こちらの記事は2018年11月21日の記事を2020年05月14日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・空気清浄加湿器でおすすめのメーカーの項目を追記いたしました。
・おすすめの空気清浄加湿器を2020年05月14日の情報に更新いたしました。

この記事では、空気清浄機加湿器の選び方とおすすめの品を解説します。

冬の時期になると乾燥してしまうため、部屋を加湿をする必要がある人もいるでしょう。

最近は空気清浄機に加湿機能が付属されていることが多く、購入する際に加湿機能の有無をチェックする人が少なくありません。

この記事を読むことで、自分に合った空気清浄機加湿器購入の検討ができます。

空気清浄機加湿器のメリット

空気清浄機加湿器のメリットには、空気を綺麗にしながら乾燥対策ができる点や、インフルエンザ・風邪の予防になる点、PM2.5や花粉症対策になるなど、多くの事があげられます。

冬場は湿度が低くなるのに伴って、空気が乾燥し肌がガサガサになってしまったり、インフルエンザや風邪に感染しやすくなったりしてしまいます。

しかし、加湿機能を利用すれば、冬場の乾燥を防ぐことが可能です。

室内を常に50%前後の湿度にする事でインフルエンザに感染しにくくなるうえに、肌が乾燥することを防ぐ効果があります。

また、黄砂やPM2.5対策も水分に弱いため、加湿機能は春にも活躍させることが可能です。

上記の事から、通常の空気清浄機をよりも、加湿機能が搭載されている空気清浄器を購入するとお得です。

関連記事
結露に困っている人必見!除湿機とはなにかと選び方 おすすめの品
除湿機のおすすめは何がある?種類別おすすめの紹介
煙草に一番効果ある空気清浄機の条件 おすすめのメーカーと品を解説
パナソニックの空気清浄機の人気と口コミ おすすめの品を解説
タバコを吸う人におすすめの空気清浄機とは なにを基準に選ぶべき?
プラズマクラスターとナノイーの違いは?特徴や効果など比較・解説!

空気清浄加湿器の選び方

フィルターの性能で選ぶ

フィルターの性能は、空気清浄機を選ぶうえで重要です。

空気清浄機のメインの機能は、ホコリなどをフィルターに集じんして空気を綺麗にすることであるためです。

おすすめのフィルターはHEPA規格の製品で、ほぼ全ての国内メーカーが採用しているフィルターで、静電気を用いてフィルターの吸着度を高めているという特徴があります。

大きなホコリ以外に、0.3ミクロン程度の大きさのハウスダストもキャッチすることができます。

また、フィルターは性能だけでなく寿命も見ることも大切です。

フィルターの交換の頻度は、製品によって「半年〜10年に1回」と異なるため、購入する前にチェックが必要です。

適用床面積で選ぶ

加湿空気清浄機を購入する際は、適用床面積が部屋のサイズに合うものを選ぶことも大切です。

空気清浄機能を単独で使用するときと、加湿機能を使う場合は、適用床面積が違うことが多々あるため、注意が必要です。

適用床面積を確認したい場合は、各メーカーの仕様表を見るとよいでしょう。

また、部屋のサイズより適用床面積が大きい製品だと、集じん機能がより高くなり、素早く空気を綺麗にすることができます。

使い勝手で選ぶ

使い勝手のよさも、加湿空気清浄機を購入する前に必ず確認する必要があります。

空気清浄機は、基本的に自動運転で24時間365日稼働させることが推奨されているためです。

使い勝手のよさを判断する場合は、給水タンクの着脱のしやすさや、適切な形状や大きさで持ち運びしやすいかをチェックするとよいでしょう。

手入れのしやすさで選ぶ

プレフィルターの掃除のしやすさや、集じんフィルターの交換の目安も確認する必要があります。

フィルターのメンテナンスは、空気清浄機の効果を低下させずに使用する上で欠かせないためです。

加湿機能を使用する場合は、給水タンク・加湿フィルターが洗いやすい構造かどうかも見る必要があります。

空気清浄加湿器でおすすめのメーカー

SHARP

SHARPの空気清浄器は、独自のイオン発生技術である「プラズマクラスター」技術により、浮遊する菌を除菌してくれるう上、浮遊するアレル物質の作用も抑制してくれます。

