ハンディクリーナーを寝室やリビング、車の車内などに置いておけば、ゴミやホコリが気になった際ササッとお掃除できてしまうため非常に便利です。

ここでは、便利で使い勝手の良いハンディクリーナーの選び方や、おすすめ商品などを解説します。

目次

ハンディクリーナーが活躍する場面

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

紙パック式のハンディクリーナーおすすめ

ハンディクリーナーが活躍する場面①:車内のお掃除

ハンディクリーナーがあれば、ハケやブラシなどで取りにくい、シートのスキマなどのチリやホコリ、運転席の足置場など、普段掃除がしにくい箇所でも、綺麗に掃除することができます。

車を所有されている方などには、ハンディクリーナーが特におすすめです。

ハンディクリーナーが活躍する場面②:電源コードが届かない箇所

一般的な掃除機の場合、電源コードを繋いで使用するため、家の中であっても電源コードが届かない場所になると掃除機ではお掃除しずらいです。

しかし、ハンディクリーナーの場合は、バッテリー内臓タイプで、それに加え軽量タイプで重要も軽いので、電源コードが届かない高い箇所であっても綺麗にすることができます。

スティック掃除機のおすすめの選び方 おすすめの品を解説
ハンディ掃除機の種類と特徴 選び方のコツとおすすめの品を解説

ハンディクリーナーのメリット

ハンディクリーナーのメリット①:どこにでも置ける

ハンディクリーナーは、手に持って使えるコンパクトサイズなので、お部屋の隅や車の車内に置いていても邪魔になることがなく、いつでも気軽に使うことができます。

また片手で持てるサイズで小回りもきくため、車内の掃除の際にもさまざまな体制で使用することができ、手が届きにくい箇所や、体が入らない箇所の掃除にも対応できます。

ハンディクリーナーのメリット②:ピンポイントで綺麗にできる

持ち運びが楽に行えるコンパクトサイズなので、ご自宅のありとあらゆる場所をピンポイントで掃除することができます。

また、ゴミやホコリだけでなく、お子様が飲み物をこぼした際にもサッと吸い込むことができるので、とっさの事態にも対応できます。

ハンディクリーナーの選び方

ハンディクリーナーの選び方①:紙パック式かサイクロン式か

掃除機には大きく分けて「紙パック式」「サイクロン式」の2つの集塵方式で分類され、ハンディクリーナーにおいても同様です。

紙パック式

吸引して集めたゴミを、掃除機内部にセットされている紙パックに集め、ゴミがたまった段階で交換します。

ゴミが外部にもれにくいことと、衛生的に掃除機を管理できることがメリットとしてありますが、紙パックを交換する必要があるのでランニングコストがかかる、紙パックにゴミがたまりすぎると吸引力が落ちるなどといったデメリットもあります。

サイクロン式

ダイソンの掃除機などによく使われる集塵方式で、吸引力が高く、紙パックの交換が不要などといったメリットがあります。

しかし、ゴミを掃除機内部に直接ため込むため、掃除機の衛生面に不安が残るといいたデメリットもあります。

紙パック式掃除機のメリットとデメリット 選び方 おすすめ品5選
紙パック式掃除機のおすすめとその特徴を解説

ハンディクリーナーの選び方②:コードの有無で選ぶ

ハンディクリーナーには、コードを電源につなげる有線タイプと、バッテリーが内蔵された無線タイプがあります。

有線タイプの場合は、電池切れの心配がなく、稼働時間を気にせず使うことができるメリットがありますが、コードがある分可動範囲が狭いといったデメリットがあります。

無線タイプの場合は、可動範囲が広く小回りがきくといったメリットがありますが、充電を必要とするため稼働時間が少ないといったデメリットもあります。

共にメリット・デメリットがありますが、ハンディクリーナーの特性と使用目的を考えた際は、圧倒的に無線のコードレスタイプの方がおすすめです。

メインの掃除機として併用して使いたい場合以外は、コードレスタイプのハンディクリーナーを選ぶのがおすすめでしょう。

メインでもサブで使えるコードレス掃除機の魅力 選び方とおすすめ品
コードレス掃除機のメーカーごとの比較 選び方とおすすめの品
コードレス掃除機とはなにか?種類とそれぞれの特徴 メリットを解説

ハンディクリーナーの選び方③:静音性で選ぶ

夜間に頻繁に使う場合や、近所への騒音が気になる場合などには、ハンディクリーナーの静音性もチェックするポイントになります。

近年ではハンディクリーナーも吸引力が高くなったことにより、運転音も大きいものも多くなり、静音性が高いクリーナーは吸引力が低くなる傾向もあります。

ですが、ある程度の吸引力を維持して静音性が高い商品も多くあるので、購入の際は吸引力と静音性の両方をチェックするとよいでしょう。

静かな掃除機の選び方とタイプ別でおススメの掃除機を解説

ハンディクリーナーの選び方④:吸引力の強さで選ぶ

一昔前のハンディクリーナーは吸引力が低く、あくまでもメインとなる掃除機のサブ的な立ち位置でしたが、近年のハンディクリーナーはサイクロン方式の採用や、技術力のアップなどのおかげで、吸引力の高いものが多く販売されています。

しかし、上記でもあったように、吸引力が高ければ高いほど、運転音が大きくなる傾向があるため、音が気になる方などは、吸引力と静音性のバランスがとれたものを選ぶのがよいでしょう。

