オリオン/BNの概要と歴史

オリオン電機からは、BNというモデルのテレビが発売されており、色の再現力に関する特徴があります。

もともとオリオン電機は、解像度が優れたテレビ自体は多く発売しています。RNというテレビも、色彩の表現力は非常に優れています。様々なテレビを発売する中で、色彩を上手く表現できる製品を開発したいという思いがあり、BNというモデルも登場するに至りました。

それでBNの場合は、歴史は非常に新しいです。2,016年に発売されたテレビになりますが、DT10Hという製品しか登場していません。2,016年だけに発売されていて、それ以降は特に新しい物は発売されていないテレビになります。

画面のサイズは2種類あって、24インチもしくは32インチとなります。映像に対するこだわりがあるテレビだけに、色彩は非常に優れています。従来とはまた違うLEDを採用する事で、細かな色彩を表現できる製品に仕上がっています。

またオリオン電機の従来の製品と違い、スリムベゼルというデザインを採用しています。スリムという表現通り、大変薄いテレビに仕上がっているのです。従来の製品と違い、デザインにも大きな特徴があり、とてもスタイリッシュな形状になっています。

かねてからデザイン性が優れたテレビを発売したいという思いがあり、デザインにもこだわりがあるテレビに仕上がっています。

また金属的な雰囲気があるテレビを発売するのが望ましいという考え方に基づき、モニター枠の部分には、とても細かいラインが施されています。その模様により、独特の金属的な雰囲気が表現されているのも特徴的なテレビです。

ですから音に対するこだわりの元で開発されたテレビなのですが、独自のデザイン性も実現されたのが、BNというモデルになります。

ゲームに最適なテレビとは 高画質で音質の高いおすすめテレビ

オリオン/BNの特徴

BNというシリーズには、光沢感に関する特徴があります。モニター部分の光沢は、他のテレビとは少々異なります。

テレビのモニターは、必ずしも光沢を発しているとは限りません。しかしBNの場合は、その光沢感によって独自の雰囲気が表現されているのが特徴的です。

表面の光沢だけでなく、映し出される映像にも大きな特徴があるテレビです。そもそもテレビの製品は、被写体を忠実に表現できるとは限りません。様々な技術的な問題により、本来の色とは少し変わってしまう事もあります。

ところがBNというシリーズは、明暗もはっきりしている上に、かなり細かな色彩まで表現できる製品になります。他社よりも映像を楽しめると評価されている事も多いです。

液晶テレビを選ぶポイントとは おすすめのテレビや処分の仕方も解説
ハイビジョン(HD)放送とは何か フルハイビジョンと4Kの違い
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

オリオン/BNの価格

価格帯
オリオン/BN
¥26,000~29,000

価格にも特徴があります。そもそもテレビ自体は、他にも色々あります。中には、奥行きの表現力などが優れているテレビもあります。しかしクオリティーが優れているテレビは、価格設定が少々高めなので、なかなか手を出しづらい事もあります。

それに対してBNという製品は、価格は3万円以内に抑えられています。リーズナブルな価格設定なのも、BNという製品の大きな特徴の1つです。すなわち光沢感と映像と価格という3点が、BNの主な特徴と言えます。

オリオン電機のBNは、かなり格安な価格帯になります。このメーカーから発売されているBNというテレビは、2種類しかありません。両方とも最新のモデルで、DHT10Hという型番になります。

サイズは2種類あって、32インチは約29,000円前後という価格帯になります。したがって1インチに対する価格は、約900円という事になります。数あるテレビの中でも、1インチあたりの価格が低めな製品です。

それに対して24インチの場合は、約26,000円という価格設定です。発売価格自体は32インチよりは高めですが、1インチあたりの価格に直せば、1,077円になります。

このように5万円未満という価格に設定されているのが、BNというシリーズの特徴の1つです。

コスパを重視してテレビを選ぶコツとは オススメのテレビを解説