たばこの臭いなども分解除去するため、お部屋の臭いが気になる方にも安心です。

ウイルスが気になる方や、カビ菌が不安という方にもSHARPの空気清浄機がおすすめです。

Panasonic

Panasonicの空気清浄機は、「ナノイー」技術が特徴です。

ナノイーは水に包まれた微粒子イオンで、花粉などのアレル物質や、臭い、菌の除去なども行ってくれます。

肌と同じ弱酸性であるため、美肌や美髪になるなどの美容面の効果が期待できるのも魅力でしょう。

他にも、10年間交換の必要ないフィルターを採用していたり、機械内部に防カビユニットを搭載していたりするなど、メンテナンスの手間を減らしているのも魅力です。

ダイキン

ダイキンの空気清浄機は、ストリーマ技術が搭載されていることが特徴です。

ストリーマはプラズマ放電の一種で、空気中の有害化学物質を分解する効果があります。

ハウスダスト・花粉・PM2.5・ダニ・タバコやペットの臭いなどに効果的です。

おすすめの空気清浄加湿器

日立EP-HG50は空気清浄の早さが特徴

日立EP-HG50は、 背面両サイドから空気を吸い込む「ワイドスピード集じん」により、8畳であれば11分という速さで空気を綺麗にできます。

花粉やPM2.5だけでなく、浮遊するウイルスも除去し、臭いも吸い込んで快適な空気にすることができます。

本体は、小さな設置面積を実現したサイズを実現し、インテリアとしても魅力的なガラスパネルを採用しているのも魅力でしょう。

SHARP KI-LD50は業界最小サイズ

SHARP KI-LD50は、除湿・加湿・空気清浄機能をすべて備えた一体型で、業界最小サイズ(2020年3月26日現在)を誇るコンパクトなモデルです。

衣類乾燥用の機能も搭載しているため、部屋干し衣類を素早く乾燥できます。

また、衣類乾燥をする際には、独自のプラズマクラスターによる高濃度のイオンにより、付着カビ菌の増殖を抑制しながら、部屋干し衣類の生乾き臭を強力に消臭してくれるのも魅力でしょう。

部屋干しを頻繁に行う方や、梅雨の時期の使用におすすめです。

ダイキン うるるとさらら MCZ70Wはおまかせ運転が便利

ダイキン うるるとさらら MCZ70Wは、室内の温度や湿度に合わせて最適な運転を行ってくれる「おまかせ運転」が搭載されています。

「おまかせ運転」により、自分で運転を微調整する必要が無い上、省エネ効果も期待できます。

フィルターには、集じん能力の高い「TAFUフィルター」が搭載されており、花粉、PM2.5、黄砂などの微細なものも除去する事が可能です。

ダイキン うるるとさらら 除加湿空気清浄機 MCZ70W-T ビターブラウン

Panasonic F-VXS40は美容にも効果がある

Panasonic F-VXS40は、水に包まれたイオンを活用する独自の「ナノイー」技術により、空気の汚れの除去や、美容にメリットがある加湿空気清浄機です。

「ナノイー」は、ウイルスや菌、アレル物質がある空気の浄化や、脱臭効果がある上に、水分により髪や肌を潤いを与えてくれる効果があります。

また、34dB以下の静かな稼働音を実現した「勉強モード」を使えば、読書や勉強などへの集中を妨げずに空気を正常し続けることが可能です。

加湿空気清浄機についてのまとめ

  • 加湿空気清浄機のメリットはたくさんあり、「空気を綺麗にしながら乾燥対策ができる」「インフルエンザ・風邪の予防」「PM2.5対策になる」「花粉症対策が可能」などがあげられます。
  • 加湿空気清浄機の選び方のポイントは、「フィルターの性能」「適用床面積」「使い勝手」「手入れのしやすさ」です。
  • スペックの高い加湿空気清浄機が欲しい場合は、適用床面積が自分の部屋のサイズより大きめの製品を選ぶとよいでしょう。
  • 加湿空気清浄機は、給水タンク・加湿フィルターの構造などもチェックする必要があります。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ダイキン うるるとさらら 除加湿空気清浄機 MCZ70W-T ビターブラウン