腕時計は人間の手首に収まるほどの小さなものですが、その中には壮大な夢とロマンがあふれています。

着ける人のセンスはもちろんのこと、その人の人間性や価値観までもが現れ、1人の人間を表現するための重要な役割を果たすと言ってもいいほどでしょう。

時計の価値は、低いものから高いものまでとても幅が広く、高い価値を誇るものほど超高級腕時計と呼ばれます。

超高級腕時計と呼ばれる腕時計は、なぜ高級と呼ばれるに至ったのか、何がそんなに人を惹きつけるのか、知っているようで知らない高級腕時計の実態を詳しく解説いたします。

超高級時計とはなにか

高級時計のイメージ

高級腕時計と聞いてどんなことをイメージするのか、またどんなブランドの腕時計をイメージするのかは人それぞれでしょう。

金額をもって高級時計と判断するのか、それともその機能性やデザイン性、もしくはブランディング力をもって高級時計と判断するのか、その判断基準も人それぞれなのかもしれません。

特に男性は、年齢を重ねるほど高級時計への憧れを強く持つようになり、そんな時計を着けることを目標にしたり、人生における最高のステータスと位置付ける人も多くいます。

高級時計の金額

高級腕時計に抱くイメージは人それぞれですが、高級と呼ばれるだけの金額が設定されていることは紛れもない事実です。

それなりの収入や富が無ければ手にできないことを知っているからこそ、誰もが高級時計への憧れを強くするのでしょう。

高級腕時計の中でも「超」がつくほど高級な腕時計になれば、数千万円から1億円を超えるものまで存在します。

庶民感覚では到底手が届きそうにない、超高級な腕時計の中には、「雲上ブランド」という称号を持つブランドがあり、腕時計の世界を席巻しています。

世界三大腕時計ブランド

高級腕時計のさらに上をいくのが、超高級腕時計と呼ばれる腕時計であり、これらの代名詞とも言われているのが「世界三大腕時計ブランド」です。

この3つのブランドはどれも、スイスの名門といわれる超高級腕時計ブランドであり、雲上ブランドとして人から羨望の眼差しを向けられています。

ここからは、世界三大腕時計ブランドと呼ばれる3つのブランドについて、詳しく解説いたします。

パテック・フィリップ

1800年代に2人のポールランド人によって設立されたパテックフィリップは、名実ともに世界三大腕時計の1つとして今もなお時計界に君臨しています。

ゴールドやプラチナといった高級素材だけでなく、洗練されたデザインから放たれる上品な雰囲気が、超高級腕時計と呼ばれる所以です。

代表的なモデルとして知られる「カラトラバ」には、パテックフィリップの長い歴史を継承する中で守られ続けてきた原点たる姿が宿り、「グランドコンプリケーション」には時計の世界で最も複雑な機構が搭載されています。

パテック・フィリップのオススメのモデル

カラトラバ 5116R-001 

\3,078,000(税込)

ワンポイントアドバイス
パテックフィリップらしさが最も現れているモデルでもあり、ラウンド型腕時計の原点たる姿や七宝焼文字盤による高貴なデザインが異彩を放ちます。

オーデマ・ピゲ

1875年に「世界で最高の複雑時計」を作ることをコンセプトとして誕生したオーデマピゲは、高級スポーツウォッチとしてその名を世界中に轟かせてきました。

懐中時計の製作段階から培われていた技術でもあるミニッツリピーターや永久時計、クロノグラフなどの、超複雑機構を搭載したモデルをいくつも世の中に送り出しています。

代表モデルでもある「ロイヤルオーク」には世界で初めてステンレスを使用し、八角形のベゼルや、ベゼルを止めるために埋め込まれた8本のネジをあえて見せているデザインが、特徴的です。

オーデマ・ピゲのオススメのモデル

ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST 

\2,430,000(税込)

ワンポイントアドバイス
モデル誕生の40周年記念として発表された復刻版で、外装の仕上げ方法1つとっても、時計技師の高い技術と洗練されたデザインが随所に光るモデルです。
関連記事

ヴァシュロン・コンスタンタン

世界三大時計の中でも、世界最古の歴史を誇るヴァシュロンコンスタンタンは、1755年、ジュネーブにある小さな時計工房からその歴史をスタートさせました。

高い技術力が証明されたものだけが取得できる「ジュネーブシール」を取得したムーブメントを搭載したモデルもあり、高度な技術力がしっかりと世界に認められています。

シンボルマークでもある「マルタ十字」が文字盤やリューズなどに刻印され、その卓越した存在感は、「パトリモニー」や「オーバーシーズ」などの代表的なモデルにしっかり現れています。

ヴァシュロン・コンスタンタンのオススメのモデル

パトリモニー コンテンポラリー 

¥3,196,800(税込)

ワンポイントアドバイス
ムダなものをそぎ落としたシンプルな3針モデルやバランスのとれた外装が、ヴァシュロンの気品高さをよく表しているモデルです。

新進気鋭の高級ブランド

世界三大時計をはじめとする超高級腕時計ブランドには、長い歴史を誇るものばかりが目立ちますが、ここ数十年の間に誕生し、急成長を遂げた高級ブランドも存在します。

中でも「リシャール・ミル」は航空宇宙産業に使用される素材や最新の技術を駆使して、世界に二つとない完璧な時計作りを目指し、2001年に誕生しました。

わずか十数年足らずで新進気鋭の新ブランドとして他の高級ブランドたちと肩を並べるまでに急成長し、時計界のF1をコンセプトに衝撃に強い腕時計を作り上げています。

衝撃に強いだけでなく、初代モデルに超複雑機構でもあるトゥールビヨンを搭載し、強くて複雑な機構を持つ、希少価値の高い腕時計として人気沸騰中の腕時計です。

有名人にも人気の超高級時計ブランド

テレビや雑誌など、大衆の面前に私生活を見せることも多い有名人がしている腕時計は、とても気になるものです。

有名人ともなれば、着けている腕時計から人間性やセンス以外にも、私生活まで垣間見えるような気がしてくるからでしょう。

ここからは、有名人に人気が高いブランドとして注目を集めているブランドを、いくつか紹介いたします。

ブレゲ

ブレゲは、時計の歴史の礎を築いたとも言われる「アブラアム=ルイ・ブレゲ」によって1775年に創立されました。

世界三大複雑機構とされる「トゥールビヨン」「ミニッツリピーター」「パーペチュアルカレンダー」などの機構の開発に関わり、ブレゲの創る時計は偉人たちから深く愛される腕時計として、世界中に知られることとなります。

