有機ELや液晶などモバイル用ディスプレイの性能は日進月歩で向上しています。そのせいか最近は有機ELと液晶をくっつけて「有機EL液晶」という人もいます。

たしかに有機ELも液晶も見た目は似たようなものですが、画像を表示する原理は根本的にちがいます。ここでは最近注目を集めるスマホの有機ELディスプレイについて解説してゆきます。

そもそも有機ELスマホとはなにか?

「有機EL」(有機エレクトロ・ルミネッセンス=Organic Electro Luminescence)という名称は、厳密にいえば、特殊な有機物に電圧をかけると光を放つ現象の意味ですが、一般的には、その現象を応用したディスプレイの意味で使われています。

有機ELと液晶ディスプレイの一番のちがいは、映像を表示する仕組みにあります。液晶にはもともと色がありませんし、発光もしません。そのためカラー映像を表示するには、色と光を加える必要があります。

一方、有機ELでは映像を構成する各色の有機物が自分で発光するため、色も光も加える必要はありません。ただし有機ELディスプレイは製造がとても難しく、色も光も加えない究極の有機ELディスプレイを実現できるのはスマホのサイズが限界です。

テレビ用の大画面パネルを安価に量産する技術はいまだに確立されていません。そのため一般向けの有機ELテレビのほとんどは、白色の有機EL素子にフィルターをかぶせて色を加えるカラーフィルター方式を採用しています。

有機ELディスプレイはスマホに適している

そもそもテレビやスマホのディスプレイは、どのようにしてカラー映像を表示しているのでしょうか。人の目に見える色は白や黄、赤、青、緑、紫、黒などさまざまですが、黒以外の色はすべて、赤、緑、青の3色の光を混合して作ることができます。

この3色を「光の3原色」といいます。液晶や有機ELディスプレイはこの原理を応用して、赤、青、緑の各色に光る小さな点をミクロの単位で並べています。

そして、その点の明るさを個別に調整することで色と映像を表示しています。液晶は単色の結晶で、それ自体は光ることもできません。その代わり電圧をかけると光を通したり遮断したりする性質があります。

そこで液晶の裏面にLEDなどのバックライトを置いて、表面に光の3原色を1セットで1画素にしたカラーフィルターをかぶせ、3色の明るさを液晶で個別に調整することで、カラー映像を表示できるようにしたのが液晶ディスプレイです。

一方、有機ELは3色の有機物質そのものが光るので、バックライトもカラーフィルターも必要ありません。また液晶ディスプレイは電源が入るとバックライトは点灯しっぱなしになりますが、有機ELは不要な色を画素ごとに消灯することができます。

そのため明暗のコントラストが高く、しかも光を発する素子がディスプレイの表面に近いために視野角が広く、発光効率が高いので消費電力が小さいという、液晶とは正反対のメリットがあります。

消費電力が少ないほうがモバイル機器のバッテリーを長持ちさせるので、有機ELは液晶よりもスマホに適したディスプレイといえます。またLEDのバックライトがないため、眼精疲労の原因とされるブルーライトが少ないことも、有機ELならではのメリットです。

有機ELのデメリットは液晶よりも劣化が早い

有機ELは液晶パネルとちがってバックライトが必要ないので、量産化が軌道に乗れば、液晶より生産コストが下がる可能性があります。

ただ、残念ながら現状では有機ELの量産には技術的な制約が多く、製造コストは液晶の2倍ともいわれています。また有機ELには「焼き付き」と呼ばれる発光素子の劣化が起ききやすいデメリットもあります。

焼き付きは、かつてブラウン管ディスプレイでも発生していたので、パソコンに「スクリーンセーバー」という保護機能があったことをご記憶の方も多いのではないでしょうか。

有機ELもまた長時間同じ画像を表示していると、発光素子が急激に劣化して、画面に残像のような色ムラがこびりついてしまうことがあります。

もちろん最新の有機ELはさまざまな改良が加えられているので焼き付きはまず起こらない、とも言われますが、中古の有機ELスマホでは、ディスプレイに焼き付きが残っている商品も少なくありません。

また、有機ELディスプレイを使っているうちに「ドット欠け」と呼ばれる素子単位の欠損が増える懸念もあります。

実際、2001年発売のFOMA初号機などではそのようなトラブルが問題になりましたが、現在の有機ELはその点でも改善が進み、よほどのことがないかぎりドット欠けが発生することはないと言われています。

