こちらの記事は2019年8月9日の記事を2020年6月17日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・メイクポーチを選ぶ際のポイントに素材で選ぶを追記いたしました。
・下記の項目を2020年6月17日の情報に更新いたしました。
 自宅用のおすすめメイクポーチ
 携帯用のおすすめメイクポーチ

この記事では、メイクポーチの選び方や、おすすめ品8選を解説します。

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ

メイクポーチが使いやすく、自分のお気に入りのものであれば、気分も上がり、気持ち良くメイクをすることができます。

しかし、メイクポーチといっても、ハイブランドのものからプチプラなものまで価格帯も幅広く、大きさやデザインも様々です。

この記事を読むことで、メイクポーチの選び方やおすすめ商品を知り、自分に合ったものを選ぶことができます。

メイクポーチとは?

メイクポーチとは、化粧品を収納するアイテムのことです。化粧ポーチやコスメポーチとも呼ばれています。

メイクポーチには、チークやアイシャドウ、ファンデーション、アイライナー、グロスなどの化粧品を入れておくのが一般的です。

家での化粧品の収納に役立つのはもちろん、外出先の化粧直しにも使うことができます。

関連記事
手鏡の選び方 タイプごとの特徴とそれぞれのおすすめ品8選を解説
アイブロウってなに?種類ごとの特徴と正しい使い方 おすすめの品
アイライナーってなに?種類後の特徴と選び方 おすすめの品12選
bbクリームって何?ccクリームとの違いと選び方 おすすめ品6選
化粧下地って何?正しい使い方と選び方のポイント おすすめ品10選

メイクポーチの種類

メイクポーチには、100円均一のものからハイブランドのものまで幅広い価格帯のものがあります。

シンプルなモノトーンなものや、可愛らしい花柄などデザインも様々です。

面素材や、ビニール系の素材、レザーなど、使用されている素材にもたくさんの種類があります。

メイクポーチのサイズ

メイクポーチは、自宅用と化粧直しのときに使う持ち運び用と、2種類を使い分けることがおすすめです。

自宅用には大きめがおすすめ

自宅用には、化粧品を全部収納できるような大きめのポーチがおすすめです。

収納力のあるメイクポーチであれば、化粧水や乳液などのスキンケアセットや、マニキュアなどの美容グッズ全般を入れることもできます。

関連グッズをまとめて収納することで、何がどこにあるのか迷わずに済み、朝の忙しい時間帯にも便利です。

持ち運び用は化粧品の量で大きさを決める

持ち運び用のメイクポーチは、普段使うバッグの大きさと、化粧直しに必要な化粧品の量を考え、自分が使いやすいサイズのものを選ぶとよいでしょう。

また、友達と近場に出掛けるのか、野球観戦など化粧崩れしやすいところに行くのかなどによって、持ち運びたい化粧品の量も変わってきます。

用途によって大小のサイズを使い分けるのも良いでしょう。

メイクポーチを選ぶ際のポイント

便利な機能で選ぶ

メイクポーチは、製品によって様々な機能がついています。

防水性のあるものは、洗面台など水回りで使う場合に便利でしょう。

内ポケットがついているものや、仕切りを動かせるものは収納力が高いです。

きれいに収納することができ、何があるのか見やすい、すっきりとしたメイクポーチになります。

他にも、持ち運びやすい用に持ち手がついているものや、鏡がついているポーチもあります。自分の必要な機能がついているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

デザインで選ぶ

メイクポーチは、自分のファッションに合わせたデザインのものを選ぶと、統一感が出てお洒落に見せることができます。

しかし、見た目も大切ですが、使いやすいデザインのものを選ぶのがおすすめです。

最初に、口の開き方やポケットの数などを見て、使いやすいかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

口の開き方には、ファスナー式や、がま口のものなどがあります。

大きく開くものは、化粧品を選びやすく、出し入れしやすいため使い勝手が良いのが魅力です。

お手入れの方法で選ぶ

化粧をするときに使うメイクポーチは、アイシャドウが粉飛びしてしまったり、リキッドファンデついた指で触ってしまったりなどと、どうしても汚れやすいです。

汚れてしまうことを考えて、お手入れのしやすいものを選ぶと良いでしょう。

さっと拭けば汚れが落ちる素材のものや、中には洗濯可能なものもあります。

ブランドで選ぶ

メイクポーチには、自分の好きなブランドや憧れのブランドのものを選び、モチベーションを高めるのも良いでしょう。

女性に人気が高い「ケイト・スペード」やハイブランドの「CHANEL」「COACH」もおすすめです。

素材で選ぶ

メイクポーチの素材には様々なものが使用されているため、自分の好みや目的に合わせて素材も考慮するとよいでしょう。

例えば、ナイロン製の商品であれば、耐久性にも優れており、手洗いもできるため、万が一汚れてしまった場合でもお手入れがしやすいです。

また、クッション性の生地が使用されているものは衝撃に強く、メイクポーチが落下してしまった場合でも中に収納されているコスメを守ることができます。

また、容器の破損などを更に防ぎたい場合は厚みのある商品がおすすめです。

素材によって特徴やメリットが異なるため、購入する前にあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

自宅用のおすすめメイクポーチ

Rownyeon プロ用 メイクボックス

Rownyeon プロ用 メイクボックスは、調節が自由に行える仕切り板が付属しているため、収納したい化粧品のサイズに合わせて自由に収納スペースを調節することができます。