ケースのサイドに施された「コインエッジ装飾」が特徴の1つでもあり、「ブレゲ数字」や「ブレゲ針」など自身の名前がつけられたデザインが随所に光るブランドです。

「マリーン」や「クラシック」などが代表モデルとして名を馳せ、高い機能性とエレガントなデザインの見事な融合性で多くの人を魅了しています。

ブレゲのオススメのモデル

マリーン クロノグラフ5827BB 

\3,790,800(税込)

ワンポイントアドバイス
よりスポーティーなモデルであり、クロノグラフの搭載やブレゲ針といった装飾が施され、大人の男性をしっかりアピールできるモデルです。

A.ランゲ&ゾーネ

高級時計ブランドが、こぞってスイスに軒を連ねる中で、A.ランゲ&ゾーネは唯一、ドイツでその歴史をスタートさせました。

世界三大時計とブレゲとともに世界五大時計として広く知られ、1度は戦争の影響によって閉鎖に追い込まれながら見事に復活を遂げ、トップブランドまで登り詰めたブランドです。

素材にはゴールドとプラチナだけを使用し、文字盤内ですべての表示が重ならない「オフセンターダイヤル」が特徴の1つでもあります。

「ランゲ1」や「サクソニア」といった代表モデルを生み出し、威風堂々とした品格がドレスウォッチとしての立場を確固たるものへと築き上げました。

A.ランゲ&ゾーネのオススメのモデル

ランゲ1 191021 

¥3,834,000(税込)

ワンポイントアドバイス
A.ランゲ&ゾーネの復興を象徴するようなデザインで、深夜12時を過ぎる瞬間に表示が切り替わる「アウトサイズデイト」表記仕様を取り入れています。

関連記事
腕時計 ランゲアンドゾーネ ランゲ1の歴史と特徴、価格帯の解説
腕時計 ランゲアンドゾーネ リヒャルト・ランゲの解説
腕時計 ランゲアンドゾーネ ツァイトべルクの解説
腕時計 ランゲアンドゾーネ 1815の歴史と特徴、価格帯の解説
腕時計 ランゲアンドゾーネ サクソニアの歴史と特徴、価格帯の解説

ウブロ

ウブロの創業は1980年と、まだ歴史の浅いブランドです。

浅い歴史の中にありながら、その斬新で大胆な発想がクォーツ時計の出現に喘いでいた高級時計ブランド界に、大きな風を吹き込みます。

ファッション業界へ積極的に足を踏み入れ、一流ファッションブランドから支持を集めたことで「ビッグバン」シリーズはウブロを代表するモデルに成長し、売り上げと世界進出の一助となりました。

船の「舷窓」をイメージして作られたブランド名が物語るように、ケースやインデックスのデザインに、重厚感と高貴な雰囲気が漂うブランドです。

ウブロのオススメのモデル

ビッグバン ウニコ チタニウム 

¥2,278,800

ワンポイントアドバイス
ラバーベルトが存在感をアピールし、ボタン1つで海外の時間を微調整できる機能や、昼と夜を判断するプレートなどが搭載されています。
関連記事

ブランパン

クォーツ時計の台頭により、他のブランド同様クォーツショックのあおりを受けていたブランパンは、機械式時計の素晴らしさを改めて世に広げた立役者でもあります。

あくまでも機械式時計にこだわり持ち、それ以外の構造を持つ時計は作らないという強い決意が経営理念です。

「マスターピースコレクション」や「フィフティ・ファゾムス」といったモデルには、機械式時計の魅力が存分に組み込まれ、高い技術力が要される6つの機能が集約された「1735」モデルは限定品として扱われ、腕時計ファンの心を掴んでいます。

ブランパンのオススメのモデル

フィフティ・ファムゾス5015-1130-52 

¥1,544,400(税込)

ワンポイントアドバイス
ダイバーズウォッチとしても知られるモデルで、ブランパンのプロフェッショナル意識が現れ、スポーティーな雰囲気の中にも卓越した高級感が光ります。

関連記事
腕時計 BLANCPAIN(ブランパン)ヴィルレとは 歴史や価格の解説

腕時計の選び方に関連する記事はこちらです

高級時計についてのまとめ

  • 高級腕時計が高級と呼ばれるにはそれなりの理由があるものです。
  • 時計師のより高い技術が必要となる複雑な機構は、複雑化するほど価値が高い時計として世の中から評価されます。
  • そんな複雑な機構と、洗練された高いデザイン性が融合した腕時計は、もはや時計という枠を超え1つの芸術品として扱われるからこそ、超が付くほど高級なものとなるのです。
  • そして「高級時計は一生ものである」ことを知っている人ほど、高級時計への憧れは強くなります。
  • 最高級の芸術品でもある超高級腕時計は、これからも永遠にその魅力を発信し続け、この先どんなにスマホなどの便利な精密機器が進化を遂げようとも、きっと衰えを見せることはないでしょう。