暑くて外に出たくない方へのデリバリーサービス
 

この記事ではモツ鍋とはなにか、おすすめのスープや、モツ鍋のレシピを解説します。

モツ鍋は全国的に有名で、健康や美容に良いため女性にも人気な鍋料理です。

この記事を読むことで、健康的で美味しいモツ鍋の特徴や歴史、簡単な作り方まで理解する事が出来ます。

モツ鍋とはなにか?

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

おすすめモツ鍋の素・スープ

モツ鍋とは、牛または豚のモツを主材料とする鍋料理です。モツとは、小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」の事を指します。

以下では、モツ鍋の発祥、歴史、地域差、特徴を解説します。

モツ鍋の発祥と歴史

モツ鍋の発祥は福岡で、その起源には複数の説があります。

終戦後間もない頃に、炭鉱夫として働いていた朝鮮半島の人々がホルモンとニラを一緒にアルミ鍋で炊き、醤油味で味付けして食べていたのが起源とされています。

当時はホルモン鍋と言われていました。ホルモンと言う言葉は、関西弁の捨てるものを「放るもん」と言う事から来ていると言われています。

そして1960年代頃に、唐辛子をごま油で炒めてから鉄鍋にモツとニラを入れて、醤油ベースのスープでいただくスタイルが人々の間に浸透していきました。

その後なじみの利用客がスープにちゃんぽん麺を投入したところ、味が評判を呼びモツ鍋は進化しました。

醤油ベースのスープで食べられていたモツ鍋ですが、現在では味噌スープベースのものもあります。

ちゃんぽん麺の代わりに、ご飯やうどんを入れるなど食べ方のバリエーションも増えています。

地域差

日本では数多くモツ鍋を提供する店がありますが、地域によってそれぞれ独自の味が存在します。

もつ鍋で有名なのは九州の福岡や博多ですが、他の地域にも名前は違いますが、似たようなホルモンを使用した料理があります。

下関のとっちゃん鍋

山口県下関市のとっちゃん鍋は、使用するのは平たいステンレス製の鍋である事が特徴です。

甘辛い味噌ベースのたれに付け込んだ牛ホルモンを、キャベツ、もやし、ネギと一緒に山盛りにして蒸し煮にします。だしは使わず、野菜の水分だけで煮るのも特徴です。

とっちゃんは元々韓国語で、「豚の小腸」と言う意味ですが、現在は牛の腸が多く用いられています。

田川の田川ホルモン鍋

田川ホルモン鍋は、中央部がくぼんだ鉄板に、ニンニクだれの下味をつけたホルモンとキャベツなどの野菜を入れて煮込んだものです。

炭鉱で栄えた田川では、昔一人の炭鉱夫が鍋の代わりに紙製のセメント袋を七輪に乗せ、ホルモンを焼いて食べてみました。

するとセメント袋の紙が余分な水分を吸う事により、肉が柔らかくまろやかになっておいしかった事がうわさで広まり、田川ではホルモンが多く食べられたという逸話があります。

モツ鍋の特徴

モツ鍋は、高タンパク・低カロリーでビタミンを多く含み、栄養豊富な点が特徴です。一般的に牛のホルモンが多く使用されます。

おいしい出汁で野菜をたっぷり食べることができ、コラーゲンがたっぷりと詰まっているため、美容と健康にいいのも特徴です。

モツ鍋は「医者いらず」と呼ばれるほど、主役のモツにはビタミンが多く含まれています。

関連記事
土鍋の魅力や選び方 有名ブランドとタイプ別のおすすめ品を解説
ホットプレートのおすすめの品とそれぞれの特徴 選び方のコツを解説

モツ鍋の材料とレシピ

一般的なモツ鍋の材料は以下の通りです。

一般的なモツ鍋の材料
生モツ(牛でも豚でも可)
キャベツ
ニラ
もやし

上記に加えて、スープと仕上げのニンニクと鷹の爪などが入れられます。

一般的なもつ鍋の作り方は以下の通りです。

 

一般的なもつ鍋の作り方
1.モツの下処理を行います。生モツを塩と小麦粉で洗い、水気をとります。
2.野菜の下ごしらえを行います。キャベツは4cm角のざく切り、ニラは5~6cmほどに切りそろえます。もやしはざっと洗っておきます。
3.スープを作ります。
4.鍋にモツを入れ、火が通ったらキャベツともやしを加えます。キャベツやもやしがくたっとしたら、ニラを乗せニンニクと鷹の爪を飾り、軽く火を通せば完成です。

モツ鍋を作る時は新鮮なモツを使うのがポイントです。新鮮なモツは臭みが少なく、食感もよいためおすすめです。

おすすめモツ鍋の素・スープ

マルエ醤油 博多もつ鍋スープは味噌ベースで辛みの効いた品

マルエ醤油 博多もつ鍋スープは、唐辛子とにんにくを効かせた、味噌ベースの博多モツ鍋スープです。

博多自慢のモツ鍋がおいしく手軽に家庭で味わえます。辛みの効いた味で、食材のおいしさを引き立ててくれる品です。

ダイショー 博多もつ鍋スープ みそ味は本場の味が特徴

唐辛子をピリッと効かせた、コクのある合わせみそ仕立てのモツ鍋スープです。

モツと野菜を加えて煮るだけで、簡単に仕上がります。

本場の味を味わいたい人におすすめです。

ダイショー 博多もつ鍋スープ 辛みそ味はコク深い味わいが魅力

ダイショー 博多もつ鍋スープ 辛みそ味は、豆板醤・赤唐辛子の辛みとにんにくの風味を効かせた、みそ味のモツ鍋スープです。

コク深い味わいに仕上がっています。

モツ・野菜等お好みの材料を加えて煮るだけで、本場の味が味わえます。

モツ鍋についてのまとめ

  • モツ鍋は、牛や豚のモツを主材料とする鍋料理です。モツとは小腸や大腸の内臓肉の事で、「ホルモン」とも言います。
  • モツ鍋の発祥は福岡で、炭鉱夫として働いていた朝鮮半島の人が食べていたのがルーツです。ホルモン鍋とも言われていました。
  • モツ鍋は地域によって独自の味が存在し、日々進化しています。全国で様々な味付けのモツ鍋が存在します。
  • モツ鍋は牛のホルモンが多く使用され、高タンパク・低カロリーでビタミンを含んだ栄養豊富な鍋料理です。美容と健康に良いのが特徴です。