通気性と速乾性に優れており、防水設計もされているため、ポーチ内に万が一化粧品が付着してしまった場合でも外側に漏れることなく、安心して使用可能です。

また、持ち運びのしやすいバッグ型をしており、外出先に持ち運びたい場合でも対応できます。

メイクブラシを含めた様々なメイク道具をすっきりと収納できるため、大容量のメイクポーチが欲しい方にもおすすめです。

HOYOFO 化粧ポーチ

HOYOFO 化粧ポーチは、高さが約15cmあるため、ボトルに入った化粧品でも問題なく収納することができ、仕切りを使用せずに自由なレイアウトで様々な化粧品を収納できます。

ファスナーが付いたメッシュポケットがポーチ内に付属しているため、メイクブラシなども場所を取ることなく収納可能です。

また、使用しない時は、折り畳むことができるため、場所を取ることなく保管できます。

7種類のデザインが用意されているため、自分の好みに合わせて選択できるでしょう。

スンル メイクボックス

スンル メイクボックスは、大容量のメイクポーチとなっており、化粧品の数が多い場合でも問題なく収納できます。

ポリエステルを素材に使用しているため、耐久性に優れており、長期間安心して使用可能です。

また、バッグのように持ち運べるため、室内での移動はもちろん、外出先への持ち運びにも便利です。

収納したい化粧品の量が多い方におすすめの商品となっています。

携帯用のおすすめメイクポーチ

BUBM かわいい 化粧ポーチ

BUBM かわいい 化粧ポーチは、2つの層に分かれている商品で、1層目にはアイシャドウやリップなどの細かい化粧品を収納でき、2層目は1層目よりも広々としているため、化粧水などのスキンケア用品を収納できます。

コンパクトなサイズで軽量なため、バッグに入れても邪魔になることなく、必要な時に気軽に取り出せるでしょう。

また、表面には耐水性のある柔らかいコットン素材を使用しているため、収納した化粧品を衝撃から守り、手触りのよさも実現しています。

色味が美しく、可愛らしいデザインをしているため、プレゼントにもおすすめです。

EACHY 化粧ポーチ

EACHY 化粧ポーチは、高級感を感じさせるベルベット生地を表面に使用しており、細かい星を散りばめたオシャレなデザインの商品です。

内部のポケットには仕切りが付いているため、化粧品の種類ごとに分類して収納することも可能です。

また、底まで深さがあるため、香水や日焼け止めなどを立てた状態で収納することができます。

デザインと収納性の両方を兼ね備えた商品が欲しい方におすすめです。

Pudinbag メイク 化粧ポーチ

Pudinbag メイク 化粧ポーチは、11色の中から好みの色を選択することができ、少量の化粧品を収納したい方におすすめのコンパクトなサイズの商品です。

型崩れを防止する設計をしているため、化粧品を中に入れても綺麗な形状を保ったまま使用することができます。

また、素材に2mmのシリコンを使用しており、衝撃に強いため、誤って落下させてしまった場合でも中の化粧品を守ることができます。

バッグなどに収納しやすいコンパクトサイズの商品を購入したい方におすすめです。

メイクポーチについてのまとめ

  • メイクポーチとは、化粧品を収納するアイテムのことです。ポーチを使えば、ごちゃごちゃしがちな化粧品をすっきりと収納することができます。
  • メイクポーチは自宅用と化粧直しのときに使う持ち運び用と、2種類を使い分けると良いでしょう。自宅用には、大容量の収納力のあるものがおすすめです。持ち運び用のポーチは、普段使うバッグの大きさと、化粧直しに必要な化粧品の量を考え、自分が使いやすいサイズのものを選ぶとよいでしょう。
  • ブラシホルダーやポケットがついているもの、仕切りが自由に動かせるものは収納力が高いです。ファスナーが大きく開閉できるものやがま口タイプのものは、中身が見やすく出し入れしやすいためおすすめです。
  • コスメポーチは汚れてしまいがちなため、汚れのつきにくい素材のものや撥水加工をされたものなど、手入れのしやすいものがおすすめです。ポーチ自体に鏡がついていものや持ち手がついており持ち運びしやすいものなど、ポーチによって様々な機能がついているため、自分の使い方に合ったものを選ぶとよいでしょう。
  • メイクポーチ選びは化粧の第一歩であるため、自分に合ったお気に入りのメイクポーチを見つけ、メイクを楽しむのもよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