テレビの性能がよくなり、最近は4Kを通り越して8K放送も始まっています。
そうなると気になるのがこれまで使っていたHDMIケーブルが使えるかどうかです。
そもそもHDMIケーブルについて知らない人も少なくありません。
そこで、こちらの記事ではテレビに使うHDMIケーブルについて解説します。
選び方やバージョンについても触れていきますので、これからテレビを購入する人にも参考にしていただける内容です。

HDMIケーブルとは

そもそもHDMIケーブルについてよくわからなければ、テレビを購入しても困るばかりです。
まずは、HDMIケーブルとは何かということに触れていきましょう。

デジタル機器の接続に使うケーブル

HDMIは、High-Definition Multimedia Interfaceの略称です。
日本語に訳すと、高精細度マルチメディアインターフェイスとなり、デジタル機器の接続に使います。
2002年に、半導体メーカーがメインとなって策定しており、デジタル家電やAV機器の間で品質の高い映像や音声のやり取りを行うためのケーブルです。

HDMIケーブルができるまでは、映像と音声を別のケーブルで繋ぐ必要がありましたが、HDMIケーブルが登場したことで、一本で情報を送ることができるようになりました。
HDMIはフルデジタル伝送であり、信号劣化が少ないのが特徴です。
さらに、送信できるデータ量も多いのもメリットでしょう。

テレビに使うHDMIケーブルの選び方

HDMIケーブルを選んだことのない人にとって、数あるケーブルの中から合ったものを選ぶのは至難の技です。
HDMIケーブルを選ぶ上でのポイントを押さえておくと、選びやすくなるでしょう。一つずつ解説していきます。

解像度と伝送速度

現在、流通しているHDMIケーブルは、対応する解像度や伝送速度によって性能が異なります。
「スタンダード」「ハイスピード」「プレミアムハイスピード」「ウルトラハイスピード」に分けられるのが一般的です。
例えば、4Kの伝送をするためには、ハイスピード以上にHDMIケーブルが必要になります。
8Kとなればウルトラハイスピードを使わなければなりません。

コネクタの形状

HDMIケーブルと一括りにしても、コネクタの形状は様々です。
基本的に5つの形状に分けられており、標準サイズの他にミニサイズやマイクロサイズが見られます。
一般的に多く見られる形状は、HDMIタイプAコネクタでしょう。
テレビやゲーム機、パソコンなど幅広く使われています。

一方で、ビデオカメラやノートパソコンではミニHDMIが必要です。
その他、スマホやタブレットで使われるマイクロHDMIコネクタもよく見かけるでしょう。
これはいわゆるType-Dと呼ばれるものです。
しかし、最近はHDMI端子が備わったスマホ製品が少なくなっています。

長さ

HDMIケーブルは、長さも様々にあります。
1m未満の短いタイプもあれば、100m以上の超ロングサイズもあり、用途に合わせて選ぶことが可能です。
自宅で使う場合は、機材同士の距離をしっかりと測った上で購入する必要があります。

おもなバージョン

バージョン 主な解像度とフレーム 帯域幅 追加機能
HDMI(ver1.4) 4,096×2,160 (24p)

3,840×2,160 (30p)

10.2Gbps ・3D映像に対応

・4K/30pに対応

HDMI(Ver2.0) 3,840×2,160 (60p) 18Gbps ・4K/60pに対応

・アスペクト比21:9に対応

HDMI(Ver2.1) 3,840×2,160 (120p)

7,680×4,320 (60p)

48Gbps ・8Kに対応

・10K解像度もサポート

 

おすすめのテレビ用HDMIケーブル

続いては、テレビに使えるHDMIを2点ご紹介します。

パナソニック(Panasonic) HDMIケーブル RP-CHE10

リーズナブルな価格のHDMIケーブルを探している人におすすめなのがこちら。国内大手ブランドのPanasonicから出ていることもあり、安心して使えます。
大きな特徴は、スチール製ケースと銅箔の3重シールド構造になっている点です。
そのためノイズの影響を受けにくく、スムーズに信号を伝えてくれます。
バージョンはハイスピードで、フルHD解像度の3Dコンテンツでも問題なく楽しめるでしょう。
長さは1mと短いので、自宅のテレビ設置に使いやすいでしょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥927 (2024/07/14 03:48:35時点 Amazon調べ-詳細)

バッファロー(BUFFALO) HDMIケーブル BSHD3S10BK/N

こちらのHDMIケーブルの特徴は、なんと言っても直径3.7mmの細いラインです。
ごちゃごちゃしがちなケーブルですが、テレビの背面でもすっきりとまとまりやすいでしょう。
バージョンはハイスピードタイプで、綺麗な映像を楽しめます。
また、ARCにも対応しており、テレビで受信したデジタル音声を、サウンドバーなどに伝送できるので、ケーブル一本で配線できるのはメリットといえるでしょう。
長さは1mなので、自宅での活用に向いています。

あわせて読みたい

HDMIケーブルとは?おすすめと選び方 種類の徹底解説
S端子ってなに?S端子信号をHDMI信号変換する変換器のおすすめ
hdmiケーブルの10mスリムタイプなら便利!
lan ケーブルと hdmi ケーブルの違いとは
テレビに使うHDMIケーブルとは?選び方やバージョンを解説!
hdmiケーブルって何?パソコン用hdmiケーブルの選び方を解説
スマホで使うHDMIケーブルとは?デバイス別の選び方と使い方

まとめ

4Kや8Kが主流になりつつある昨今、HDMIケーブルも欠かせないアイテムとなっています。
より綺麗な画像を見るためには、HDMIケーブルの種類を把握しておくこともポイントです。
バージョンによって使えるテレビは異なり、間違えてしまえば使えないこともあります。
HDMIケーブルを購入する前は、事前にどのタイプのケーブルを用意するべきか把握しておかなければなりません。
また、設置する場所や使うシーンによって、接続部のタイプやケーブルの長さについても検討する必要があるでしょう。
しっかり把握してベストなHDMIケーブルを選ぶことをおすすめします。

 

 

商品一覧
ご紹介している商品一覧
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥927 (2024/07/14 03:48:35時点 Amazon調べ-詳細)