この記事では、メイクポーチの選び方や、おすすめ品8選を解説します。

メイクポーチが使いやすく、自分のお気に入りのものであれば、気分も上がり、気持ち良くメイクをすることができます。

しかし、メイクポーチといっても、ハイブランドのものからプチプラなものまで価格帯も幅広く、大きさやデザインも様々です。

この記事を読むことで、メイクポーチの選び方やおすすめ商品を知り、自分に合ったものを選ぶことができます。

メイクポーチとは?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

自宅用のおすすめメイクポーチ4選

メイクポーチとは、化粧品を収納するアイテムのことです。化粧ポーチやコスメポーチとも呼ばれています。

メイクポーチには、チークやアイシャドウ、ファンデーション、アイライナー、グロスなどの化粧品を入れておくのが一般的です。

家での化粧品の収納に役立つのはもちろん、外出先の化粧直しにも使うことができます。

関連記事
手鏡の選び方 タイプごとの特徴とそれぞれのおすすめ品8選を解説
アイブロウってなに?種類ごとの特徴と正しい使い方 おすすめの品
アイライナーってなに?種類後の特徴と選び方 おすすめの品12選
bbクリームって何?ccクリームとの違いと選び方 おすすめ品6選
化粧下地って何?正しい使い方と選び方のポイント おすすめ品10選

メイクポーチの種類

メイクポーチには、100円均一のものからハイブランドのものまで幅広い価格帯のものがあります。

シンプルなモノトーンなものや、可愛らしい花柄などデザインも様々です。

面素材や、ビニール系の素材、レザーなど、使用されている素材にもたくさんの種類があります。

メイクポーチのサイズ

メイクポーチは、自宅用と化粧直しのときに使う持ち運び用と、2種類を使い分けることがおすすめです。

自宅用には大きめがおすすめ

自宅用には、化粧品を全部収納できるような大きめのポーチがおすすめです。

収納力のあるメイクポーチであれば、化粧水や乳液などのスキンケアセットや、マニキュアなどの美容グッズ全般を入れることもできます。

関連グッズをまとめて収納することで、何がどこにあるのか迷わずに済み、朝の忙しい時間帯にも便利です。

持ち運び用は化粧品の量で大きさを決める

持ち運び用のメイクポーチは、普段使うバッグの大きさと、化粧直しに必要な化粧品の量を考え、自分が使いやすいサイズのものを選ぶとよいでしょう。

また、友達と近場に出掛けるのか、野球観戦など化粧崩れしやすいところに行くのかなどによって、持ち運びたい化粧品の量も変わってきます。

用途によって大小のサイズを使い分けるのも良いでしょう。

メイクポーチを選ぶ際のポイント

便利な機能で選ぶ

メイクポーチは、製品によって様々な機能がついています。

防水性のあるものは、洗面台など水回りで使う場合に便利でしょう。

内ポケットがついているものや、仕切りを動かせるものは収納力が高いです。

きれいに収納することができ、何があるのか見やすい、すっきりとしたメイクポーチになります。

他にも、持ち運びやすい用に持ち手がついているものや、鏡がついているポーチもあります。自分の必要な機能がついているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

デザインで選ぶ

メイクポーチは、自分のファッションに合わせたデザインのものを選ぶと、統一感が出てお洒落に見せることができます。

しかし、見た目も大切ですが、使いやすいデザインのものを選ぶのがおすすめです。

最初に、口の開き方やポケットの数などを見て、使いやすいかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

口の開き方には、ファスナー式や、がま口のものなどがあります。

大きく開くものは、化粧品を選びやすく、出し入れしやすいため使い勝手が良いのが魅力です。

お手入れの方法で選ぶ

化粧をするときに使うメイクポーチは、アイシャドウが粉飛びしてしまったり、リキッドファンデついた指で触ってしまったりなどと、どうしても汚れやすいです。

汚れてしまうことを考えて、お手入れのしやすいものを選ぶと良いでしょう。

さっと拭けば汚れが落ちる素材のものや、中には洗濯可能なものもあります。

ブランドで選ぶ

メイクポーチには、自分の好きなブランドや憧れのブランドのものを選び、モチベーションを高めるのも良いでしょう。

女性に人気が高い「ケイト・スペード」やハイブランドの「CHANEL」「COACH」もおすすめです。

自宅用のおすすめメイクポーチ4選

ARTISAN&ARTIST 7WM-PF207は耐久性が高くスタイリッシュ

ARTISAN&ARTIST 7WM-PF207は、蓋の裏に透明のファスナー付きポケットがあり、ポケットをめくると更に5つのブラシホルダーもあるため収納力が抜群な品です。

