ごとのサービスを、事前に確認してから購入の検討をするとよいでしょう。

持ち込みのメリットとデメリット

引越しの時に家電をそのまま持ち込む時のメリットは、使い慣れている家電をそのまま利用できる事と、コストがかからないことです。

新しい家電にすると、使い方を覚えるまでは不便さがありますが、使い慣れている家電をそのまま持ち込む事で、余計なストレスを無くすことができます。

引越しの時に家電をそのまま持ち込む時のデメリットは、置く場所のスペースが足りなかったり、デザインやカラーが部屋に合わない場合があることがあげられます。

特に、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、設置するスペースが重要です。

引越し先に現在使っている家電がそのまま設置できるかは、目視だけではなくメジャーなどを使って確認するのが大切です。

家電のデザインやカラーが引越し先の部屋に合わないなども考えられます。

古い家電のデザインや、カラーが引っ越し先で大きな違和感にならないかをよく確認しておくとよいでしょう。

引っ越しの際に買い替える家電を選ぶポイント

引っ越し先のスペースを把握してサイズを選ぶ

引越しで大型の家電を買い換えるときは、引越し先の設置場所や保管場所のスペースを把握して選ぶことが重要です。

購入してから配置ができない事に気づくという事態にならないように、引っ越し先の設置場所を、メジャーなどを使い、高さや幅をきちんと確認しておく必要があります。

テレビを置く場合は、設置場所だけでなく、部屋の広さも踏まえてサイズを選ぶことが重要です。

部屋の広さも踏まえる理由は、テレビには、サイズに応じて適正な視聴距離があるためです。

価格の比較を行い安く購入する

全く同じ家電でも、店舗によって価格やサービスに違いがあるため、比較を行ってできるだけお得に購入するとよいでしょう。

比較はインターネット通販サイトや家電量販店を使い、できるだけ多くの比較をすることが大切です。

家電の多くは、メーカーの希望小売価格がオープン価格であるため、店舗によって価格に大きな違いがあります。

また、店舗によっては、配送料や設置料などのサービスの金額も違うため、総合的に判断するとよいでしょう。

まとめ購入の特典を利用する

コストを安く抑えるために、まとめ購入のキャンペーンや、サービスの特典を利用するのもポイントです。

冷蔵庫や掃除機、洗濯機などの生活に必須な家電は、まとめて購入する場合の値段が設定されています。

まとめ購入の場合は、各家電を単品で購入するよりも、安い金額で購入する事が可能です。

しかし、まとめ購入の内容は、時期や店舗によって違いがあるためよく比較検討しておくのが大切です。

引っ越しの際におすすめの白物家電

HITACHI MRO-HE4Vは調理の設定ボタンが分かりやすい

HITACHI MRO-HE4Vは、調理の設定ボタンが分かりやすいオーブンレンジです。

温めや解凍、トーストなどの日常的な調理を、一目で理解しやすい「ダイレクトキー」から設定できます。

レンジ、オーブン、グリルなどによる焼き物も、一目でわかるボタンから設定可能です。

専用サイトではレシピが公開されているため、初めてオーブンレンジを購入する場合でも料理の幅を広げることができます。

SHARP SJ-W352E-Sは両開きドアが特徴

シャープ SJ-W352E-Sは、「どっちもドア」により、左右どちらからでも開けるのが特徴の冷蔵庫です。

169cmと低めの高さであるため、背の低い女性でも食品を取り出しやすい設計になっています。

シャープ 350L 3ドア冷蔵庫 SJ-W352E-S【標準設置無料】

TOSHIBA ZABOON AW-8V9は静音性が高い

東芝 ZABOON AW-8V9は、運転音や振動音を抑えるDDモーターの採用により、約26dB(人のささやき声程度)という高い静音性を実現しています。

アパートやマンションなど、集合住宅でも夜間に洗濯を行うことができます。

また、DDモーターは「立体水流」により、洗濯液を衣類の奥まで浸透させ、汚れをしっかり落とすことが可能です。

東芝 AW-8V9 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 洗濯・脱水8kg 乾燥4.5kg グランホワイト【配送設置無料/時間指定不可】(※配送先により納期が前後する可能性がございます)【納期目安:約2〜3週間】

