この記事では、電気圧力鍋について解説します。

現代では一般家庭に普及してきている電気圧力鍋ですが、まだまだ普通の鍋を使用している方も多いでしょう。また、電気圧力鍋は値段が高いというイメージも持たれがちです。

しかし、調理時間の短縮、火を使わない、お手入れの手軽さなど電気圧力鍋には多くのメリットがあります。探すモデルによっては低価格で購入できるものも多くあるでしょう。

電気圧力鍋の購入に困っているかたはぜひこの記事を参考に自分に合った電気圧力鍋を見つけることが出来ます。

電気圧力鍋の魅力

火が通りにくい食材の調理におすすめ

電気圧力鍋の最大の魅力はなんといっても、火の通りやすさです。

一般的な圧力鍋はガスコンロで、火を当て加熱していきますが、電気圧力鍋では密封した鍋内に圧力をかけ電気で加熱していきます。

そうすることで通常よりも早い時間で火が通る上に、火の通りにくい食べ物も簡単に調理することが可能です。

特に「煮魚」などのような骨が気になる食べ物も、気にせず食べることができるようになります。

炊飯器よりも更に美味しくご飯を炊ける

電気圧力鍋で炊飯をすることで、炊飯器がいらなくなったという話も珍しくないくらいほど、電気圧力鍋では、簡単に炊飯が出来てしまいます。

電気圧力鍋でお米を炊く場合、お米に圧力が加わることで、デンプンがa化という現象を素早く引き起こし、より甘く、ふっくらと炊き上げます。

日頃、時間のない中で自炊をしている方におすすめの機能です。

美味しいご飯が炊ける炊飯器の選び方 メーカー別のおすすめ製品8選
お米の味は加熱方式で変わる?炊飯器をメーカーごとに特徴を解説
人気の圧力炊飯器ってなに?デメリットとメリット おすすめの品

圧力鍋よりも楽に調理できる

圧力鍋は、火を使って加熱しますが、電気圧力鍋は電気で加熱します。簡単な違いではありますが、調理するとなると大きな違いが生まれます。

火を使う調理では目を離すことができませんが、電気での調理は付きっきりで調理する必要がなく、手間も省けるでしょう。

また、大抵の電気圧力鍋では加熱具合を自動で調整してくれるため、調理に失敗することも少なくなります。

電気圧力鍋の選び方

電気圧力鍋の種類で選ぶ

一般にはあまり知られていないですが、電気圧力鍋には「マイコン式」と「IH式」の2種類が存在します。

「マイコン式」は電熱ヒーターにより内釜を加熱するタイプで、「IH式」は電磁誘導により鍋自体を加熱します。

電気代を抑えるのであればマイコン式、調理のムラを無くすのであればIH式といった具合に選ぶとよいでしょう。

圧力IH炊飯器って便利なの?炊飯器の特徴と選び方 おススメの製品

鍋のサイズと容量で選ぶ

電気圧力鍋は意外とサイズが大きい物になります。中には小さいサイズもあるため、どのくらいの量を調理するのか考えながら選ぶとよいでしょう。

一人暮らしの方は2リットル前後のサイズを、家族や大人数で使用る場合は、5〜6リットル前後のサイズを目安にするとよいです。

一人暮らしに最適な炊飯器の選び方とおすすめ商品の解説

保温や調理コースの種類など機能で選ぶ

現在、販売されている電気圧力鍋には様々な調理コースが設定されていることが多いです。手間が省けるだけでなく、料理の苦手な方が調理する際も大きな手助けとなってくれます。

