この記事では、メンズ用の日傘の特徴と、選び方のポイントについて解説します。

現代では、、肌に気をつかう男性が多くなってきたことや、熱中症対策として、街中でも男性の日傘を使用しているところを見かけることも少なくありません。

この記事を読むことで、男性が日傘を持つことのメリットを知り、メンズ用の日傘購入の検討が出来ます。

男性が日傘を使用することのメリット

男性が日傘を使用するメリット①:日焼けや皮膚がんを予防をする

日傘を使用することで、日焼けを防ぐことは、皮膚がんなどの予防をすることにも繋がります。

外で長時間活動する際、日差しを浴び続けると日焼けをおこし、酷い場合は火傷したような痛みも伴います。長時間日光に当たり続けることで、皮膚がん発症のリスクがあります。

皮膚がんは、紫外線を大量に浴びることで、遺伝子が正常に修復しない事から発症するため、それらを予防する上でも日傘は効果的です。

男性が日傘を使用するメリット②:紫外線によるシミなどを防ぐ

日傘は、UVカット加工されているものが多く、シミの原因となる紫外線を防ぐことができます。

紫外線を浴び続けることで皮膚の再生能力が低下し、シミが発生します。肌が弱い、肌への美意識が高い男性は日傘を持つとよいでしょう。

男性が日傘を使用するメリット③:体感温度を下げることができる

日傘を使うことで、肌に直接日光があたるのを防ぎ、体感温度を下げることができます。

熱いところでは、日光にあたり続けている箇所と、日陰との温度は20度も違う場合もあります。

メディアでも熱中症対策が叫ばれている中、スポーツシーンでの選手の待機時間や、応援などにも日傘を使うことで、体力の消耗を防ぐことができるでしょう。

メンズ用の日傘を選ぶ際のポイント

メンズ用の日傘の選び方①:内側が黒いもの

日傘は傘の内側が黒色のものがおすすめです。

紫外線は上からだけでなく、地面からも反射してきます。

地面から反射する紫外線は、日傘の内側が白色の場合、吸収せず反射するため、日傘の中で、余計に紫外線を浴びることになります。

その反面、内側の色が黒色だと紫外線を吸収してくれるため、余計に紫外線を浴びる量を軽減することが可能です。

メンズ用の日傘の選び方②:UVカット率を確認する

日傘にはUVカット率の表示があり、数値が高いほど紫外線を防止してくれる事を示しています。

また、日傘の外側の色はUVカット加工さえされていれば、何色でも問題ありません。

JUPA(日本洋傘振興協議会)によると、晴雨兼用の傘は、UVカット率が90%以上と規格で定められてもいることから、数値は最低でも90%以上の表示をしている品を選ぶとよいでしょう。