ポケットがブラシホルダーのカバーとしての役割も果たすため、ブラシの毛先も傷みにくいのが魅力です。

メインの仕切りは自由に動かすことができ、使い勝手も良く、1つあれば手持ちのコスメを全て収納できるでしょう。

[アルティザン&アーティスト] 耐久性を高めたスタイリッシュなコスメバニティ 7WM-PF207 (ブラック)
created by Rinker
ARTISAN&ARTIST(アルティザンアンドアーティスト)
¥13,200(2019/10/13 12:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

BUBM 大容量化粧ポーチはごちゃごちゃずらい

BUBM 大容量化粧ポーチは、二層に分かれているメイクポーチです。

ブラシとコスメを別々に収納することができるため、ごちゃごちゃずらいのが魅力です。

蓋の裏側には鏡も付いているため、どこでもメイクができます。

ELOKI プロ用メイクボックス

ELOKI プロ用メイクボックスは、ノーブランドのシンプルなデザインのポーチですが、収納力は抜群な品です。

アイライナーやブラシなどを納めるため、ポケットがたくさんあります。

仕切りが自由に動かせるため、収納したい化粧品の大きさに合わせて組み合わせ、シンデレラフィットする収納を実現できます。

HOYOFO メイクボックスは高級感の漂う品

HOYOFOのメイクポーチは、高級感の漂う大理石柄です。

細かく調節できる仕切りには、大切な化粧品を守るために保護用クッションがついています。

使いやすく大容量なため、プロの美容師さんの間でも人気のポーチです。

携帯用のおすすめメイクポーチ4選

COACH シグネチャーポーチは汚れに強く高級感がある

COACH シグネチャーポーチは、幅広い年齢層から人気のあるCOACHの品です。

汚れに強く高級感のあるPVCコーティングされたレザー素材を使用しており、耐久性が強いのが特長です。

コンパクトながらマチが広く、内ポケットもついており、収納力も十分にあります。

kate spade PWRU5287はシンプルで中身が取り出しやすい

kate spade PWRU5287は、どんなバッグにも合わせやすいシンプルなデザインに、ブランドロゴがアクセントになっているお洒落なポーチです。

ファスナーがサイドまで大きく開くため、中身が取り出しやすいのも魅力です。

Cyalel Yahata がま口化粧ポーチはボタニカルな花柄が魅力

Cyalel Yahata がま口化粧ポーチは、ボタニカルな花柄がお洒落なポーチです。

がま口なため中身が見やすく、取り出しやすいのが特長です。撥水加工がされており、機能性にも優れています。

ANNA SUI スパンコールポーチはスパンコールが魅力

ANNA SUI スパンコールポーチは、全面スパンコールデザインの特徴的なポーチです。

ANNA SUIらしいきらびやかな雰囲気が漂います。

チャックも大きく開き、チェーンがついていて持ち運びしやすく、使い勝手も良いのが魅力です。

メイクポーチについてのまとめ

  • メイクポーチとは、化粧品を収納するアイテムのことです。ポーチを使えば、ごちゃごちゃしがちな化粧品をすっきりと収納することができます。
  • メイクポーチは自宅用と化粧直しのときに使う持ち運び用と、2種類を使い分けると良いでしょう。自宅用には、大容量の収納力のあるものがおすすめです。持ち運び用のポーチは、普段使うバッグの大きさと、化粧直しに必要な化粧品の量を考え、自分が使いやすいサイズのものを選ぶとよいでしょう。
  • ブラシホルダーやポケットがついているもの、仕切りが自由に動かせるものは収納力が高いです。ファスナーが大きく開閉できるものやがま口タイプのものは、中身が見やすく出し入れしやすいためおすすめです。
  • コスメポーチは汚れてしまいがちなため、汚れのつきにくい素材のものや撥水加工をされたものなど、手入れのしやすいものがおすすめです。ポーチ自体に鏡がついていものや持ち手がついており持ち運びしやすいものなど、ポーチによって様々な機能がついているため、自分の使い方に合ったものを選ぶとよいでしょう。
  • メイクポーチ選びは化粧の第一歩であるため、自分に合ったお気に入りのメイクポーチを見つけ、メイクを楽しむのもよいでしょう。
商品一覧
ご紹介している商品一覧
[アルティザン&アーティスト] 耐久性を高めたスタイリッシュなコスメバニティ 7WM-PF207 (ブラック)
created by Rinker
ARTISAN&ARTIST(アルティザンアンドアーティスト)
¥13,200(2019/10/13 12:26:55時点 Amazon調べ-詳細)