派手なイメージのある、美しい金時計に憧れる人も多いです。

金時計とはどういうものか、金時計組とは何なのか、高級腕時計ブランドの金時計にはどんなものがあるのか、おしゃれアイテムとしての金時計にはどんなものがあるのかということが疑問点としてあげられます。

この記事では、金時計とは何か、金時計組とは何か、高級腕時計ブランドの金時計、おしゃれアイテムとしての金時計などについて説明します。

そもそも金時計とはなにか?

金時計とは、ケースと蓋が金メッキされた時計のことで、懐中時計や腕時計があります。または、金を削り出してケースや蓋を作った非常に高価な時計もあります。

金時計は高級品ですが、世間のイメージはあまり良くありません。金ピカの金時計は、成金やあまりガラの良くない人が持つイメージを連想させます。銀時計ならいいのですが、特に日本では、あまり趣味が良いとは思われないようです。

また金時計は、ある組織の中で多大な貢献をした人に対して、その人が定年などで組織を去る時にその人の功績をたたえて金時計を贈ることがあります。

また、大学の成績優秀者に対して金時計を記念品として渡すことがありました。実際に記念品として渡されるのは銀時計であったり単なる時計であったりしますが、何かの功労者に対して時計を贈る習慣があります。

スイスの高級時計が人気の理由 国産高級時計の評価と注意点の解説
クォーツ腕時計の高級モデルの紹介とクォーツ式腕時計の特徴の解説
超高級時計と呼ばれる時計の理由と魅力 高級腕時計の実態を解説
金時計とはなにか 高級腕時計な金時計とおしゃれ用の金時計を解説
セレブが愛用する腕時計の特徴や有名人と高級腕時計ブランドの解説

金時計組とはなにか

金時計組とは、かつて東大の首席卒業者に金時計を与えたことに由来しています。東大で授与したのは、実際は金時計ではなく銀時計です。

この金時計を貰った卒業生のことを「金時計組」と呼んでいたため、このような言葉が生まれました。また、東大だけでなく、旧帝大や学習院などの大学でも成績優秀者に対して時計を贈っていました。

高級腕時計ブランドの金時計

金時計と言うと懐中時計をイメージされる方も少なくありませんが、金の腕時計もあります。ここでは、人生で一度は身につけてみたい高級腕時計ブランドの金時計をご紹介します。

ロレックス

ここでは、ロレックスの高級腕時計「デイデイト 40」についてご紹介します。このモデルは、全てが高級なロレックスの中で最高級のランクに位置する代表的な時計です。

1956年に誕生したモデルで、素材に金とプラチナを使ったモデルしか存在しません。金の商品は、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3種類で、文字盤の右側に日付表示があることと文字盤の真ん中上部に曜日の表示があることが特徴です。

ケースやブレスレットの素材として、よくあるステンレススチールのモデルは無く、すべてゴールドかプラチナであることからも高級なロレックスの中でも最高級であることを示しています。

ロレックスのモデルにデザインが似ているデイトジャストがありますが、こちらの方が少しだけお手頃になっています。ロレックスの中でも最も代表的で気品があるデイデイトの金時計を持つことができれば、真のお金持ちとみられることでしょう。

ロレックスの魅力を紹介 ロレックスの歴史、逸話などを詳しく解説

パテック・フィリップ

次にロレックスに並ぶ高級腕時計メーカーのパテック・フィリップから「グランド・コンプリケーション」をご紹介します。

こちらも高級腕時計メーカーとして知る人ぞ知るパテック・フィリップの最高級モデルです。ブレスレットには、ゴールドやプラチナの他、レザーを使っているものもあります。

ゴールドの種類は、ホワイトゴールド、ローズゴールド、イエローゴールドです。パテック・フィリップの時計の優れた機能として、うるう年にある29日の調整が必要のない永久カレンダーという機能や、重力による姿勢差を回転により吸収するトゥールビヨン、音で時間を通知するミニット・リピーターがあります。

加えてグランド・コンプリケーションは、そのデザインの美しさ、高貴さ、優雅でありながらしっかりとした気品があることで大変人気があります。値段についても、最高級と呼ぶにふさわしい価格ですが、余裕のある人生の成功者が持つに相応しい逸品です。

おしゃれアイテムとしての金時計

高級ブランドの金時計は非常に高価なので、手に入れることができる人はあまり多くないと思いますが、おしゃれアイテムとしての金時計であれば、そんなに無理する必要なく手に入れることができます。

高級ブランドの腕時計のような気品はありませんが、こちらの金時計でも十分な存在感はあります。

カシオの金時計

カシオから発売されている逆輸入モデル「カシオスタンダード」をご紹介します。上半分がデジタル時計、下半分が電卓となっており、裏面以外全面に金メッキがほどこされています。

見た感じのインパクトが大きい逸品です。好きな人は好き、嫌いな人は嫌いと意見が分かれるところですが、はめていると非常に目立つことは確実です。

同じデザインでシルバー・黒などのゴールド以外のモデルも発売されています。逆輸入モデルなので、説明書が英語などの問題はありますが、昔からこのようなデジタル時計に慣れている方は、なんとか使いこなせるでしょう。

また、逆輸入モデルはメーカーの保証や修理が受けられるかという問題がありますが、ある程度自己責任でなんとかするという覚悟がある方におすすめします。

このデジタル時計は、今のスマホ時代に少々古めかしい印象を受けますが、そこがレトロっぽくていいという人もいることでしょう。

セイコーの金時計

こちらは、セイコーの金時計「セイコー ファイブ スポーツ」です。こちらも同じく逆輸入品になります。

機械式の自動巻き腕時計で、重量感のある仕上げになっており、全体に金メッキがほどこされています。イエローゴールドの感じが程良く、文字盤がブラックになっているので、なんとかギラギラ感を抑えています。

曜日がアラビア語と英語表記であることから、中東向けの商品と思われますが、英語表記にすれば問題なく使えます。セイコーらしいしっかりとした作りで、実用性も兼ね備えた金時計を探している方にはおすすめのモデルです。

金時計についてのまとめ

  • 金時計とは、ケースと蓋が金でめっきされたもの、または、ケースなどを金削り出しで作った時計のこと
  • 金時計には、懐中時計だけでなく、金時計もある
  • 金時計組とは、かつて大学の成績優秀者に金時計や銀時計を贈ったことがあり、その卒業生を金時計組と呼んだ
  • 高級腕時計ブランドの金時計として、ロレックスのデイデイトやパテック・フィリップのグランド・コンプリケーションがある
  • おしゃれアイテムとしての金時計として、カシオのカシオスタンダードやセイコーのセイコーファイブスポーツがある