黒いマスクと小さいマスクに人気がでているのですが、それはどのような理由があるのでしょうか。
この記事で詳しく説明してきます。 

目次

不織布マスクとは?

家庭用マスクにはガーゼタイプと、不織布タイプがあるのですがどのように違うのでしょうか。
不織布マスクの特徴を紹介してきます。

不織布マスクの特徴

ガーゼタイプは何度も洗うことができ、厚みがあることから保湿効果があります。
しかしガーゼの目よりも小さなウイルスだと通してしまう欠点があります。

その点不織布タイプはつけている人のウイルスを拡散しない働きがあり、もともと医療用に使われていました。
しかし花粉症が広まったことから、最近では家庭用マスクといえば不織布タイプがメインになっています。

 

黒いマスクがなぜ人気?

街を歩いていると、黒いマスクをしている人をよく見かけます。
黒いマスクにはどのような効果があるのでしょうか。

黒色人気の理由

黒色人気の一番の理由は、ファッションの一部になることでしょう。
しかしそれ以外にも、竹炭が入っていることから消臭効果や除菌効果があることがあげられます。
さらに黒であることから、小顔効果をあげる声も多くあります。
この効果が一番わかりやすいですね。

黒の不織布マスクについて

不織布マスクはもともと医療用で白のイメージですが、実は黒色の不織布マスクもあります。
大人気で楽天市場をみても、多くの黒い不織布マスクを見つけることができます。

参考:https://item.rakuten.co.jp/gprecx/a99900600627/

小さいサイズのマスクとは?

小さいサイズのマスクは、女性や子供用サイズでは小すぎる小学校高学年や中学生以上の子供が対象になります。
大人用のサイズは大きすぎて、キッズ用のサイズでは小さすぎる対象になる人は多く需要は高いのです。

小さめマスクの需要

シャープが小さめサイズのマスクを抽選で5,000箱販売したところ、11万件の応募がありました。
マスクが足りていない時期で通常のマスクは100倍以上の倍率だったのですが、それでも高い倍率であることがわかります。

参考:https://ascii.jp/elem/000/004/027/4027556/

小さめマスクの目的

女性や、キッズサイズでは小さすぎる子供達の顔にフィットするサイズが必要であることから、小さめサイズの需要は大きいのです。

まとめ

黒のマスクはファッションになり小顔に見えることから、また小さめのマスクは大人サイズでは大きすぎると感じる人が多いことから人気があります。

関連記事:【完全版】マスクの役割とは?目的別・形の種類と選び方、おすすめをご紹介

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