この記事では鼻毛カッターについて解説します。鼻の奥はカミソリでは届かず、ピンセット等で鼻毛を直接抜いたりして痛い思いをした方も多いでしょう。

しかし、『鼻毛カッター』を使えば簡単に鼻のお手入れができます。この記事を通して日常の身だしなみ改善につなげることが出来ます。

鼻毛カッターとはそもそもなにか

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめの鼻毛カッター

鼻毛カッターとは「鼻毛を剃ること」に特化した家電で、「エチケットカッター」という呼び方もあります。

普通のカミソリや電動シェーバーでは鼻の奥には届かないばかりか、無理に鼻毛を切ろうとしてケガをしてしまう可能性もあります。

鼻毛を直接抜くという方法もありますが、痛みを伴ううえ、鼻の粘膜にダメージを与えて炎症を起こしてしまいます。そんな時に便利なのが鼻毛カッターです。

鼻毛カッターは鼻の奥にある鼻毛を剃れるように、鼻に入れる部分が細くなっているのが特徴です。

鼻のお手入れがメインの機能なので鼻の中専用のモデルが多いですが、最近では鼻毛以外にも眉毛、耳毛、ひげの手入れができる万能タイプもあります。

関連記事
髭剃りの選び方 電気シェーバーとカミソリの違い おすすめ品10選
毛を剃りたい!整えたい!夏だけでなく秋も大切なメンズグルーミングの紹介
ボディシェーバーの選び方とメンズ・レディースおすすめ商品を解説

男性向けと女性向けでアタッチメントに差がある

鼻毛カッターのデザインは、男性向けのクールでスタイリッシュなものから女性向けのガーリーでおしゃれなデザインのものまで様々です。

単に鼻毛だけに使いたいのであれば男性向けと女性向けで機能の差はありませんが、女性向けの鼻毛カッターでは鼻毛以外にも産毛や眉毛・ムダ毛の処理ができるような便利な専用アタッチメントが付属しているものがあります。

男性向けの鼻毛カッターではスーツに似合うような細身のモデルから、濃いひげにも対応できるシェーバーヘッドを備えた多機能モデルまであります。

用途に応じてデザインや機能から、自分に合った鼻毛カッターを選ぶことができるでしょう。

手動の鼻毛カッターの仕組み

手動の鼻毛カッターには大きく分けて回転式・ハサミ型・カミソリ型があります。

回転式では回転する内刃とカバーのような外刃があり、レバーを握ると歯車が噛み合って内刃が回転し、バリカンの要領で鼻毛を切り取るといった仕組みです。

刃が内側にあるため、鼻の中に入れても鼻の中を傷付けることはありません。ハサミ型は爪切り用の小さいハサミのような外見ですが、鼻の奥を傷付けないよう先端が丸くなっています。

カミソリ型は櫛の溝に刃が付いたような構造になっており、鼻に入れてくるっと回転させることで鼻毛を剃る仕組みになっています。

手動の鼻毛カッターのメリット・デメリット

手動の鼻毛カッターのメリットは小型であるという点です。また電池も要らないため、いつでもどこでもサッと取り出して使うことができます。丸ごと水洗いができるモデルが多いので衛生的に使うことができます。

また使用時にあまり音がしませんので、化粧室などでこっそり鼻のお手入れをしたい場合に便利です。

一方デメリットは広い面積の処理には向かないことや、時間がかかるという点です。細かい部分の処理には良いのですが、ヒゲやムダ毛など広い面積を連続して処理するには向きません。そのような場合は電動の鼻毛カッターを使うと良いでしょう。

電動の鼻毛カッターはモーターで刃を動かす仕組み

電動の鼻毛カッターとは、モーターで刃を動かす仕組みの鼻毛カッターです。スイッチを入れて軽く鼻に入れればどんどん剃ってくれるので連続で使うことができます。

アタッチメントを取り換えてシェーバーのように使えるモデルがあることも魅力です。毛の量が多かったり使う頻度が多かったりする方や、一つでいろいろな用途に使いたい方には便利な電動の鼻毛カッターがおすすめです。

電動の鼻毛カッターには充電式と電池式があるため、用途や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

充電式と電池式の違いとメリット

充電式の鼻毛カッターはランニングコストの高さと持続力の長さが魅力です。充電をすれば長く使えるため経済的で、乾電池に比べて充電量が多いので長く使用することができます。

