これから新しいテレビの購入を検討している人は、4Kテレビが候補に入っていると思いますが、4Kについて正しい知識を持っている人は少ないでしょう。

ここでは、4Kとはどんな映像技術なのか、国内メーカー・海外メーカーのおすすめテレビを紹介しています。

4Kテレビの知識をしっかりと身につけて、家電量販店で店員さんの言っている意味が分かるように予習しておきましょう。

そもそも4Kテレビとは

ここ数年で発売されたテレビは、「4K」という映像技術を売りにしている商品が多くなっています。

4KのKは「キロ」の略で「千」を意味し、4,000という数値を意味しています。この4,000という数値は、テレビの画素数を示し、「4Kテレビ」と呼ばれるテレビは4,000✕2,000程度の画素数に対応していることが分かります。

これまで一般的だったテレビでは、1,920✕1,080といった画素数(最近では2Kと呼ばれる)までしか対応していません。

4Kテレビは、今までの2Kテレビに比べて画素数が4倍の高密度になるため、テレビに詳しくない人が見ても違いが分かるほど鮮明な映像を映し出します。

4Kの技術について少し詳しい人は、「現状の地上デジタル放送は2Kだから、4Kテレビは明らかにオーバースペックだ」と主張する人がいますが、そうとも言い切れません。

現状では、4K映像を放送しているのは「スカパー4K」など、非常に少ない業者だけですが、これから広く普及していく可能性が高いです。

また、2Kの地上デジタル放送であっても、4Kテレビに搭載された「アップスケーリング技術」と「超解像技術」によって、2Kの映像を4Kの映像のように鮮明に映し出すことが可能になっています。

新しいテレビの購入を検討している場合には、これから世界的に4Kの映像が増えて行くであろう「将来性」を持ちながら、現状の2K地上デジタル放送も鮮明に映し出せる4Kテレビを候補に入れてみてください。

ハイビジョン(HD)放送とは何か フルハイビジョンと4Kの違い
4Kテレビってなに?4Kテレビとはなにかとメーカー別のおすすめ品
地デジテレビで二万円前後の激安モデル それぞれの価格と特徴を解説

国内メーカー4Kテレビのおすすめ

テレビやパソコンなどの電子機器は、多少高いお金を出しても安心できる国内メーカーを選びたいところです。

ここでは、国内主要メーカーが販売している4Kテレビのおすすめ商品を紹介します。また、それぞれのテレビに搭載されている映像技術についても解説していきますので、自分に合ったテレビ選びの参考にしてください。

ソニーの4Kテレビのおすすめ

ソニー(SONY)は、1946年に井深大と盛田昭夫によって創業された電気機器メーカーです。創業してしばらくの間は、電気機器を製造販売していましたが、現在では銀行業や生命保険業まで幅広く事業を広げたグループ企業に成長しています。

世界的に見ても大企業であるソニーが作る4Kテレビは、テレビ選びの候補として絶対に入れておきたい1つと言えるでしょう。

ソニーの幅広いテレビのラインナップの中で最もおすすめしたいのは、「直下型LEDバックライト」を採用した「X9000Fシリーズ」です。

液晶テレビは、文字通り「液晶」が映像を映し出しているのですが、液晶だけの光では映像を鮮明に映すことができません。暗く感じてしまう液晶を、LEDバックライトで照らすことによって、より鮮明な映像を作っています。

このLEDバックライトには、「エッジ型」と「直下型」という2種類の方式があります。エッジ型は画面の左右または上下の端にLEDを配置してもので、直下型はテレビの画面全体にLEDを敷き詰めたものです。

エッジ型LEDでは、端にしかLEDが存在しないためテレビ画面全体を均一に照らすのが難しく、どうしてもムラが生じてしまいます。

これに対して、直下型LEDはテレビ画面全体をくまなく照らしだすので、より深みのある色合いを表現できます。

ただし、直下型LEDはエッジ型に比べて、画面に搭載するLEDの数が多くなり、必然的に価格も大幅に上昇してしまうのが弱点となっています。

ある程度の予算があって、少しでも画質が良い4Kテレビを探している人は、ソニーの「X9000Fシリーズ」の購入を検討してみてください。画面サイズは、49インチ・55インチ・65インチの3種類の中からお選びいただけます。