TOSHIBA トルネオ ミニ VC-CF30は2つの気流で吸引力が高い

TOSHIBAのこのモデルは、2020年6月上旬発売予定のサイクロン式掃除機です。

「デュアルトルネードシステム」が特徴で、2つの気流を駆使し、パワフルな吸引力を持続させ、ゴミを強力に圧縮することができます。

コンパクトながらも、強い吸引力が続くのが魅力です。

東芝 自走式ブラシ搭載 サイクロン式掃除機 トルネオミニ グランレッド VC-CF30-R【発売日:2020年6月上旬】【入荷次第手配】

引っ越しの際におすすめのAV機器

SHARP AQUOS 2B-C10CT1は録画番組が見やすい

SHARP AQUOS 2B-C10CT1は、リモコンの「ポップアップメニュー」から、録画番組を5分ごとで表示できるため、番組の中身に簡単に目を通すことができます。

さらに、表示されたシーンを選ぶことで、そこから再生できるのも便利でしょう。

また、録画番組は一覧表示できるため把握しやすく、同じ名前の番組は、自動で1つのフォルダにまとめてくれます。

SHARP AQUOS 2T-C42BE1は聞き取りやすい声に設定できる

SHARP AQUOS 2T-C42BE1は、「音声くっきりボタン」を押すことにより、人の声を聞きやすく調節してくれます。

テレビから離れた場所から音声を聴きたい場合や、高齢者の人とテレビを見る際に便利でしょう。

2画面を同時に表示できる機能が付いており、テレビの映像とBDレコーダーが再生する映像を同時に見ることができます。

引っ越しの際におすすめの空調家電

ダイキン うるるとさらら MCZ70Wはおまかせ運転が便利

ダイキン うるるとさらら MCZ70Wは、お部屋の温度や湿度に応じて最適な運転を行う「おまかせ運転」機能を搭載しています。

「おまかせ運転」を使う事で、自分で温度を微調整する必要がなく、省エネ効果も期待できます。

また、内部に搭載されている「TAFUフィルター」は、集じん能力が高く、花粉やPM2.5、黄砂などの微粒子も除去することが可能です。

SHARP KI-LD50は除湿・加湿・空気清浄一体型

SHARP KI-LD50は、コンパクトサイズながらも、「除湿」「加湿」「空気清浄」を一台で行うプラズマクラスター除加湿空気清浄機です。

SHARP独自の「プラズマクラスター25000」は消臭性能もあるため、部屋干しの衣類に発生しやすい生乾き臭を消臭できます。

衣類乾燥機能では、部屋干しの衣類に付着したカビ菌の増殖を抑えながら素早く乾燥させることができます。

引っ越しの際におすすめの照明家電

Panasonic THE SOUND HH-CF0800Aはスピーカー搭載

Panasonicのこのモデルは、LEDシーリングライトに高品質スピーカーを搭載しているのが特徴です。

心地よい光と共に、スマホなどでBluetooth接続する事で、好きな音や音楽を流すことができます。

コンパクトなサイズでありながらも、Panasonicが培ってきたスピーカー設計技術により、低域から高域までバランスのよい音質で鳴らすことができます。

オーム電機 DS-LD42ALBは充電式のライト

オーム電機 DS-LD42ALBは、スタイリッシュなデザインの充電式デスクライトです。

フル充電により、最高照度で約6時間点灯、最低照度で約72時間もの点灯が可能です。

フレキシブルアームにより、自由な角度で照らすことができます。

引越しの際の家電の選び方についてのまとめ

  • 引越しの時に家電を買い換える時のメリットは、部屋の雰囲気に合う家電にできる事や、機能や性能が上がること、節電の効果が期待できることです。
  • 買い換える時のデメリットは、買い換える際にかかるコストと、現在の家電を処分する手間とコストがかかる場合があることです。
  • 引越しの時に家電をそのまま持ち込む時のメリットには、使い慣れている家電をそのまま利用できる事と、コストがかからないことがあげられます。
  • 家電をそのまま持ち込むデメリットは、置く場所のスペースが足りなかったり、デザインやカラーが部屋に合わない場合があったりすることです。
  • 引越しで家電を買い換える時は、引越し先のスペースを把握して選ぶことが重要なポイントです。
  • 同じ家電でも店舗によって価格に差があるため、価格や付帯サービスの比較を行い購入することが大切です。
  • まとめ購入のキャンペーンやサービスは、各家電を単品で購入するよりも安く購入できます。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
シャープ 350L 3ドア冷蔵庫 SJ-W352E-S【標準設置無料】
東芝 AW-8V9 タテ型洗濯乾燥機 ZABOON 洗濯・脱水8kg 乾燥4.5kg グランホワイト【配送設置無料/時間指定不可】(※配送先により納期が前後する可能性がございます)【納期目安:約2〜3週間】
東芝 自走式ブラシ搭載 サイクロン式掃除機 トルネオミニ グランレッド VC-CF30-R【発売日:2020年6月上旬】【入荷次第手配】
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