それでもトータル的には液晶よりも有機ELのほうが劣化が早いのはたしかです。同じスマホを長期間使い続けたい方は、液晶モデルを選んだほうが良いかもしれません。

有機ELディスプレイといえばGalaxy

有機ELの特性を生かした曲面ディスプレイを世界で初めて搭載したのが、2014年発売のGALAXY Note Edge SC-01Gでした。

それ以来、Galaxyシリーズの有機ELモデルは画面の両サイドに丸みを持たせ、ディスプレイを回り込ませたデザインをアイデンティティにしています。

このGalaxyならではのデザインは手になじみやすく、また画面を両端ぎりぎりまで広くとることで解像度を高くできるなどのメリットがあります。

Galaxy Note9の特徴は大画面と高画質

Galaxy Note9は、Noteシリーズ伝統の大画面ディスプレイと、専用のSペンによる手書き入力機能を継承しつつ、さらなる大画面化と高画質化を実現した最新モデルです。

外観は旧モデルのNote8とほとんど変わりませんが、ディスプレイは旧型より0.1インチ大きい6.4インチになり、解像度は最大で2960×1440ドットの表示が可能です。

また内蔵バッテリーは旧モデルの2割増量となる4000mAhの大容量となり、QC2.0の急速充電に対応しています。

付属のSペンはBluetooth接続でカメラのリモートシャッターなどリモコンとしても使えるようになりました。内蔵カメラは定評あるGalaxy S9/S9+と同じデュアルカメラで、標準カメラが1200万画素でF1.5/2.4の可変絞りを搭載。望遠も同じく1200万画素でF2.4となっています。


Galaxy Note9
サムスン/Galaxyの歴史と特徴 価格帯の解説

他の有機ELディスプレイ搭載スマホ

Galaxy Note9のほかにも有機ELを搭載したスマホは数多くあります。

一例をあげると、Galaxy S9 SC-02Kをはじめ、AppleのiPhoneXS MaxとXSHUAWEI P20 Pro、OPPO R11s、LG V30+ L-01Kなど主要スマホメーカーのハイエンドモデルの多くが有機ELディスプレイを搭載しており、SIMフリーの人気モデルもあります。

また日本製品では2018年秋発売のXperia XZ3が6インチ2880×1440ドットの有機ELを採用しています。

iPhone XS Maxはシリーズ初の有機ディスプレイ

iPhoneは2017年発売のiPhoneXで、iPhoneとしては初めて有機ELディスプレイを採用しました。最新型では、iPhoneXS MaxとXSが有機ELディスプレイを採用しています。

ディスプレイのサイズはXS Maxが6.5インチで画素数は2688×1242ドット、XSが5.8インチで2436×1125ドットとなっています。エントリーモデルのXRは有機ELではなく、6.1インチ1792×828ドットの液晶ディスプレイになっています。

iPhoneXS MaxとXS
iPhoneを機種変更する前に確認するべき事とバックアップの方法
iPhoneのメリットとデメリットを詳しく解説
スマホ アップル/iPhoneとは 歴史と特徴 価格帯の解説
iphoneとandroidの違い iPhoneの利点と欠点
androidからiphoneへの移行ってどうやるの?やり方解説

HUAWEI P20 Proはカメラの質でも有名

HUAWEI P20 Proはドイツの高級カメラで有名なLeicaブランドのトリプルカメラが話題ですが、ディスプレイも6.1インチ2240×1080ドットのハイクオリティな有機ELパネルを搭載しています。

話題のカメラはメインカメラが4000万画素でF1.7、ズームが800万画素でF2.4という超高級デジカメに匹敵する高画素センサーを搭載し、シーンモードをAIで自動的に選択することでホワイトバランスと露出、手ぶれ補正などを的確に制御しています。

P20 Proは日本ではドコモの専売ですが、海外サイトからSIMフリー端末を入手することも可能です。

HUAWEI P20 Pro
スマホ HUAWEI/ Pシリーズとは 歴史と特徴 価格帯の解説
HUAWEI(ファーウェイ)の歴史と特徴 価格帯を解説
HUAWEIの歴史と特徴 価格帯の解説

有機ELのスマホについてのまとめ

  • 有機ELと液晶は映像を表示する原理が全くちがいます。
  • 有機ELは消費電力が少なく画質が良いので、スマホなどのモバイル機器には理想的です。
  • 有機ELディスプレイは製造が難しいため高価なことと、液晶よりも劣化が早い欠点があります。