ブラウン管テレビが主流だった頃と比べて、テレビの画質などは目に見えて進歩しています。

鮮やかな色彩、躍動感のある動きを自宅でも楽しめるテレビは、生活に欠かせない存在と認識している人も多いです。

テレビの話題から会話が広がることやニュースなど必要な情報を提供するテレビは、人々の需要に合わせて日々進化しているため色んな種類のモデルが販売されています。

高性能で薄型の液晶テレビ・4Kテレビがありますが、中でも人気のあるのがプラズマテレビです。プラズマテレビは、他のテレビに比べて光のコントロールが優れています。

一方、具体的にプラズマテレビの特徴を知らないと言う人も少なくありません。液晶の違いなどが分からない…と感じている人は意外と多数います。そこで今回は、プラズマテレビに関して詳しく解説していきます。

そもそもプラズマテレビとはなにか?

そもそもプラズマテレビには、どんな特徴があるか知らない人もいるでしょう。この章では、プラズマテレビの特徴について説明を交えながら紹介します。

プラズマテレビは、画素の1つ1つがプラズマ発光によって光る方式です。1つの光を水から発光することができるので、光のコントロールが優れていると言われています。

また、画素が1つずつ発光するため黒が引き締まっているのもメリットです。主に、リビングに設置したりスポーツ番組を見たりするのに向いています。
大きな画面でも乱れないうえに、画質がとても良く綺麗な映像を楽しむことが可能です。

画質を妥協したくない人に適しているのがプラズマテレビと言えます。1つ注意するとしたら、液晶テレビより価格が多少高い場合が多々あることです。安価なテレビを探す場合は、中古を選ぶなどの工夫が大切になります。

4K液晶テレビとの違いは構造と解像度

4Kテレビとプラズマテレビの最大の違いは、パネル構造と映像の解像度です。

4Kテレビは有機ELで解像度が高い

パネルが、有機EL・液晶方式です。解像度は、3840×2160画素となっています。

バックライトによって映像を映すので、明るい映像をいつでも楽しむことができるのが特徴です。

プラズマテレビはプラズマ方式で解像度が4Kの半分

パネルは、プラズマ方式です。解像度は、プラズマテレビの場合だと1920×1080画素(フルHD)となります。黒が映えることと、プラズマ発光で光のコントロールをするため画質が綺麗なことが特徴です。

しかし、画素が1つずつ光るので消費電力が大きく電気代がかかる傾向があります。このように、パネル構造と映像の解像度が違うのでスポーツ観戦などテレビにこだわりがある人はしっかり把握しておきましょう。

また、ゲームをプレイする場合はプラズマテレビのほうが最適です。反応速度なども速いため、ゲームをより楽しむことができます。一方、電気代がかかることもあるので事前に消費電力を調べておくことも大切です。

4Kテレビってなに?4Kテレビとはなにかとメーカー別のおすすめ品
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

プラズマテレビの寿命は10年

プラズマテレビの寿命は、液晶テレビに比べて約10年が目安となります。液晶テレビだと約24年持つうえに、バックライトの交換も簡単です。

しかし、プラズマテレビだと半導体やコードの劣化など様々な要因で故障することがあります。メーカーによってプラズマテレビの寿命は異なるため、口コミなどで比較するのもベストです。

特に寿命が長いと評判がよいのは、パナソニックと言われています。

プラズマテレビの寿命の症状

テレビが寿命になるとどんな症状が出るか知らない人に向けて、症状を紹介します。

寿命にあると色が出にくくなる

プラズマを発光させる電子回路の劣化により、色が出にくくなるうえに白黒テレビのような状態になることがあります。

色の再現性が高いことがウリなのに、明らかに映りが悪くなったと感じた場合寿命を迎えた可能性が高いです。

寿命になると画面が真っ暗になる

電気回路の故障によって、画面が真っ暗になることがあります。

プラズマパネル自体に原因があると考えられがちですが、大体の原因は電気回路です。他の要因の場合もあるため、一度電源を抜いた後に再度電源をオンにしても画面が真っ暗のままならプラズマテレビの寿命だと言えます。

寿命を早く迎えてしまう原因としては、直射日光・湿気がある部屋に置いている、ゲームのやりすぎなどがあります。

熱や電気回路の水気にも弱いため、アルコールペーパーで掃除したりエアコンの温風が直接当たる場所にテレビを設置しないようにしましょう。また、輝度も高く設定しすぎないことも心がけることでより寿命を延ばすことができます。

一昔前のプラズマテレビは高い熱を帯びる

プラズマテレビは、消費電力が大きいため熱を帯びやすいです。特に一昔前のプラズマテレビは、暖房の弱程度の消費電力なので夏に使用すると暑いと言われています。

例えば、2001年販売の50型プラズマテレビだと1時間当たり電気使用量が582Wとなります。テレビを観るだけで電気代も跳ね上がるので、熱いだけでなく電気代を考慮しても新しいプラズマテレビを購入したほうがお得です。

また熱を帯びたまま放置してしまうと、電気回路が故障しやすくなり寿命も短くなる可能性がグッと高くなります。

プラズマテレビの処分方法

古いプラズマテレビを処分したい場合どうすればよいかを、紹介します。テレビは、家電リサイクル法の施行により粗大ゴミとして出すことが不可となっています。

テレビの回収は基本的に一部の店舗や、一般廃棄物運搬業の認可を受けた業者が担うことになります。業者によって料金、リサイクル券の種類も異なるので自分の目的に合わせた処分方法を選びましょう。

下記に、主な処分方法を解説していきます。

家電量販店でテレビを買い替える際に処分できる

家電量販店では、家電リサイクル品目の買い替え時に古いものを引き取る義務があるので、新しいテレビを購入した後に収集の依頼ができます。

運搬料金は発生しますが、設置・引取りをしてもらえるため簡単です。

以前に購入した店舗に依頼して処分してもらう

購入元(通販サイトなども同様)に処分してもらえます。買い替え時より割高になりますが、自宅まで引き取ってもらうことが可能です。

市区町村のサービスを利用して処分する

市町村によって、家電リサイクル品目を回収するサービスがあります。自分で所定の位置まで運ばなくてはなりませんが、料金を支払うだけなので手軽に処分できます。

指定引き取り場所に行って処分する

自分で持ち込むので、他のサービスに比べると割安です。プラズマテレビは大型な物が多いため、持ち運びに苦労するとも言われています。

買い取り専門店に行き処分してもらう

状態が良いプラズマテレビなら、買い取り専門店でお金に換えることができます。売却できるものは限られますが、運搬が不要なこともあるため手間が少ないのもメリットです。

他にも人に譲るなどの処分方法があります。古いプラズマテレビを処分する際に、参考にしてください。

プラズマテレビについてのまとめ

  • プラズマテレビは、画素が1つずつ光るため黒が引き締まって見えることが特徴です。大きな画面でも乱れにくいので、スポーツ観戦にも向いています。
  • 4Kテレビとプラズマテレビの違いは、パネル構造と映像の解像度です。電気代なども異なるため、購入する際は消費電力もしっかり確認しましょう。
  • プラズマテレビの寿命は、約10年が目安となります。色が出にくいなどの症状が出たら、寿命です。
  • プラズマテレビは特に一昔前のものほど、発熱しやすいです。
  • プラズマテレビの処分方法は、「家電量販店でテレビを買い替える」「以前に購入した店舗に依頼する」「市区町村のサービスを利用する」「指定引き取り場所に行く」「買い取り専門店に行く」となります。