衛生面でより安心で、菌が体内に入りやすい使い捨てマスクをつかいたいけど、乾燥に悩んでいる方いらっしゃるのではないでしょうか。
実は保湿ができる使い捨てマスクがあります。
この記事では使い捨てマスクの特徴や、保湿できる使い捨てマスクに関して詳しく説明していきます。

目次

使い捨てマスクの特徴

使い捨てマスクの特徴として、毎回新しい状態で使うことから衛生面で安心な点があげられます。
もともと使い捨てマスク(不織布マスク)は医療用として使われており、それまでは再利用のできるガーゼマスクがマスクの主流でした。
しかし新型インフルエンザが流行したことから、一気に立場は逆転したのです。スカイ捨てマスクは医療用として使われていたことからも、吸い込む花粉や菌の量はガーゼマスクよりも減らすことができるのも大きな特徴です。

マスク着用時の肌の状態

ガーゼマスクが通気性の良さが特徴であるのに対して、使い捨てマスクはぴったりと肌と密着するため菌は入りづらいのですが、保湿性という面ではガーゼマスクに劣ります。
特に新型ウイルスコロナの影響で外出時はずっとマスクを着用していることから肌のトラブルを抱える人が増える結果となったのです。
使い捨てマスクはぴったりと肌につくことから、摩擦を起こしやすく、長時間つけていることから炎症やニキビになることも少なくありません。

さらにマスクが原因で肌がかさかさになることも少なくありません。場合によっては、アレルギーによりかゆみがでたり赤くただれることもあります。
これらのトラブルを防ぐためには、マスクをする前にワセリンなどで肌を保湿することが必要だったのです。

保湿タイプの使い捨てマスクの需要

しかし最近では保湿タイプの使い捨てマスクが登場しています。
菌が体にはいりづらく、衛生面で心配がなく尚且つのどやくちびるなどが保湿されるということで大人気となっています。
これだけの特徴がありながら、お手頃な価格で購入できるのも人気の理由の一つです。
乾燥しないようにさまざまな工夫がされており、スチーム効果があるものなどさまざまです。


まとめ

使い捨てマスクはもともと医療用として使われていた不織布マスクが使われていることがほとんどであり、花粉や菌などが口にはいりづらい特徴があります。
また新しいマスクをすることから、衛生面でも安心です。
しかしこれまではガーゼのマスクと比べて、保湿面で劣ることがデメリットでした。
この点に対しても、保湿できる使い捨てのマスクが出回るようになり、人気となっているのです。

関連記事:使い捨ての不織布マスクは再利用できる?マスクの洗い方は?
関連記事:肌に優しい不織布マスクとは?種類と選び方

ペットフード工房『ドッグフード工房』500円モニタ