スマートフォンが普及した現代ですが、それでもなお毎日時計を着用して出かける人が大勢います。

こちらの記事では、大人な雰囲気を醸し出すことのできるアイテムとして人気の薄い時計の魅力を紹介していきます。

薄い時計が人気

薄い時計は軽い、手首になじみがいい、などの理由から男女問わず人気があり、薄い時計だけを好んで着用する人も多くいます。

また薄い時計は袖に引っかかりがないため、日常生活でも使いやすいと評判が高いです。薄い時計は特にきれいめな服装によく合い、気品のある印象を与えることができます。

小ぶりな時計が人気の理由 おすすめのメンズ用のサイズとブランド

世界最薄の時計といわれるのは日本のブランド

そんな男女問わず人気が高い薄い時計ですが、なんと世界最薄と言われている腕時計は日本のブランドが発売している製品です。

それは、日本の大手時計メーカーであるCITIZEN(シチズン)が販売する、昨年話題にもなった「エコ・ドライブ ワン AR5025-08E」です。

バンドはワニ革の両プッシュ観音開きタイプで、ガラスはサファイアガラス、気になる厚みはなんと2.98mmという驚異の薄さです。これは1円玉を2枚重ねた厚さよりも薄いサイズですから、驚きです。

腕時計の世界では「50gを切れば軽い」と判断される中で、エコ・ドライブ ワン AR5025-08Eの重さは35gと軽量です。薄くて軽い、現代のファッションに理想的な時計となっているのです。

エコ・ドライブ ワン AR5025-08Eは世界最薄という称号が先行しがちな腕時計ですが、注目すべきはその美しさにあります。

CITIZENは気が遠くなるほどの手間と時間をかけて製品を改良し、過度な機能や華美な装飾を極限まで削ぎ落として、限りなくシンプルに時計の美しさが表現された製品をつくりだしました。

そのシンプルな美しさはビジネスでもプライベートでも他人の目を奪い、所有者は周囲からの尊敬の眼差しを一身に集めるでしょう。

薄さ1.00mmのムーブメントには85個もの部品が内包され、精密な時を刻み続けます。しかし薄さを極めようとするとどうしても避けては通れないのが強度の問題です。

世界最薄の腕時計を実現するためにCITIZENは、薄さと強度という相反する要素を両立できる新素材を採用して問題を解決しました。

文字盤にはサファイアガラス、ベゼルにはサーメット、ケースにはステンレスが使用され、それぞれの素材が必要不可欠な役割を担っています。

サファイアガラスの時計とはなにか 暴風に使われるガラス素材の解説

機械式で薄い時計

一般的には機械式の方がクォーツ式の時計より厚いとされていますが、機械式にも十分薄い時計は存在します。

ピアジェ アルティプラノ アルティメート・オートマティック

ピアジェ アルティプラノ アルティメート・オートマティックは極薄時計の名手であるピアジェが創業140周年に発売した、世界最薄の機械式とのうわさもある極薄時計です。

なんと、自動巻きとしては驚異の4.3mmという薄さを誇ります。

従来は薄型の時計は薄いムーブメントを薄いケースに収めて作られていました。

しかしピアジェは2014年に発売したアルティプラノ 900Pで、ケースの裏蓋に直接歯車などを組み込みケースとムーブメントが一体となった構造を開発し、わずか3.65mmという薄さを実現します。

この製品を自動巻きに転用することで開発されたのがピアジェ アルティプラノ アルティメート・オートマティックです。

ピアジェは過去にもなんども時計業界の常識を打ち破っていて、数多くの世界記録も樹立しています。

豊富な経験と実績を持つピアジェだからこそ、今回のピアジェ アルティプラノ アルティメート・オートマティックを生み出すことができたのです。

腕時計ブランド PIAGET(ピアジェ)の歴史と特徴、価格帯
腕時計 ピアジェ ALTIPLANOウォッチの解説

ジャガー・ルクルト マスター・ウルトラスリム 38mm

ジャガー・ルクルトでは以前より「マスター・ウルトラスリム」という超薄型手巻きモデル34mmケースの製品が販売されていました。それがモデルチェンジにより改良され、こちらの38mmケースモデルとして登場しました。

シルバーを基調とした文字盤はシンプルでありながら神秘的な美しさを放ち、放射状に薄く筋が入っているので光の反射を抑えるとともに色の変化を楽しむことが可能です。マスターシリーズ統一のドーフィン針が2本だけという仕様で、余計な飾り気は一切ありません。

それでいて存在感を放ち、持ち主の気品を感じさせる時計となっています。

シルバーの文字盤でも針はツヤ消しのものが使用され、視認性の面でも十分に考慮されています。リューズにはジャガー・ルクルトのロゴマークが刻まれ、ジャガー・ルクルトの名前を知っている人は誰しもが魅了されるでしょう。

時計の裏側はガラスになっていて、ムーブメントの美しさを目で見て楽しむことができます。

これだけ小さいスペースには123個もの部品が整然と並び、1秒1秒正確に時を刻んでいますので、驚きです。ステンレススチールケースの製品では革ベルトタイプとブレスレットタイプが用意され、それぞれの嗜好や着用シーンに合わせて選べます。

付け心地も抜群で、これを身につけるだけで毎日が特別な日として輝きだすでしょう。

腕時計ブランド ジャガー・ルクルトの歴史と特徴、価格帯の解説

オーデマ ピゲ ジュール オーデマ エクストラシン

オーデマ ピゲ ジュール オーデマ エクストラシンは、1875にスイスで創業された世界3大時計メーカーの1つであるオーデマピゲが提供する薄型時計です。

創業以来ずっと創業者の一族が営む世界的ブランドとして有名ですが、実は日本ではそれほど知られていません。

オーデマ ピゲの製品は高級感のあるデザインが魅力的で、ビジネスのシーンで重宝されます。スーツだけでなくカジュアルな服装にも合わせることができ、愛用者の中には仕事とプライベートの両方で着用する人も多いです。

シルバーの文字盤のものは美しさを誇り、持ち主に上質な日常を提供します。ブラックの文字盤のものは強さをたたえ、時計を見るたびに心を落ち着かせることができるでしょう。

ブレスレットにはワニ革が使用され、それぞれの時計に最も適したデザインが刻まれています。

永久保証がついているため、購入してから何年が経過していても故障した時には修理してもらえます。オーデマ ピゲ ジュール オーデマ エクストラシンは高級な時計を一生モノとして使い続けたい人にぴったりな時計です。

腕時計ブランド オーデマピゲの特徴と歴史、価格帯の解説
腕時計 オーデマピゲ ジュール オーテマ の解説

薄い時計についてのまとめ

  • 薄い時計は男女問わず人気のある時計。軽いことや手首になじみやすいことから、様々なシーンで活用しやすくなっています。
  • 一般的には機械式の時計の方が厚いと言われていますが、機械式にも十分薄い製品は存在します。クォーツ式か機械式か、薄い時計の中でも特に気に入ったものを見つけてみてください。
  • 毎日を特別なものにしてくれる時計は、身につける人をワンランク上の生活へ導いてくれるでしょう。
  • 愛着を持って使い続けられる時計を選べば、何気無い日々がもっと素敵になりますよ。