サイクロン式掃除機を使ってお掃除を快適に!メリット・デメリットを解説

ハンディクリーナーの選び方⑤:稼働時間で選ぶ

有線タイプの場合は気にする必要はありませんが、無線タイプの場合はそのクリーナーの稼働時間は重要なポイントになります。

稼働時間をチェックする時に重要になるのは、1回の充電で何分連続して使用できるかと、1回の充電でどのくらいの時間を要するかです。

一回のお掃除の時間や、ハンディクリーナーの使用目的などを再確認し、自分のお掃除スタイルに適した稼働時間のハンディクリーナーを選ぶのがおすすめです。

ハンディクリーナーの選び方⑥:価格で選ぶ

ハンディクリーナーは、販売するメーカーや機能性などによって、価格帯はそれぞれです。安い物であれば5000円以内で購入でき、高い物であれば数万円します。

ハンディクリーナーの使用目的や必要とする機能などを再確認し、無理のない範囲で予算設定を行うのがよいでしょう。

掃除機の選び方のポイント 掃除機の種類とそれぞれの特徴の解説

紙パック式のハンディクリーナーおすすめ

日立 PV-H23 Aはコンパクトでメインの掃除機になる

日立から発売されたコンパクトタイプのトハンディクリーナーで、ノズルパイプの伸縮が可能なので、メインの掃除機としても使うことができます。

有線タイプの掃除機ですが、充電時間を気にする必要がないため、いつでも気軽に使うことができます。

マキタ CL102DWは無線タイプでハイパワーなのが特徴

マキタが販売するスティックタイプのハンディクリーナーで、ハイパワーモーターとリチウムイオンバッテリーで、快適なお部屋の掃除を実現します。

約50分の充電で約21分の連続使用、2段階のモード切替など、機能性にも優れています。

また、マキタの製品の特徴として、他のマキタ製品と充電池の共用ができます。ご家庭でマキタのインパクトドライバーなどの他の製品をお持ちの方は充電池の使い回しができるのでおすすめです。

パナソニック MC-PBU520J-Nは長く使いたい人におすすめ

サイクロン式の掃除機と比べ際の集塵容量はおおよそ4倍と驚異的なサイズで、ゴミ捨ての回数を大幅に軽減してくれます。

独自開発の高効率リチウムイオン電池を6本搭載し、電池寿命は約3,000回と長く使えて便利なハンディクリーナーです。

サイクロン式のハンディクリーナーおすすめ

EIALA 6000PA吸引力は小型で強力

3時間の充電で35分間の連続運転可能な片手タイプの小型ハンディクリーナーで、120Wのモーターとラジアルサイクロンを搭載した超強力な吸引力が特徴です。

最大真空度6000Paで、リビングのハウスダスト・ペットの毛、またPCのキーボードなどのデリケートな箇所も、綺麗に掃除することができます。

ダイソン V6 Trigger HH08MHではハウスダストも取り除ける

サイクロン式でお馴染みのダイソンが販売するサイクロン式のハンディクリーナーです。

ハンディタイプでありながら超強力な吸引力を実現するダイソンデジタルモーターV6を搭載し、疾患の原因となるダニアレルゲンを含むハウスダストなども綺麗に取り除きます。

ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger HH08MH
created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥24,480(2019/11/17 00:54:29時点 Amazon調べ-詳細)

アイリスオーヤマ  IC-HN40はコスパがよい掃除機

サイクロン方式を採用したアイリスオーヤマのハンディクリーナーで、コスパにも優れた魅力的な商品です。

手元周りのお掃除はもちろん、延長パイプを付けて部屋全体の掃除まで一台でこなせる2wayタイプなので実用性も高いです。

アイリスオーヤマ ハンディクリーナー ホワイト IC-HN40
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,800(2019/11/17 00:54:29時点 Amazon調べ-詳細)

低価格で買えるハンディクリーナーおすすめ

ツインバード HC-EB41Wは水洗い対応で布団ノズル付き

高速遠心分離サイクロン方式を採用したハンディクリーナーで、約1.2kgの軽量コンパクトサイズ、布団ノズルの付属、水洗い対応など、コスパに優れています。

ツインバード HC-EB02Wは気軽に使える収納方式が特徴

すっと取り出し気軽に使える、充電式のコードレスハンディクリーナーで、本体収納式のスキマノズルも付いているので、細かい箇所にも対応できます。場所を取らないスタンド収納方式なので、いつでも気軽に取り出し・収納を行えます。

TWINBIRD コードレスハンディークリーナーサットリップ ホワイト HC-EB02W
created by Rinker
ツインバード工業(Twinbird)
¥2,310(2019/11/17 00:54:30時点 Amazon調べ-詳細)

innhom 4800-5500PAは吸引できるものが多い

4800-5500PA強力吸引と乾湿両用クリーナーを兼ね備えた、コスパに優れたコードレスハンディクリーナーです。タバコの灰や抜け毛などの細かいホコリやチリ、飲みこぼした飲み物まで、幅広く対応してくれます。

ハンディクリーナーのおすすめについてのまとめ

  • ハンディクリーナーには、「紙パック式」「サイクロン式」の2つの集塵方式によって種類が分類され、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。
  • ハンディクリーナーを購入の際は、上記で紹介した各ポイントを踏まえて、自身の使用目的やお掃除ライフに適した商品を選ぶとよいでしょう。
  • ハンディクリーナーには、低価格でありながら性能が高いものも多くあるため、コスパを重視した選び方も方法の一つです。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
ダイソン 掃除機 ハンディクリーナー V6 Trigger HH08MH
created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥24,480(2019/11/17 00:54:29時点 Amazon調べ-詳細)
アイリスオーヤマ ハンディクリーナー ホワイト IC-HN40
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥3,800(2019/11/17 00:54:29時点 Amazon調べ-詳細)
TWINBIRD コードレスハンディークリーナーサットリップ ホワイト HC-EB02W
created by Rinker
ツインバード工業(Twinbird)
¥2,310(2019/11/17 00:54:30時点 Amazon調べ-詳細)