こちらの記事は2018年6月21日の記事を2020年3月30日に加筆修正いたしました。

加筆修正箇所
・有機ELテレビでおすすめのメーカーの項目を追記いたしました。
・おすすめの有機ELテレビを2020年3月30日の情報に更新いたしました。

ここでは、有機ELテレビとはなにかや、特徴と価格帯、おすすめのモデルを解説します。

この記事を読むことで、自分に合った有機ELテレビ購入の検討が出来ます。

そもそも有機ELテレビとはなにか?

有機ELテレビとは、電圧をかけると発光する特殊な有機物を使って映像を表示する薄型テレビのことです。

一般的な液晶テレビは自発光式ではないため、液晶の背面に光源のライトを設置しなければなりません。

そのため、普通はライトを設置するために、ディスプレイ部にある程度の厚みを持たせる必要があります。

しかし、自発光式の有機ELは光源のライトが必要ないため、ディスプレイが70インチを超えるような大画面でも、スマホのような薄さにすることができます。

関連記事
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

有機ELテレビのメリット

画質が綺麗

有機ELは画質が綺麗な事が特徴です。液晶よりもコントラストが高く、画質がクリアで、特に黒色は液晶にはない深みがあります。

発色も鮮やかで、階調のなめらかさも有機ELならではの強みでしょう。

液晶よりも応答速度が速く、動きの速い映像を見るのにも適しているため、アクションゲームのプレイにもおすすめです。

関連記事
ゲームに最適なテレビとは 高画質で音質の高いおすすめテレビ
液晶テレビを選ぶポイントとは おすすめのテレビや処分の仕方も解説
ハイビジョン(HD)放送とは何か フルハイビジョンと4Kの違い
おすすめのテレビの種類 液晶テレビと有機ELテレビの違いや特徴

視野角が広い

有機ELテレビは視野角の広さにも強みがあります。

液晶テレビは、視野角が広いとされるIPSパネルでも、画面を斜めから見ると暗くなったり、色が変わったりして見づらくなるという特徴があります。

自発光式の有機ELは、光源がパネルの表面に近いため視野角が圧倒的に広く、色彩やコントラストもほとんど低下することがないのが魅力です。

有機ELテレビの価格

有機ELテレビは国内外のメーカー各社がハイエンドの4Kテレビに採用しているため、比較的高価なモデルが多いのが特徴です。

大型で高価なモデルには100万円以上するモデルも少なくありませんが、安いモデルであれば最低10万円前後から購入することが出来ます。

有機ELテレビのおすすめメーカー

ソニーは4K画質と音響のこだわりが特徴

BRAVIAのブランドでおなじみのソニーの有機ELテレビは、4Kをより高画質に見せる「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」を採用しているところが特徴です。

一般的な4K映像よりも解像感が高く、立体感が高い映像を見ることができます。

また、ソニーのテレビは音響にこだわっているモデルが多いのも特徴です。

一般的に有機ELテレビは本体が薄い分、入れられるスピーカーの大きさは限られてしまうというデメリットがありますが、ソニーは有機ELのパネル自体をスピーカーの振動板として使うことで、スピーカーの大きさの問題を解決しています。

さらに、低音用のスピーカーを背面スタンドに収納しているなど、ディスプレイの薄さと迫力のある音質が両立されているモデルが少なくありません。

LGエレクトロニクスは手頃な価格帯が特徴

LGエレクトロニクスは、有機ELテレビのパネルを自社生産しているのが特徴です。

強みを生かして低価格で販売されているモデルが多いだけでなくラインナップも豊富なため、お手頃な価格で好みのモデルを探すことが出来ます。

LGエレクトロニクスのハイエンドモデルである「LG SIGNATURE」シリーズは、パネルとスピーカーユニットが別であるため、有機ELテレビの音響性能の弱さを解決しています。

パナソニックは黒の表現力が特徴

Panasonicの有機ELテレビは、黒の表現に優れているのが特徴です。

色彩表現に優れた有機ELテレビと、漆黒の表現がコントラストの効いた映像美を演出しています。

PanasonicのVIERAシリーズは、自動で自然な色合いを演出してくれる「ヘキサクロマドライブプラス」機能がある事も特徴で、ハリウッドの現場でも使用されるなど、質の高い映像を実現しています。

東芝は充実した録画機能とタイムシフトマシン機能が特徴

東芝の有機ELテレビには、録画機能が充実しているREGZAブランドがあげられます。

「タイムシフトマシン」機能により、6つのチャンネルの、最大80時間分の過去番組をさかのぼって視聴することが出来ます。

画質に関しては、高いノイズ除去性能があるため、地デジの放送などでも高い解像度で見ることが出来ます。

参考
ビックカメラ.com 有機ELテレビのおすすめ9選【2020】厳選したメーカーの人気モデルを紹介

おすすめの有機ELテレビ

LG OLED55B9PJAはAIによる映像と音響の自動調整が魅力

LG OLED55B9PJAは、AIによる映像と音響の自動調整機能が魅力の4Kチューナー内蔵有機ELテレビです。

AIが映像の画質を自動で認識し、画質をクリアに見るための最適な画像処理を行ってくれるため、どんな映像でも美しく見ることが出来ます。

音響に関しては、部屋のどこから視聴していてもAIが自動で視聴者の場所を認識し、部屋の音響特性を踏まえてサウンドを調整してくれるため、好きな場所から最適なサウンドを楽しむことが出来ます。

オリオン 4Kチューナー内蔵液晶テレビは4K・2K放送が綺麗に見れる

オリオン 4Kチューナー内蔵液晶テレビは、4K放送だけでなく、これまでの2K放送の映像も、高画質に変換してくれる映像処理技術「4K 美・彩・細エンジン」が特徴の有機ELテレビです。

4K放送や2K放送を、より精細に視聴することが出来ます。

有機ELならではのスッキリとしたデザインでありながらも、4つ搭載されたHDMI端子により、周辺機器の接続も十分に行うことが出来ます。

有機ELテレビについてのまとめ

  • 有機ELテレビとは、電圧をかけると発光する有機物で映像を表示するテレビのことをいいます。
  • 有機ELテレビは視野角が広く、階調性がよい事が特徴です。
  • 有機ELパネルは国内外のメーカーがハイエンドモデルに採用しています。