「煮込みコース」のようなコースから、最近では「低温調理コース」のようなものもあるため、今まで作れなかったようなメニューにも挑戦できるようになるでしょう。

掃除などのお手入れがしやすいものを選ぶ

料理をする上で掃除などのお手入れのしやすさも重要なポイントとなります。

電気圧力鍋を選ぶ際は、極力パーツが分解しやすいタイプを選ぶと便利です。

分解が簡単にできれば、食洗機などで一気に洗うこともでき、洗い逃しの可能性も減るため、購入する際にはお手入れのしやすさも考えましょう。

食器洗い機ってなに?メリットと選ぶポイント おすすめの商品を解説

電気圧力鍋を使用する際の注意点

ここまでは、電気圧力鍋のメリットを解説してきましたが、忘れてはならないのがデメリットの部分です。

ここからは電気圧力鍋を使用する際の注意点を解説いたします。

調理時間と圧力時間の違い

電気圧力鍋で「5分でカレーが作れます」のようなフレーズをよく目にすることがあるかと思いますが、これは圧力をかける時間が5分ということです。

電気圧力鍋では「余熱時間」「圧力時間」「保温時間」と段階に分けて調理されます。そのため、トータルの調理時間は30分を超えてしまうこともあります。

もちろん電気圧力鍋での調理は、普通に調理するより圧倒的に時短できるため、便利なことは変わりありませんが、この違いは知っておくとよいでしょう。

水加減が難しい

電気圧力鍋向けのレシピ本や、クックパッドのようなアプリの解説通りに調理をすれば間違いないと思いますが、これは必ずしも正解ではありません。

理由としては、「水加減」が電気圧力鍋によって異なることが多いためです。

煮込み料理はもちろん、ご飯物も、パサパサに出来上がったり水気が多かったりと慣れるまで苦戦することがあるかもしれません。

しかし、一度加減をわかってしまえば水加減で悩むことはないため、あらかじめ水加減が重要なことを理解した上で電気圧力鍋を購入するとよいでしょう。

電気圧力鍋のおすすめ6選

マイコン式のおすすめ3選

ワンダーシェフ 電気圧力鍋 3L OEDA30

こちらの圧力鍋は、8種類のオートメニュー機能が付いています。初めて電気圧力鍋を使う方はもちろん、料理が得意でない方も納得のいく使い勝手の良さです。

また蒸し器が付属で付いているため油を使わない調理も簡単にすることができます。蓋も取り外せ、お手入れも簡単になった優れものです。

siroca 電気圧力鍋 SP-D131 ホワイト

50種類ものメニューレシピが内蔵されている幅広さが売りの電気圧力鍋です。

また、スロー調理という機能をつけたことにより、煮くずれの心配もありません。

通常の時短調理はもちろん、完成後は保温も自動でしてくれるため、食事の時間が遅くなっても安心です。

サイズは約1.3Lとやや小さめですが、値段に対してのコスパが非常に良く、一人暮らしの方にはよりおすすめの圧力鍋となります。

ティファール(T-FAL) マルチクッカー クックフォーミーエクスプレス

有名ブランド・ティファールが出す電気圧力鍋です。

加圧・炒める・煮る・蒸すの全てが兼ね備わった、万能モデルとなっています。

サイズが大人数に適した6人用ですが、画面も液晶でとても分かりやすく、内蔵レシピも61種類と毎日の献立に困ることもありません。

IH式のおすすめ3選

象印 圧力IHなべ ボルドー EL-MB30-VD

IHタイプで安全性に定評の電気圧力鍋です。

容量は1.5Lと一人暮らし向けのサイズ感ですが、150種類のレシピと予約調理機能も付いており、家を出る前に設定し、帰宅したらすぐに食べられます。

また、圧力を変更できる機能も付いており、具材を柔らかくしたり、味を染み込ませたりと柔軟な調理を可能にしました。

象印 圧力IHなべ ボルドー EL-MB30-VD
created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥27,290(2019/08/19 12:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

プレッシャーキングプロ

こちらはイギリスで流行った、電気圧力鍋の代表格です。

1台で6役の働きをすることで話題になったモデルですが、炊飯が非常に美味しくできる点も評価されています。調理タイマーも24時間まで対応しており、調理時間も短縮できると話題の製品です。

見た目もスタイリッシュなため、オシャレなインテリアと合わせてみてもよいでしょう。

シャープ ヘルシオ ホックトック

シャープから販売されている電気圧力鍋です。

この商品の特徴としては、無線LANにてスマートフォンと連動ができ、メニューを増やしたり、作り方が簡単に分かるようになっています。鍋ごと冷蔵庫に保存することができる優れものです。

電気圧力鍋についてのまとめ

  • 電気圧力鍋は圧力鍋とは違うものです。
  • 数ある圧力鍋から1つを選ぶのは、大変かもしれませんが何を優先するかを明確にしておくとよいでしょう。
  • マイコン式とIH式の2種類があります。
  • 人数に対して、最適なサイズを選ぶことが大切です。
  • 調理時間と圧力時間は違う点に気をつける必要があります。