東芝/REGZAの概要と歴史

2005年に初代の『REGZA(レグザ)』が発売されてから、東芝は現在も『REGZA』シリーズとして、超高画質なテレビを作り続けています。『REGZA』の名前の由来は、ドイツ語で「躍動感」です。まさしく、人を惹きつける『REGZA』の映像美には躍動感があふれ、見る者に驚きと感動をくれます。

以下では、4つの『REGZA』シリーズを解説します。

それぞれに優れた特徴や機能が備わっており、ベストパートナーとなるテレビとの出会いがきっと待っています。

「X910」シリーズ

6,5mmという、驚くべき薄さのスクリーンを実現した大型テレビです。ディスプレイには、4K有機ELを使用しています。

フルハイビジョンの4倍という画素数を誇る、4K放送受信に対応した新世代テレビです。ハイビジョンの上をいく映像美が堪能できます。

ハイビジョン(HD)放送とは何か フルハイビジョンと4Kの違い
4Kテレビってなに?4Kテレビとはなにかとメーカー別のおすすめ品
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

「Z810X」シリーズ

人物の肌をより一層美しく映す、美肌に特化した高画質テレビです。色や艶、そしてきめの細かな肌を表現する4K液晶ディスプレイを搭載しています。

地上デジタル放送の映像もブルーレイの映像も、一段とクリアに写実的な映像が楽しめます。「Z810X」シリーズのサイズは、65V型・58V型・50V型の3タイプです。

「BZ710X」シリーズ

4K放送のダイナミックなサウンド再生に対応した、「BZ710X」シリーズは、クリアーな高音質を実現する「大容量バスレフボックス2ウェイスピーカー」をディスプレイの前面に配置しています。

さらに、日本の音響機器メーカーのパイオニア、「オンキヨー株式会社」と共同開発した「バズーカウーファー」を搭載しています。

体の奥に染み込むような、重低音再生を可能にしました。「BZ710X」シリーズは、迫力のサウンドが味わえるテレビです。サイズは、49V型と55V型の2タイプあります。

「M510X」シリーズ

いつも見ている映像をワンランクアップする、「地デジノイズクリア高精細化技術」を採用したテレビです。

地上デジタル放送特有のノイズを低減する技術で、さらに映像や文字が鮮明になりました。ほかにも、映像を送信する際に失われる、映像本来の色を「広色域復元」により再現しています。

よりナチュラルな色彩表現で、映像に質感まで感じられます。サイズは、58V型・50V型・40V型の3タイプです。

フルHD液晶パネルを初搭載した、初代『REGZA』発売から13年で、東芝の『REGZA』シリーズは、映像の美しさや迫力の音質、さまざまな録画機能、環境に配したエコ技術など、変化するライフスタイルに対応したテレビが作られてきました。

ユーザーの満足のために、日々進化し続ける『REGZA』シリーズから、今後も目が離せません。

40型テレビの大きさとリビングに合うサイズ おすすめのモデル
テレビ 東芝/REGZAとは 歴史と特徴 価格帯の解説

東芝/REGZAの特徴

東芝『REGZA』の特筆すべきポイントは「タイムシフトマシン」です。

『REGZA』の上位モデルが対応しているこの機能は、『REGZA』の売りであり、東芝の優れた発明の一つです。

「タイムシフトマシン」とは、放送終了した番組を、放送時間に関係なく見たいときに視聴できる驚きの機能です。

地上デジタル放送のお好きなチャンネル、最大6チャンネル分(時間にして約80時間)の放送が、まるごとハードディスクに保存されます。「タイムシフトマシン」で録画した全番組は「過去番組表」として再表示され、表示された番組はいつでも視聴可能になります。

家事や仕事で、チェックしていた番組が見れない忙しい方も、予約をうっかり忘れて見たい番組が録画できなかった方も、「タイムシフトマシン」でストレスフリーの毎日が送れるようになります。

「タイムシフトマシン」は他社のテレビにはない、東芝『REGZA』だけの機能です。

東芝の歴史と特徴 価格帯を解説

東芝/REGZAの価格帯

価格帯
東芝『REGZA』シリーズ
¥350,000~900,000

『REGZA』シリーズは、個々のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

一人暮らしの方には、高画質シンプルレグザ「S11」シリーズがおすすめです。

「S11」シリーズは、場所をとらない薄型テレビです。サイズは19V型(35万円)と、24V型(42万円)の2タイプあります。

搭載された「高画質化技術(レゾリューションプラス4)」により、超解像処理された細部まで綺麗で鮮明な映像が楽しめます。日本開発・日本生産の安心なテレビです。

地上デジタル放送も映画もゲームも、超高画質、大画面で楽しみたい方には、「X910」シリーズがおすすめです。

4K放送受信対応テレビです。「タイムシフトマシン」などの便利な機能が搭載されています。

サイズは、55V型(70万円)、65V型(90万円)と少々値は張りますが、値段以上の満足のいく映像が味わえます。

最新モデル「X920」シリーズは、深みのある「黒」を再現することに成功し、映像はさらに美しくリアルになっています。サイズは、55V型と65V型の2タイプ。2018年7月より受注開始予定です。