パナソニックの4Kテレビのおすすめ

パナソニックは、松下幸之助が大阪で創業した白物家電を得意とした家電メーカーです。近年では生活家電にとどまらず、パソコンや住宅設備まで事業を拡大しています。

パナソニックの液晶テレビブランドである「ビエラ(VIERA)」は、2011年度の調査で液晶テレビの国内シェアで15%前後の第3位となるほどの人気を誇ります。

ここで紹介するのは、ビエラシブランドの中でも画質とフレームの細さにこだわった「FX800シリーズ」になります。

ビエラの映像技術の1つに「ヘキサマクロドライブ」と呼ばれるものがあります。ヘキサマクロドライブは、4Kの高精細な映像をより鮮明に映し出すために、映像を部分ごとに解析し処理する機能です。

このヘキサマクロドライブによって、画面からは細かいノイズさえ消し去り、これまで以上に肉眼に近い映像を映し出すことに成功しました。

また、FX800シリーズはフレーム(画面の枠)を極限まで細くすることで、まるで映像が浮かび上がっているように錯覚させてくれる仕様になっています。

画面サイズは、65インチ・55インチの2種類の中からお選びいただけます。

テレビ パナソニック/VIERAとは 歴史と特徴 価格帯の解説

東芝の4Kテレビのおすすめ

東芝(TOSHIBA)は、1882年に田中大吉が東京都芝浦に設立した「田中製造所」がもとになった家電メーカーです。

東芝も他の家電メーカーと同じく幅広く事業を展開していますが、2018年に半導体部門を売却するなど、経営のスリム化にも着手しています。

東芝の液晶テレビブランドである「レグザ(REGZA)」は、他社のテレビには取り入れられていない最新技術を積極的に搭載していることが特徴です。

その最たる例が「タイムシフトマシン」という機能になります。タイムシフトマシンとは、最大7チャンネルの番組を同時に録画でき、しかも最大15日間分の番組を全て保存できる機能です。

この機能により、簡単に「過去に戻る」ことができるので、タイムシフトマシンという名前が付けられました。

SNSで話題になったテレビ番組を後から知ったとしても、普通は友達が録画したDVDを借りるなどしなければ見ることができません。しかし、タイムシフトマシンがあれば、テレビが常に録画をしている状態なので、後から興味のある番組を見ることができます。

東芝の「X920シリーズ」は、BS・CS4Kチューナーとタイムシフトマシンを搭載しているため、見たい番組を逃すことが大幅に減る仕様になっています。

画面サイズは65インチ・55インチの2種類の中からお選びいただけます。

テレビ 東芝/REGZAとは 歴史と特徴 価格帯の解説

シャープの4Kテレビのおすすめ

シャープ(SHARP)のおすすめ液晶テレビ「LC-80XU30」には、「8K解像度」「N-Blackパネル」という先進技術が搭載されています。

4K画質の4倍の解像度を誇る「8K解像度」は、他のメーカーには無いメリットと言えます。また、「N-Blackパネル」は、液晶パネルの表面に反射を低減させる特殊な素材を採用し、映り込みを極限まで抑えた仕様になっています。

画面サイズは80インチとなっています。

テレビ シャープ/AQUOSとは 歴史と特徴 価格帯の解説

海外メーカーにもおすすめがある

以前の常識では、高品質な商品を求めるなら国内メーカーしか選択肢がありませんでしたが、現在では海外メーカーも品質の高い商品を販売しています。

LGの4Kテレビのおすすめ

LGの「OLED77C8PJA」は、OLEDという有機ELを搭載した大画面液晶テレビとなっています。

有機ELとは、従来の液晶テレビの1/10という厚みを実現した新時代の規格です。また、薄さだけでなく映像の鮮明さにも優れています。

従来の液晶パネルは、液晶の裏側にバックライトが必要でしたが、有機ELパネルは有機物が自発光するのでバックライトが必要ありません。

そのため、本来の映像美に近いものを画面に映し出せるため、よりリアルな映像を楽しむことが可能になっています。

画面サイズは77インチとなっています。

LGエレクトロニクスの歴史と特徴 価格帯を解説
有機ELテレビとはなにか? 特徴と価格帯 おすすめのモデルを解説
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

4Kテレビについてのまとめ

  • 4Kテレビは従来の4倍の画素数を誇る高画質なテレビです。
  • 国内メーカーのテレビには、それぞれ特徴があります。
  • 海外メーカーも国内メーカーに引けを取らない性能を誇ります。