掃除をする時は、ほこりが舞うなどハウスダスト対策が必要になります。
そこで掃除をする時はマスクがおすすめです。
また一度掃除中に使ったマスクは、汚れてしまうため使い捨てにするのがおすすめです。

目次

お掃除で舞い上がるハウスダスト、空気中の汚染

埃でもさまざまなサイズがあるのですが、特に1ミリメートル以下の埃は少し人が動いただけで簡単に舞い上がってしまいます。
掃除機をかけたり、物を移動させたりするとさらに埃が待ってしまい気管支喘息や皮膚炎などつながってしまう恐れがあります。
ハウスダストは埃だけでなく、最近、毛髪、ふけ、ペットの毛などさまざまな要素が混ざっています。
これらが空気に舞うことにより空気が汚染され、体に入りやすくなります。
咳やくしゃみをしやすいのは、ハウスダストなどの異物を外にだそうとするからなのです。

お掃除しているときの肌への負担、トラブル

掃除をしているとハウスダストが舞い上がってしまい、部屋の空気が汚染されてしまいます。
そのため自然と肌に負担がかかってしまい、放置しておくとお肌のトラブルにつながってしまいます。

お掃除で使い捨て不織布マスク着用する効果

掃除中は家具を動かすなどして、普段よりも埃などのハウスダストが舞いがちです。
そのため掃除中はマスクをすることをおすすめします。
マスクをしておけば少なくても口や鼻からハウスダストが入ることを防ぐことができます。
また掃除をしている時はハウスダストが舞うことから、マスクにも埃などがついてしまいます。

一度使ったマスクをもう一度使うと、埃が口に入る可能性が高くなります。
そこで掃除の時に使うのは、使い捨てマスクをおすすめします。
掃除が終わったらそのマスクはもう使わないようにしてください。
マスクはきれいに埃などをとれるので、マスクも掃除に使うとマスクが無駄になりません。

created by Rinker
トーヨーセフティー(TOYO SAFETY)
¥2,211 (2021/06/18 10:24:19時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

掃除をしていると埃などハウスダストが空気中を舞ってしまいます。
ハウスダストが体に入ることにより、体は出そうとするので咳やくしゃみなどがでてしまうのです。
ひどい場合は皮膚炎になるなど、症状が重くなるので掃除をする時はマスクをすることをおすすめします。
特に衛生面を考えて、毎回新しい使い捨てマスクをするようにするとよいでしょう。

掃除をする時は誇りがまってしまい自然とハウスダストが口の中に入るなど、健康によくありません。
そこで掃除中はマスクをすることをおすすめします。
また一度掃除中に使ったマスクは汚れてしまうので、使い捨てのマスクを使うとよいでしょう。

商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
トーヨーセフティー(TOYO SAFETY)
¥2,211 (2021/06/18 10:24:19時点 Amazon調べ-詳細)
ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