メンズ用の日傘の選び方③:遮光性の高い素材

遮光性の高い素材を使用している日傘は、暑さをより緩和してくれます。

綿や麻の素材使った日傘は、熱がこもりにくく、シルバーや白色の生地だと、熱が反射されて生地自体の温度上昇も抑えられます。

メンズ用の日傘の選び方④:持ち運びやすさや軽量を考える

日傘を選ぶ際は、持ち運びやすさや、重さについても考えておくとよいでしょう。

日が昇っている間は日傘を使用しても、日が沈んだあとは荷物になるため、持ち運びやすさの検討が必要です。

日傘が軽量であれば、持ち運びやすいだけでなく、腕が疲れにくいというメリットもあります。

メンズ用の日傘の選び方⑤:落ち着いたデザインのものも多い

男性向けの日傘は落ち着いたデザインのものも多いため、ビジネスの場面でも使用できる場合が多いです。

シンプルなデザインあれば、スーツスタイルにも合わせやすいため、外での移動時間が多い営業マンにもおすすめです。

メンズ向け日傘のおすすめ7選

製造直販ゴルフ屋 晴雨兼用 銀バリ傘は紫外線のカットが効率的

製造直販ゴルフ屋 晴雨兼用 銀バリ傘は、UVカット率99.9%で表生地がシルバー、裏はブラックであるため、紫外線を効率的にカットしてくれます。

大きめなサイズの傘にしては、重量が420gと軽量かつ、持ち手もスポンジ素材であるため、女性やお年寄りも疲れにくい構造です。

anngrowy 長傘 二層傘骨構造は折れにくく錆びづらい

anngrowy 長傘 二層傘骨構造は、UVカット率99%の雨晴兼用長傘です。

傘骨はグラスファイバーを使用しており、鉄やアルミ製のものと比べて豪雨や強風でも折れにくく、錆びも付きにくい仕様が特徴です。

高密度繊維生地で撥水効果も高いため、雨粒を払いやすいでしょう。

デザインも黒ベースで、軸や骨部分が赤色であるため、女性も兼用できるおしゃれさも兼ね備えています。

TAIKUU 超軽量 折り畳み日傘はUVカット率・遮光率が100%

TAIKUU 超軽量 折り畳み日傘は、UVカット率、遮光率ともに100%の製品です。

直径も106cmと折り畳み式の中では広めで、紫外線対策も完璧です。

本製品は3層の生地構造になっているため、紫外線だけでなく、暑さの原因となる赤外線や可視光線も100%カットしてくれます。

傘骨は、比重の軽いアルミ合金を使用しているため、重量は270gと軽く、耐久性もあります。メーカーの5年間保証もあるため安心です。

WARAI 超軽量 折りたたみ日傘は耐久性が高く色も豊富

WARAI 超軽量 折りたたみ日傘は、UVカット率99.9%で、遮光率100%の晴雨兼用折り畳み傘です。

テフロン加工されているため、優れた撥水性を有しており、傘骨はステンレスやアルミ合金を使用しているため、さびに強く耐久性にも優れています。

折り畳み時のサイズが17cm×4cmあり、重さは約200gのコンパクトかつ軽量なことから、かばんに常備するのにおすすめの商品です。

カラーバリエーションは12種類と豊富なことから、年代や性別問わず自分好みのカラーを見つけることができるでしょう。

soafiya 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉は使いやすく大きい

soafiya 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉は、UVカット率99.9%、完全遮光の機能を有し、テフロン加工もされていることから、日傘としても雨用としても使えます。

開閉もワンタッチ式であるため、手が塞がっているときにも楽に傘をさすことができます。

折り畳み式でありながら、直径が118cmもあるため、体が大きい男性もしっかり日差しから守ってくれるでしょう。

リーベン メンズ 晴雨兼用日傘は万能で向かい風にも強い

リーベン メンズ 晴雨兼用日傘は、UVカット率99%、遮光率99%で、晴雨兼用の長傘です。

生地が二重構造になっていて、重ねた生地のすき間から風が通り抜けるため、向かい風がきても負担がかかりにくいのがポイントです。

外側がシルバー、内側がネイビーカラーであるため、熱もこもりにくく、紫外線もしっかりカットしてくれますが、重量が700gあるため、普段使いには向いていません。

リーベン 日傘 晴雨兼用 折りたたみ シルバーは遮熱性もある

リーベン 日傘 晴雨兼用 折りたたみ シルバーは、UVカット率、遮光率ともに99%カットの晴雨兼用折り畳み傘です。

リーベンの「ひんやり傘」とよばれるこの商品は、傘の外側がシルバーかつポリウレタンが濃くコーティングされており、他社に比べて遮光性と遮熱性に優れています。

傘の内側はチェック柄になっているため、さりげないおしゃれさもあるのがポイントです。

メンズ用の日傘についてのまとめ

  • 日傘は直接日光を浴びることを防げるため、日焼けや皮膚がん、シミ発生のリスクを軽減できます。
  • 日傘を使うことで体感温度を下げることができるため、スポーツシーンでも重宝するでしょう。
  • 日傘の素材が綿や麻の素材だと熱がこもりにくく、生地がシルバーや白色のものは熱が反射されるため、より涼しくなります。
  • 日傘の内側は黒色のものを選ぶと良いでしょう。紫外線は上からだけでなく地面から反射もしますが、内側が黒色だと、地面からの紫外線を吸収してくれます。
  • 日傘のUVカット率、遮光率をチェックしておくと良いでしょう。UVカット加工が施されていれば、傘の外側は何色でも問題ありません。
  • 折り畳み式の日傘を使えば、日が沈んだ後でもかばんにしまえるため、邪魔になりません。