一方電池式の鼻毛カッターは充電時間を気にすることなく手軽に使用できるといったメリットがあります。外出先で使用するときなど、充電ができない場所でも電池を交換するだけで使うことができます。

鼻毛カッターのメーカーごとの製品の違い

鼻毛カッターは手動式から電動式まで、様々なメーカーから発売されています。

おなじみのパナソニックやブラウン、フィリップスなどの大手家電メーカーはもちろん、多種多様な家電メーカーから発売されています。

メーカーやシリーズによって価格や機能も様々ですが、ここでは代表的なメーカーについて解説します。

貝印製の特徴は信頼感と切れ味

カミソリで有名な貝印ですが、包丁や爪切りでおなじみの「関孫六」シリーズから回転式とハサミ型の鼻毛カッターを発売しています。

信頼のおける日本製で、切れ味は折り紙付きです。

オーム電機製の特徴はLED内蔵で手入れしやすいこと

デスクライトなどで有名なオーム電機ですが、LEDライトを内蔵した鼻毛カッターを発売しています。

残念ながら丸ごと水洗いはできませんが、鏡を見ながらピンポイントで鼻の手入れができます。

パナソニック製の特徴は便利な機能の多さ

パナソニックの鼻毛カッターは、便利な機能が魅力です。

丸ごと水洗いが可能なモデルはありませんが、刃を取り外さずに水洗いができる「スマート洗浄機能」を備えたモデルがあり、メンテナンスがしやすい設計になっています。

切り取った鼻毛を掃除機のように吸い込む「毛クズ吸引機能」、側面だけでなく上面でも使える「デュアルエッジ刃」を採用しており、鼻毛の処理だけでなく眉毛やヒゲを整えるのにも使えます。

フィリップス製の特徴は刃が細長いこと

フィリップスの鼻毛カッターは他社メーカーよりも刃の部分が細長いため、鼻のお手入れはもちろん耳毛のケアにも使いやすくなっています。

回転式とは違い数個の刃が独立して動くので、毛を巻き込んで痛い思いをすることもありません。海外メーカーらしくデザインも非常に良いです。

ブラウン製の特徴は大手なのに低価格なこと

ブラウンの鼻毛カッターは、大手メーカーなのに低価格なのが特徴です。本体は少し大きくデザインも控えめですが、こちらもフィリップス同様丸ごと水ごと水洗いが可能です。

これから鼻毛カッターを使い始めたいという方にはおすすめです。

おすすめの鼻毛カッター3選

パナソニック「ER-GN20」

何といっても一見すると鼻毛カッターには見えない、細身のスタイリッシュなデザインが魅力です。デュアルエッジ刃を採用しているので鼻のお手入れにも眉毛のお手入れにも使うことができます。

化粧ポーチに入っていても違和感がなく、女性にもおすすめしたいモデルです。

パナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN20-K
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,248(2019/08/25 21:00:27時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック「ER-GN70」

ER-GN70は、毛クズ吸引機能・スマート洗浄機能の両方を備えたパナソニックの最上位モデルです。鼻毛カッターを使う上で煩わしい毛クズ残りやメンテナンスのし難さをすべて解決しています。

鼻・眉両方に使用できるデュアルエッジ刃ももちろん採用しています。その分値段も少々お高めですが、値段に見合った機能の豊富さが魅力です。

Panasonic エチケットカッター(黒) ER-GN70-K
created by Rinker
¥3,624(2019/08/26 10:23:18時点 楽天市場調べ-詳細)

フィリップス「NT1152/10」

細長いカッター部で鼻の奥にも耳の奥にも入れやすく一台二役なのが魅力です。

回転式とは違い数個の刃が独立して動くため、鼻毛カッターにありがちな毛を巻き込んで痛い思いをすることもありません。防水対応なので丸ごと水洗いが可能で、デザインも良い事が特徴です。

フィリップス 鼻毛/耳毛カッター 本体丸洗い可 NT1152/10
created by Rinker
Philips(フィリップス)
¥904(2019/08/26 00:45:58時点 Amazon調べ-詳細)

鼻毛カッターのおすすめについてのまとめ

  • 鼻毛カッターは鼻毛の手入れをする家電です。
  • 男性用と女性用で機能の差はほぼないため、デザインやアタッチメントで選ぶのがよいでしょう。
  • 鼻毛カッターは手動と電動があり、おすすめは電動です。
  • 充電式と電池式、ライフスタイルに合わせて選ぶのがよいでしょう。
  • おすすめは、フィリップス「NT1152/10」です。