この記事では、日傘の特徴や商品選びのポイント、おすすめの日傘を解説します。

暑さ対策や、紫外線への対策として使われる日傘ですが、現代ではさまざまな種類があり、バリエーション豊かなデザインで、ファッションアイテムとしても人気を集めています。

急な雨に降られた時に雨天兼用として使用できる日傘も多く、雨傘としての実用性も選ぶ際のポイントです。

この記事を読むことで、日傘への理解を深め、ご自身にぴったりの日傘購入を検討することができます。

日傘は梅雨や夏の時期に大活躍する

まず、ノウハウ・初心者向けの情報をご紹介いたします。商品の紹介を先に知りたい方はこちらをクリックしてください。

日傘のおすすめ7選

熱中症を引き起こす強い直射日光や、お肌に悪影響を及ぼす紫外線をさえぎってくれる日傘は、特に日差しの強い夏に活躍してくれます。

雨天兼用できる日傘であれば、梅雨の時期の外出でも安心です。

お気に入りの日傘を1本持っていれば、ジメジメとした梅雨や、暑い夏の日など、できるだけ外出したくない時期でも、楽しいお出かけにすることが出来ます。

メンズ日傘の特徴と選び方のポイント おすすめ7選を解説
折りたたみ日傘の特徴 選び方のポイントとおすすめ商品9選の解説

日傘の特徴

日傘の特徴①:紫外線をカットできる

日傘では、お肌トラブルを引き起こす原因である、紫外線を緩和することができます。

しかし、日傘の表面にかけられた紫外線遮蔽のコーティングは、製品によって、紫外線遮蔽率に違いがあります。

中には、専門的な知識を持たない業者が、「紫外線遮蔽」を謳い文句にしている場合もあります。

商品を選ぶ場合は、具体的に「紫外線遮蔽率99%以上」など、数値を具体的に表示している品を選ぶとよいでしょう。

日焼け止めが必要な理由 種類とそれぞれの特徴 おすすめ品の解説

日傘の特徴②:涼しさを感じることができる

直射日光をさえぎってくれる日傘は、涼しさを与えてくれます。

日傘で日陰を作りたいという方は、「紫外線遮蔽」と表記する代わりに、「遮光」と表示している傘を選ぶのがよいでしょう。

「遮光」の表示がある商品は、紫外線だけでなく、太陽光も遮ることのできる品です。

日傘をさすことにより、炎天下でも日陰とほぼ同等の効果を得られ、体感温度が下がるため、熱中症対策としても効果的です。

日傘の特徴③:雨傘よりも豊富な種類やデザインがある

日傘はデザインが豊富なため、ファッションアイテムとして選ぶのもポイントです。

おもに女性をターゲットに作られている日傘は、ファッション性が高いおしゃれなデザインのものが少なくありません。

お洒落な日傘がいくつかあれば、その日の服のコーディネーションに合わせて日傘を選ぶ事も、楽しみの1つになるでしょう。

日傘の特徴④:晴雨兼用で使用できるものも多い

防水加工された日傘は、雨傘として使う事もできます。

通常の日傘は、日光を遮るために作られているため、水に弱く、雨天時には使用できませんが、晴雨兼用として防水加工された日傘は、雨傘としても使うことができます。

晴雨兼用の日傘であれば、梅雨の時期や、夕立が多い夏の時期でも安心して出かけることができるため、通学・通勤など、長時間外出する際にもおすすめです。

日傘に使用されている素材の特徴

日傘に使用されている素材は、主に、綿・麻・絹などの「天然素材」を使用したものと、ポリエルテルをはじめとした「化学繊維」を使用したものの2種類があります。

天然素材は、日光による熱を繊維が吸収し、熱を通しにくいため、多くの日傘に採用されていますが、耐久性は化学繊維を使用したものよりも劣ってしまいます。

一方で、化学繊維は軽量な上に、耐久性や紫外線遮蔽率も高い傾向がありますが、繊維自体が熱を持ちやすいといった点がデメリットです。

日傘を選ぶ際のポイント

日傘を選ぶ際のポイント①:遮光率を必ずチェックする

前述の通り、暑さ対策には、遮光率の高い日傘がおすすめです。

遮光率については、遮光率が99%以上の生地を使用した日傘を「遮光傘」、遮光率が99.99%以上の生地を「一級遮光生地」として表記できるなど、遮光表示はJIS規格で定められています。

基本的には、遮光率が高いほど熱を通しにくいため、暑さ対策や熱中症予防などを重視したい場合は、より遮光率が高い日傘がおすすめです。

日傘を選ぶ際のポイント②:紫外線遮蔽加工がされているものを選ぶ

紫外線が気になる人は、紫外線遮蔽加工されている日傘がおすすめです。

紫外線遮蔽率とは、紫外線をどの程度さえぎってくれるかを示した数字です。

日焼けやシミ・そばかすなどお肌のトラブルが気になる方は、紫外線遮蔽率が高い日傘を選ぶとよいでしょう。

一般的に、紫外線遮蔽加工された生地は、2~3年が寿命です。

紫外線遮蔽効果は、時間経過で劣化していくといわれているため、紫外線対策として日傘を使用する場合は、2~3年ごとに買い替える必要があります。

日傘を選ぶ際のポイント③:重量をチェックする

常に持ち歩く日傘は、なるべく軽量なものがおすすめです。

雨傘と比べると小型なものが多い日傘ですが、常に持ち歩く場合は、重量に注意する必要があります。

日傘の重さのほとんどは、骨組みの金属部分であるため、骨組み部分がアルミやカーボンで作られている軽量な製品がおすすめです。

日傘を選ぶ際のポイント④:自分の気に入ったデザインで選ぶ

お好みのデザインを選ぶ事は重視したいポイントです。

おもに女性向けにデザインされている日傘は、機能性を重視したシンプルなデザインから、レース付きのエレガントなデザインまで、バリエーション豊かです。

お気に入りの1本が見つかれば、梅雨や暑い夏にも、外出する楽しみが増えるでしょう。

日傘を選ぶ際のポイント⑤:素材で選ぶ

素材の特徴を理解し、自分に合った日傘を選ぶ事が重要です。

先述の通り、日傘の素材には、より涼を感じられる綿・麻・絹などの天然素材か、紫外線に強いポリエステルを始めとした化学繊維が使われています。

炎天下での使用など、より涼しさを期待するのであれば、熱を通しにくい天然素材、紫外線遮蔽率を重視したいのであれば、化学繊維で織られた日傘がおすすめです。

日傘のおすすめ7選

FIELDOOR Ombrage 日傘は高機能で晴雨兼用できる

FIELDOOR(フィールドア)の「Ombrage」は、十分な紫外線保護指数をあらわす「UPF50+(※)」対応の日傘で、紫外線遮蔽率99.9%、遮光率も100%の完全遮光であることが特徴です。

撥水加工されているため、晴雨兼用で使用でき、シンプルなデザインであるため、シーンを問わずに使用できることも魅力的です。

(※)日焼け防止の機能は、UPFが50あれば充分な効果を発揮するため、UPFが50以上ある製品はすべてUPF50+と表記されます。

オカモト原宿店 かわいいドーム型 日傘はかわいらしいデザインが魅力

オカモト原宿店 かわいいドーム型 日傘は、ポリエステル100%生地でできており、フリル加工が特徴的な日傘です。

紫外線遮蔽率も、99%と充分な機能性であるため、晴れの日も雨の日も活躍してくれるでしょう。

Lnue jumelle 北欧 バード柄 日傘は特徴的なデザインの日傘

北欧のダマスク柄が特徴的な、Lnue jumelleルナ・ジュメイル)の日傘は、シルバーコーティングで紫外線を99%カット可能な日傘です。

バリエーション豊かな色は、選ぶ楽しみも与えてくれます。

シノワズリーモダン 女優日傘は優雅なデザインで実用性も高い

シノワズリーモダンの女優日傘シリーズは、特殊2重張り構造で遮熱性・遮光性が高く、ファッション性の高い優雅なデザインも人気の日傘です。

芦屋ロサブラン 遮光は機能性とファッション性が高い

ロサブランの、遮光シリーズの日傘は、機能性とファッション性を高いレベルで両立しています。

100%完全遮光、晴雨兼用の日傘として機能性が高く、デザインやカラーを豊富に取り揃えているため、長く愛用できる1本を探している方におすすめです。

makez. 1級遮光ブラックコーティング耐風骨 ジャンプ傘は万能

makez.(マケズ)は、紫外線遮蔽率・遮光率ともに100%を実現しており、価格も4,000円程とハイコスパな日傘です。

晴雨兼用・耐風構造で耐久性も高く、カジュアルでシンプルなデザインと豊富な色で、人やシーンを選ばず万人におすすめできる日傘です。

日傘についてのまとめ

  • 暑さ対策や紫外線対策に便利な日傘は、特に梅雨や夏に大活躍のアイテムです。豊富なバリエーションから、ファッションアイテムとしても注目されています。
  • 晴雨兼用や耐風構造の品も多く、シーンを選ばずに使える、万能で機能性の高い日傘も多く販売されています。
  • ご自身にぴったりな、長く愛用できる日傘を見つけるためには、価格やお好みデザインで選ぶことはもちろん、遮光率や紫外線遮蔽率、重量や素材もあわせてチェックすることが重要です。
商品一覧
ご紹介している商品一覧